2009年 01月 03日
オールドレンズで楽しむデジタルの世界 Part-3 -タムロン マクロ 90mm-
新春に相応しい、爽やかな色の『マンゲツロウバイ』が我が家の庭で咲き始めました。
そこで、古いマクロレンズで新春の『マンゲツロウバイ』を撮ってみましたので、ご紹介いたします。
ついでに、写真の撮り方で『マンゲツロウバイ』の表情が随分と変わりますので、説明も加えて生きたいと思います(^^)。
これが、我が家の『マンゲツロウバイ』です。
f0149209_21443867.jpg

新春の青空をバックに黄色の花弁が映えます。
実はとってもいい香りがするんですよ!
f0149209_21455637.jpg

ここで、今回使った撮影機材をご紹介します。
撮影レンズはマクロレンズという、接写を得意とするレンズで、手動でピント調節をするタイプの古いレンズです。
でも、このような接写ではむしろピント調節は手動の方が都合がいい事が多いんですよ!
f0149209_22174757.jpg

 花弁の質感の描写
『マンゲツロウバイ』の花弁は、やや厚ぼったい光沢のある表面をしています。
この質感を表現するためには、やや露出を抑え気味(やや暗くして)にして、背景の暗い場所で写すと良いと思います。
如何でしょうか?
f0149209_2226428.jpg

 背景の処理(横の構図)
花と背景の関係は、カメラの『絞り』で決まります。
『絞り』と言うのは、レンズを通した光をカメラに導く量を制限する機構です。
人間の目でたとえれば、虹彩と呼ばれる黒目の部分が『絞り』に相当して、虹彩を調節することによって黒目の中心の瞳孔が大きくなったり小さくなったりします。
絞りを開けると、背景をぼかす事が出来ます。
女性のポートレート写真などはこの手法を使いますね!
f0149209_2237208.jpg

反対に、絞りを絞っていくと、背景が描写されるようになっていきます。
f0149209_22373042.jpg

 背景の処理(縦の構図)
横の構図と縦の構図では、同じように背景の処理をしても感じが違ってきます。
まずは、絞りを開けて、背景をぼかした場合です。
f0149209_22385960.jpg

こちらは、絞りを絞って、背景をはっきり写した場合です。
f0149209_22394460.jpg

如何でしたでしょうか?
私の撮影の舞台裏をご紹介いたしました。
人それぞれに好みがありますので、これが正解と言うことはありませんが、一般に言えることは、絞りを開けて撮影すると、ピントの調節が大変難しくなります。
もし、参考になれば幸いです(^^)。

by jazz-photo | 2009-01-03 22:48 | 自然の風景 | Comments(14)
Commented by lemon080911 at 2009-01-04 11:51
こんにちは~♪
ロウバイの花って透き通って綺麗ですよね^^
私はデジカメで頑張っています参考にしますねって。。。
出来るのかなぁ・・・カメラのことは良くわかってない人です><。。。
Commented by マーチ娘。 at 2009-01-04 14:34 x
目の覚めるような空と花!
綺麗ですね♪

今年もjazzさんにとって、健康で素敵な一年でありますように。
今年もよろしくお願いします。
Commented by にこちゃん at 2009-01-04 15:34 x
あけましておめでとうございます。

綺麗な黄色ですね~
かわいいです。
いつもながら カメラの腕はすごいですね~
昨年はまったくカメラ撮らなかったな~
いつも写メばかり・・(^_^;)
私も今年は素敵な写真をとりたいなって思います。
Commented by ACHILLES at 2009-01-04 19:14 x
こんばんわ~

マクロレンズ欲しいと思っているのですが、
僕の撮影スタイルからいくと優先度があまり高くないしとか思うと、
なかなか買う踏ん切りがつきません。
Nikonのように古いMFレンズが使えれば良いのにと改めて思います。
Canonでも出来ないことはありませんが、マウントアダプターが必要ですしね。
Commented at 2009-01-04 20:46 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by at 2009-01-04 23:08 x
マクロレンズでの撮影の仕方とても参考になりました^^
私はマクロレンズは持っていませんが
マクロにあわせて撮る時にも参考になりますね

タテヨコ色々と写してみると同じ被写体でも雰囲気が違って見えますね
まずはカメラの色々な絞りとか露出とかを、きっちり頭に叩きこまないと・・・^^ゞ

↑の凍みこんにゃくってああやって作るのですね
一度冷蔵庫に入れたまま忘れてスカスカになった事はありますが
あんな感じにしあがるのかな~?
戻して食べる時はどんな食感なのでしょう

Commented by 藤九郎 at 2009-01-06 19:22 x
あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

往年の名レンズ・タムロン90mmマクロですね。

絞り開放はピントが微妙だから難しいですけど、うまく撮れればいい写真ができますよね。
Commented by jazz-photo at 2009-01-09 22:47
lemon080911さん、こんばんは。
ええ、香りも姿もいいですね。
はい、コンパクトデジカメでも結構上手く撮れると思います。
今のは凄く進化していますからね!
大丈夫!
富士山の写真、綺麗に撮れてますから!
腕はいいです(^^)v
Commented by jazz-photo at 2009-01-09 22:49
マーチ娘さん、こんばんは。
ええ、PLフィルターで乱反射を抑えてますので、本来の色が出てると思います。

どうもありがとうございます。
マーチ娘さんも、どうかこの一年が健康で良い年になりますように!
こちらこそ、宜しくお願い致します。
Commented by jazz-photo at 2009-01-09 22:51
にこちゃんさん、こんばんは。
あけましておめでとうございます。
今年も宜しくお願い致します。
真冬にこれだけの鮮やかな花は本当に目立ちます。

写メも立派な写真ですよ!
機械には関係ないですから。
いつも素敵なランチやスイーツ撮ってらっしゃいますね。
今年も是非!
Commented by jazz-photo at 2009-01-09 22:53
ACHILLESさん、こんばんは。
確かに、ACHILLESさんのスタイルは長玉ですよね。
でも世界を広げると言うこともあるし、撮影テクニックが身に付きますよ。
やってみると面白いです!
安い中古でいかがですか??
Commented by jazz-photo at 2009-01-09 22:55
2009-01-04 20:46 の鍵コメ様
こんばんは。
開けましておめでとうございます。
昨年中は大変お世話になりました。
今年も宜しくお願い致します。

ちゃんと理解して、コメントくださる方がいらっしゃるんですね。
素晴らしいと思います。
今年も良い年でありますように!
Commented by jazz-photo at 2009-01-09 22:59
風さん、こんばんは。
はい、どんなカメラでも基本は一緒です!
是非、お気に入りの花達の色々な表情を覗いてあげてください。

縦位置、横位置では、主題の置き方が違ってきます。
マクロ撮影ですと、花が写真の中心に来る「日の丸写真」が多くなりますので、変化をつけてみると面白いと思います。

凍こんにゃくは、こんにゃく臭さは無いそうで、まるで油揚げのような食感だそうです。
高級品なんですよ。
Commented by jazz-photo at 2009-01-09 23:01
藤九郎さん、こんばんは。
あけましておめでとうございます。
昨年中はお世話になりました。
こちらこそ、今年もよろしくお願いします。

はい、MFのタムロン90mmマクロです。
APCサイズのデジタルで撮ると長くなってしまって、やや扱いにくいですけどね。
やはり、描写は綺麗です。


<< 幻の食材『凍こんにゃく』を求め...      青い空と白い雲の下を歩く 最終... >>