2009年 02月 17日
フォト・エッセイ 第三章 「Nikonと言う特別」
 K先生のカメラで知った『Nikon』のカメラ。
父のマミヤシックスしか知らなかったので、子供心にもNikonってどんなカメラなんだろうと言う興味が大きな期待感を伴って湧いてきたのは確かだった。
 
 駅前にSカメラと言う、当時としては大きなお店があった。
正面から覗くと大きなショーウィンドーの中に沢山のカメラやレンズが並べられていて、 その中でも、カメラの正面に三角形の出っ張りのあるカメラが目に付いた。
そして、それはJAZZ少年が初めて目にした一眼レフカメラだった。
当時、そのお店はSONY製品も扱っていて、ステレオでクラシック音楽も流していたので、私は音楽を聴く振りをしてショーウィンドーの一眼レフカメラに額をくっつけるように見入った。
きっと、店員さんはショーウィンドーに付いた少年の涎を毎日拭かなければならない羽目になっていただろうと思う。
そのショーウィンドーの中の一番高く目立つ場所に、K先生のカメラでも見慣れていた『Nikon』の文字が三角屋根に刻まれたカメラが鎮座していた。
それは、いくつもの神話を生んできた名機『Nikon F』だった。
f0149209_21145786.jpg

『そんなにカメラが好きかい?』
『それなら、特別にこれあげるから!』

ある日、何度も何度もショーウィンドーを覗くJAZZ少年に、店員さんは親切に『Nikon F』のカタログを差し出してくれた。
大人だって、買う見込みのない客には渡さなかったようなとても立派なカタログだった。

 読んでみても知らない言葉や横文字が並んでいて、何のことかは理解できなかったが、カタログに載っているカメラの写真を毎日毎日飽きもせずに眺めていた。
カタログで初めて見た色々な形のレンズ。
いかにもプロの道具と言う感じのするブラックボディー。
どれもこれもが、JAZZ少年のカメラに対する憧れを後押しするような目に見えない力となっていったような気がした。
そのうち、『Nikon F』はどうやらプロカメラマンが使うカメラらしいこと、一般の人には高価で縁のないカメラであることなども朧気ながら分かってきた。
しかし、顕微鏡の世界から星の世界まで撮影できるようなシステムカメラであることなど、カタログの文言はJAZZ少年の心を更に躍らせた。
それと同時に、『Nikon F』はJAZZ少年がどんなに憧れようと、絶対に手にすることの出来ない神の領域のカメラであることも身にしみて感じたのだった。

 しかし、世の中、そんなに高価な一眼レフカメラばかりではなく、何とか一般の人でも買えるような価格帯のものもあった。
中学生になったJAZZ少年は、そんな情報をせっせとかき集めて、父の大好きなテレビの上にわざとカタログを置いて、否が応でも父の目に触れるようにする作戦をとったのだった。
 その作戦が功を奏して、中学2年生になった春に大衆機ではあったが、念願の一眼レフカメラを買って貰ったのである。
『PETRI V6』と言うカメラだった。
1/1000秒がない、シャッターボタンが前に斜めになって突きだしている、等明らかに『Nikon F』に比べれば見劣りする外観や性能だったのだが、それはそれ!
どんなに見劣りしようが、なんたって一眼レフカメラには違いなかった。
JAZZ少年は枕元にカメラを置いて寝たのだった。
f0149209_2145061.jpg

 さて、せっかく買って貰った『PETRI V6』で最初に撮影したものとは・・・・。
実は、これが今自分で考えても分からないくらい変なのである。
「どうして?」、「なんで?」、「Why?」・・・・・・。
今で言えば『うっそ~! 信じらんな~い!』なんて言われそうなくらい、およそ中学2年生のガキが撮るようなものではないのである。

それは、梅が盛りの偕楽園で笑顔でポーズをとっていた『梅娘』だった。




今では立派なメタボオヤジになってしまった、かつてのJAZZ少年は、クロームとブラックのNikon Fをそれぞれ所有しています。
確かに今の時代、憧れのNikon Fを中古で購入することは容易いのですが、自分の手で実際にカメラを触ったり操作していると、やはりカメラとしての歴史の重みや精密機械としての魅力は計り知れないものがあります。
購入しないまでも、中古カメラを扱っているお店に行かれましたら、是非ともNikon Fを手にとって見てください。
きっとその魅力の一端は感じていただけると思います。


by jazz-photo | 2009-02-17 21:55 | フォトエッセイ | Comments(7)
Commented by lemon080911 at 2009-02-18 00:30
jazz少年は『梅娘』だったのね^^
一眼レフカメラは私には難しい><。。。カメラの事は良くわからないです><
持っているのはオートで撮れる簡単なデジカメですからねw 
私が初めて撮影したのは『鎌倉の大仏様』でした。
父から貰ったカメラはもう何十年も納戸です怖くて見れません><。。。(カビだらけかもね)
Commented by at 2009-02-18 09:42 x
レトロな雰囲気ともいえるようなカメラ・・・
こうして並べて写されると尚更このカメラの色気?が伝わってきますね^^
Jazz少年にとってカメラは憧れの存在だったのですね
そして今では何台・・・??^^
ご自分で買える様になって何台お持ちなんでしょう・・・

機会に疎い私ですが、主人とお付き合いを始めた頃に
「ミノルタ??」と言う最新型のカメラだったようですが、私が持っていて転んだときに
上のほうの出っ張った所を傷つけて、へこましてしまいました
使える事は出来たのですが、後で結婚してから、凄く高かったといわれたことがあります^^;

初めて手に入れた御自分のカメラで写されたものが「梅娘」。。。
多分その時にはJazz少年にとっては新鮮で素敵に見えたのでしょうね^^

子供の頃の先生の影響は凄いと思います
私も小学のときの先生や中学の時の先生とは今もお付き合いがあります
中学の時の先生は残念ながら去年他界されましたが(93歳)その前の年に
お尋ねして逢って来ましたのでとても良かったと思っています
先生もとても喜んでくださいましたし・・・^^
Commented by 小鈴 at 2009-02-18 19:41 x
ショウウィンドウに額をくっつけている少年の様子が目に浮かぶようです。(笑)

目につくところにカタログを置いておく作戦お見事でした!!

「梅娘」…どんな写真なんでしょう~
Commented by jazz-photo at 2009-02-18 21:55
lemon080911さん、こんばんは。
はい、綺麗なお姉さんが好きでした(^^;)。
今ではコンデジもデジタル一眼も操作性は変わりません。
むしろコンデジの方が機能が多くて使いこなせませんね。
私はコンデジは難しくて駄目です(爆)

鎌倉の大仏様ですか?
梅娘よりは良いかも!
カビだらけになっていたら、きちんと拭いてあげましょうね。
Commented by jazz-photo at 2009-02-18 22:01
風さん、こんばんは。
ええ、ただただ眺めるだけでしたけど、今は30台以上のカメラを持っています(汗)。

当時のミノルタは高級品メーカーでした。
ミノルタのカメラはカメラの形が優美で、優しい線で構成されていました。
レンズも緑に輝くコーティングがされていて、綺麗だったんです。
ご主人様もお好きだったんですね。

とにかく綺麗なお姉さんが好きでした。
和服も綺麗だったので、ちょっと憧れを持って見ていたんでしょうね。

やはり風さんも、先生からの影響を受けたんですね。
確かに今だって、私は家内の影響を受けますし、またその逆もあるでしょうし。
そうやって、人から人生の潤いを教えていただいているんだと思いますね。
Commented by jazz-photo at 2009-02-18 22:04
小鈴さん、こんばんんは。
自分自身でも良く覚えています。
ランドセルを背負ったまま、家にも帰らず、カメラ屋に直行の毎日でしたから。
そして次は詰襟を着たまま直行でした。

父は根負けしたんでしょうね。
しかし、父がパチンコに費やしたお金を合わせれば、Nikon Fだってらくらく買える位でしたから、仕方ないと思ったのでしょう。
Commented by 藤九郎 at 2009-02-22 18:43 x
こんばんは~。

ニコンというとやっぱり特別なイメージがありますね。
だいぶ前、程度の悪いニコンFを8万円で手に入れたものの手放した記憶がありました。
いくら古くてもフラッグシップ機。
やはり手に入れることはなさそうです(教えていただいた店でも手頃な実用機というのはありませんでした・・・)。
それにしても、少年時代から濃いカメラ体験をされてたんですね^^;


<< フォト・エッセイ 第四章 「生...      フォト・エッセイ 第二章 「先... >>