2009年 02月 16日
フォト・エッセイ 第一章 「柱のカメラ」
 私がまだ小学生だった頃、私の家族は東京の府中に暮らしていた。
それは、今では全く見られなくなった長屋風のボロアパートで、お世辞にも綺麗とは言い難い代物だった。
 学校から帰ってきて、玄関口で『ただいま~!』って言いながら駆け上がると、勢い余って裏口に抜けてしまうような家だったのである。
もっとも、どちらが玄関でどちらが裏口なのかは今もって判別しがたいものではあった。

 私の父は、陸上自衛官であった。
給料もそんなに高くなかったのかもしれないが、無類のパチンコ好きで、日曜になると、せっせとパチンコ屋に通い詰めた。
それ以外の趣味と言えば、プロレス中継の観戦だった。
プロレス中継の時間になると、電気屋のショーウィンドーに人が群がった時代である。
何を思ったのか、ある日、父は一般市民には縁がないと思われたテレビを買ったのである。
突然に・・・・。
新品のテレビは、長屋には不釣合いのように神々しく、ブラウン管の前には横綱の化粧廻しのような立派なカバーが掛けられていた。
父はこれで、心置きなくプロレス中継を見られる・・・・・、筈であった。
しかし、状況は思わぬ方向に向いていってしまったのである。
プロレスの中継時間が近づくと、近所の人々が座布団を持って狭い我が家に群がり、テレビを買ったはずの肝心の家族は、人々の肩越しにしか見ることが出来なかったのである。

 そんな父が、ある日突然に、草臥れたカバンの中から茶色く四角い箱を取り出した。
『こんなの見たことあるか?』と言いながら、箱を開けると、そこにはまた黒い箱が納まっていた。
父が小さな銀色のボタンを押すと、『カシーン』と言う音を立てて、レンズが飛び出してきたのである。
『これは、マミヤシックスって言うカメラなんだぞ!』
『凄いだろう?』
子供心に、何が凄いのかは判らなかったが、とにかく高価そうなことだけは判ったような気がした。
なにしろ、我が家で『精密機械』と呼べる初めての『ブツ』だったのだから。
父の話を聞くうち、どうもこれは買ってきたものではないらしい、と言うことも判ってきた。
父の弁によれば、職場からの帰りの電車の中で拾ったのだそうだ。
こんな高価なものを落とす方も落とす方だが、国家公務員ともあろうものが警察に届けないで持って帰ってきてしまうことには呆れたものだった。
その頃小学生だったJAZZ少年でさえ、学校では『何か拾ったら、警察に届けましょうね!』って教育されていたのに!
当時の一か月分の給料より、カメラの方が絶対に高かった時代のことである。
もう、その父も亡くなってしまったので、今、ここでばらしても事情聴取を受けることはあるまいが・・・。
f0149209_0243971.jpg

しかし、父がそのカメラで写真を撮っているところを私はついぞ見たことがなかった。
もしかしたら、写真には興味がなかったか、それともフィルムを買ったり、現像や引き伸ばしをしたりする小遣いがなかったのかは、今となっては分からない。
せっかく、我が家にやってきたマミヤシックスではあったが、そのカメラはJAZZ家の家族写真を一枚も写すことなく、息子の成長を記録することもなく、ただ、家に中に下がっていた。
f0149209_0251272.jpg

そう、柱に打ち付けた釘から下がっているだけであった。
もし、カメラをどけたら、そこだけ柱の色が白いのではないかと思わせるような、時の流れの中で静かに下がっていたのである。
それが、JAZZ少年とカメラの出会いであったのである。

by jazz-photo | 2009-02-16 00:45 | フォトエッセイ | Comments(14)
Commented at 2009-02-16 12:20
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tnysatcmo at 2009-02-16 12:50
それぞれの家にそれぞれの歴史あり!
このカメラ、存在自体がもう、美ですね。
Commented by ヒカリ at 2009-02-16 14:45 x
読みながら光景が浮かんできました。
柱のカメラは、家の一部となり、
jazzさんに大きな影響を与えたんでしょうね。

ところで、まだ使えるんでしょうか?
このカメラで撮る写真を見てみたいと思いました。
Commented by 小鈴 at 2009-02-16 15:11 x
フォトエッセイ「第1章」 読ませていただきました。
jazzさんとカメラとの出会いがここから始まったのですね。

コメントを何か書こうと思ったのですが、良いお話を聴いた後のように
余韻を大事にしておきたくなりました。

「第2章」も待っています。

昨日の「みつだんご」3個が串にささって50円、求めやすいお値段ですね(笑)
Commented by jazz-photo at 2009-02-16 21:20
2009-02-16 12:20の鍵コメ様、こんばんは。
そうだったんですか。
何かのご縁を感じますね。
こうしてみると、思い出と言うのは人の財産ですよね。
素敵なお話ですね。
有難うございました。
Commented by jazz-photo at 2009-02-16 21:22
とにゃままさん、こんばんは。
はい、皆さん、それぞれの歴史や想いを大切にしていらっしゃると思います。
こうして、つたない文章にすることで、私の写真に対する思いを知っていただけたらと思っております。
このカメラは、今でも大切にしているんですよ。
Commented by jazz-photo at 2009-02-16 21:25
ヒカリさん、こんばんは。
そう言って頂けると嬉しいですね。
このマミヤシックスは初めて私が見た、本格的なカメラでした。
それまで、カメラと言うのは縁遠いものと思っていましたから。

まだ、使用可能です。
クリアーな写真は望むべくもありませんが、それなりには撮れると思います。
時間に余裕のある時に、撮影してみますね。
Commented by jazz-photo at 2009-02-16 21:28
小鈴さん、こんばんは。
はい、カメラと言う機械を初めて意識した時です。
それに、初めて自分のことを書きました。
文章は稚拙ですが、雰囲気を感じていただけたら嬉しいです。
『第二章』は本日アップいたしました!

みつだんごは安くて美味いです!
近くなら食べていただきたかったですね~!
Commented by ACHILLES at 2009-02-16 22:44 x
そういえば、今は遺品として我が家の防湿庫に入ってる父の一眼レフカメラも
父がずっと単身赴任で家を留守にしがちだったので、
いつも柱にぶら下がっていました。

まぁ、うちの親父のカメラはそんなに高価なものでもなかったとは思いますが。
メーカー自体、今はカメラを作ってませんから、レアではあるかもしれません。
測量とか眼科の関係者しか馴染みがないメーカーかも!?
Commented by jazz-photo at 2009-02-16 23:49
ACHILLESさん、こんばんは。
やはり、柱のカメラがおありだったんですね。
久しぶりに使ってみてはいかがでしょうか?
測量器メーカーと言えば、TOPCONでしょうか。
私はTOPCONの無骨なスタイルが好きでした。
軍需会社という点では日本光学と一緒ですね。
Commented by lemon080911 at 2009-02-17 01:39
私の父もカメラが好きで数台持ってた中から1台貰いました。
小5の時だったかなぁ。。。カメラの名前は知りません。
今は納戸に。。。茶色い皮のケースに入ったレンズが2つ付いて上から折りたたんだ蓋を開けて覗きます。
当時は白黒のフイルムを買って良く撮っていました写真もネガも残っています^^
ネガは5センチ四方くらいで普通のより大きいですね。
私が今も写真が好きなのは今は亡き父の影響があったかもですねw
Commented by ぴょーこ at 2009-02-17 10:37 x
フォト・エッセイ、すごくすごくいいですね。

それにカメラも美しいですね!
機械ってきれいですねー!
本当にトクベツ感があって、大人でもわくわくしますよね。


Commented by jazz-photo at 2009-02-17 22:27
lemon080911さん、こんばんは。
お父様のカメラは二眼レフですね。
プロの中には、今も好んで二眼レフを使う方もいらっしゃいますね。
写真は撮らないまでも、フィルムがあるのでしたら、プリントしてみてはいかがですか?
きっと時間が一気に縮んできますよ。

お父様の血筋でしょうね。
大事にしてくださいね。
何度に入れて置くとカビますよ。
Commented by jazz-photo at 2009-02-17 22:29
ぴょーこさん、こんばんは。
そうですか?
初めての試みだったのですが、たまには本来の意味での『ブログ』にしてみようと思いました。
ちょっと自信かな!
たまには違う路線も良いかなって(^^;)。

ぴょーこさんも、機械物がお好きでしたね。
機能美があって良いですよね。


<< フォト・エッセイ 第二章 「先...      昔ながらの『みつだんご』 -茨... >>