2009年 02月 02日
『はまぐり屋』さんの地物はまぐりはいかがですか? -茨城県ひたちなか市-
ひたちなか市の「国営ひたち海浜公園」近くに、珍しいはまぐり料理専門店の『はまぐり屋』さんがあります。
道路沿いに看板を掲げるわけでもなく、ひっそりとした民家のような小さな料理屋さんです。
初めての方はまず、見つけられないだろうと思えるぐらい目立たないお店なんです。
でも、こちらは知る人ぞ知る、有名なお店で、地元で獲れた活きの良いはまぐりだけを使ったコースが有名なんです。
ちなみにお店の名前が『はまぐり屋』さんなんです。
店内は民芸風で、とても暗いですが、雰囲気は最高です。
f0149209_21491867.jpg

コースの初めに出されるのがこれ。
活きの良いはまぐりの肝を使った一品です。
決して生臭くはありません。
ほのかな磯の香りがして、この先の料理への期待感が高まります。
f0149209_21502579.jpg

こちらの看板メニューの一つ。
珍しい、はまぐりのお造りです。
酢で〆てあるんですが、はまぐりを生で食べることは殆どないのではないでしょうか?
f0149209_21552282.jpg

はまぐりと言えば「これ!」と言うほどの定番、『焼きはまぐり』です。
熱々で大振りのハマグリは食べ応え十分で、至福の一品です!
写真ではなかなか大きさを表現できないのですが、実物は『でかい!』です(^^;)。
f0149209_21573535.jpg

こちらは彩りも綺麗な、『はまぐりのバター焼き』です。
はまぐりとバターの相性もぴったりで、これも最高です!
f0149209_21593599.jpg

最後のご飯物は、『はまぐり雑炊』『はまぐり釜飯』かを選ぶことが出来ます。
こちらは『はまぐり雑炊』です。
これがまた、たまらなく美味しい(^^;)。
f0149209_221486.jpg

こちらは、『はまぐり釜飯』です。
f0149209_2281967.jpg

『はまぐり釜飯』には、やはり特大のはまぐりの入った『潮汁』が付きます。
これでもかと言った、特大はまぐりに嬉しい悲鳴です(爆)。
f0149209_2294542.jpg

基本的に、二名以上の予約が必要で、お奨めは、二人で行って『はまぐり雑炊』『はまぐり釜飯』を別々にオーダーして、最後は二人でどちらも分け合って頂くのが最高です。
是非、茨城の美味しい地物はまぐりを楽しんでみてはいかがでしょうか?

by jazz-photo | 2009-02-02 22:12 | 食の風景 | Comments(16)
Commented by ae86gt2000 at 2009-02-02 23:08
こんばんわ
ハマグリがホントに大きいし、中々食べられない様な料理方法といいどれも美味しそうです。
貝類が大好きな私としては堪らないですね。
う~ん、雑炊で〆たいです。
Commented by ぴょーこ at 2009-02-02 23:54 x
この写真だけで日本酒飲めます !!(爆)
Commented by M-Y-photoblog at 2009-02-03 09:55
またもや旨そうな写真。
でも今日はご飯食べたばかりだから耐えられそうです!笑
潮汁旨そう。
汁にはめがなくて・・・笑
Commented by たかさん at 2009-02-03 19:07 x
こんばんは、
『はまぐり屋』の場所は知っていますが、来店したことがありません。
1度は行きたいお店ですね。
はまぐりの刺身やはまぐり雑炊を食べてみたいです。
コース料理は少々高めなので、単品で注文できるのでしょうか!?
Commented by at 2009-02-04 15:46 x
こんにちは。

お忙しいようですね^^
はまぐりのお造りって初めて聞きました
新鮮だから出来るのでしょうね
「はまぐり釜飯」とっても美味しそう!!
食べてみたいです^^;
Commented by 銀の小鈴 at 2009-02-04 19:21 x
こんばんは

「はまぐり屋」さん そのままのお店の名前 わかりやすいですね(^-^)
お造りは酢で〆ると色がピンクっぽくなるのですか?
新鮮だからそんなふうにいただくことできるんですね

もし夕食前だったら? とても平常心では見ることできません(笑)

あまりにおいしそうに撮っておられるので驚きました!
Commented by 藤九郎 at 2009-02-06 20:35 x
はまぐりって高くて手が出ないです。
堪能してみたいですね、はまぐり料理。
そういえば、はまぐり自体あまり見かけないです。
Commented by hisako-baaba at 2009-02-06 22:34
はまぐり尽くしですね。美味しそう。
おつくりなんて、獲れたてでないと無理でしょう。焼きはまぐりやっぱり一番魅力的。

↓ セピア色のインク興味あります。セピアって烏賊の事でしょう?
Commented by jazz-photo at 2009-02-06 22:54
フィールダーさん、こんばんは。
はまぐりは青森ではあまり売られていないですよね。
東北北部ではあまり獲れないようですね。
私もこんなに沢山の料理法があることは知りませんでした。
フィールダーさん、茨城に遊びにいらっしゃいませんか???
Commented by jazz-photo at 2009-02-06 22:56
ぴょーこさん、こんばんは。
ぴょーこさんは日本酒がお好きでしたね!
実は、ワインにも良いんです。
このお店は交通の便が悪くて、自家用車で行きますのでお酒を飲んだことないんです(泣)
Commented by jazz-photo at 2009-02-06 22:58
M-Y-photoblogさん、こんばんは。
茨城は美味しいものたくさんありますよ!
是非、いらして下さいね。
潮汁ははまぐりの出汁が効いていて美味しいです。
熱々なので、美味しさも格別です!
Commented by jazz-photo at 2009-02-06 23:05
たかさん、こんばんは。
一人ではなかなか行きにくいんですが、今度ご一緒しませんか?
基本コース料理は3150円からですが、一品料理はないようです。
コースに好みで一品料理を追加していくようですよ。
Commented by jazz-photo at 2009-02-06 23:07
風さん、こんばんは。
ええ、人手不足で大変です(^^;)。
年度末ですので、一年分の纏めやら報告書やらで・・・・・。

なかなか見ない料理ですよね。
茨城では、はまぐり釜飯を出すお店が結構ありますが、ここのお店は間違いなく鹿島灘産の地物です。

Commented by jazz-photo at 2009-02-06 23:11
銀の小鈴さん、こんばんは。
ええ、そのものずばりの名前ですよね(爆)
そうみたいです。
生でもそんなに赤っぽくはないですよね。
はい、入荷しない時にはお店は閉めてしまうようです。

美味しそうに見えたのなら、とっても嬉しいですね。
食べ物を美味しそうに撮るのってなかなか難しいんですよね~。
もっと美味しそうに撮れるように頑張ります!
Commented by jazz-photo at 2009-02-06 23:14
藤九郎さん、こんばんは。
茨城でも地物のはまぐりは高いです。
相場からすれば、これだけ沢山食べられて3150円なので自分で買って料理するより安いと思います。
八食センターで見かけましたけど、中国産でした。
焼いてしまえば味は大差ないと思いますから、七厘村で焼いてみたらいかがでしょうか?
Commented by jazz-photo at 2009-02-06 23:21
hisako-baabaさん、こんばんは。
はい、全てはまぐりの料理です。
コースの途中で、箸休めにトマトが出てきますが、それ以外は全てはまぐりです。
焼きはまぐりは最高です。
出来れば、お腹一杯食べてみたい~!

良くご存知ですね。
セピアはイカ墨で作ったインクです。
色が褪せて茶色っぽくなったような色をセピア色と言ってるようですね。
モンブランのセピアはなかなか素敵な色ですから、是非お試しください。


<< ヘキサノンレンズで撮る接写の世...      雑誌『ラピタ』の万年筆が当たった! >>