2009年 02月 18日
フォト・エッセイ 第四章 「生あるもの」
 中学生になってからは、数学のT先生の影響もあって生物部に入った。
T先生は県内でも有数な蝶のコレクターであり、結核で片肺がないにもかかわらず、日本中を採集して回るような強者だった。
 県内でも先生だけしか採集記録のないような珍しい蝶も集めていて、JAZZ少年はそのバイタリティに興味を引かれたことと、理科室にはT先生の採集した蝶の標本が飾ってあって、その美しさに目を奪われてしまったのがきっかけだったと思う。
 以来、私も蝶の図鑑を読み耽って、未だ見ぬ珍しい蝶の飛ぶ姿を想像して、捕虫網を持って野山を駆け回るちょっと『健全』な昆虫少年になっていた。
中学二年生の時には、ミヤマカラスアゲハの蝶道(ミヤマカラスアゲハは縄張りを作って、巡回する性質を持っている。)のコースや蝶道の周りの植物相を調べあげて、夏休みの研究に対する賞を受賞したこともあったのである。
 私は夏休みに県北部の山中で、大好きなクジャクチョウを採集して標本を作った。
しかし、どうもしっくり来ないのである・・・・・。
飛んでいる時はあんなに美しかった羽の色も、標本にしてしまうと色褪せてしまってどう見ても美しくないのである。

 そんな夏休みのある日、社会科のS先生のご自宅に誘われて遊びに行ったことがあった。
S先生もカメラ好きで、学校では学校新聞の顧問をしておられ、肩からカメラを提げた姿を私もよく見ていたので、カメラの話が出来ると思うとちょっと嬉しかった。
お煎餅を食べながらカメラの話をするうち、例の標本の色に関しての話題になった。
私が美しくないと言う話をした時、S先生は、
『おまえはカメラが好きなんだから、標本にしないで写真にしたらどうなんだ?』
『それなら、蝶を殺すことだってしなくて良い筈だろ?』

確かにそうだった。
JAZZ少年にとって、S先生の『殺す』と言う言葉がとてつもない重みを持って響いてきたのである。
確かに、標本にするということは『生あるもの』の命を奪うことに他ならないことに、強い衝撃を感じた。
今でこそ、釣りを楽しんだりしてそれなりの『殺生』をするのだが、当時はもっと純粋なJAZZ少年だった。
実は、写真で蝶を撮るなんて考えもしなかったし、出来るとも思わなかった。
一眼レフカメラで『梅娘』を撮るようなませた少年ではあったが、採集という行為が『生あるもの』の命を奪うことになるとの考えまでは到底及ばなかった!

 JAZZ少年はその日を境に、捕虫網をカメラに持ち替えた。
しかし!
現実はそんなに甘くはなかった。
全く写真にならないのである。
目では楽々追いかけられても、カメラのファインダーから覗くと、あの間延びしたようなモンシロチョウの羽ばたきでさえ、とてつもなく速く見えて、ピントを合わせる余裕すらなかった。
花に止まった蝶を狙おうとしても、標準レンズでは小さくしか写らないし、かと言って近づくと飛び立ってしまうしで、写真を撮ると言うことがどんなに難しいかを身をもって知る結果となったのである。
f0149209_21412827.jpg

『梅娘』は飛び立たなかったので、写真の難しさや奥深さに気がつかなかったのである・・・・・(汗)。
 それからは、勿体ないのでフィルムを入れないで、キアゲハやモンシロチョウ等の身近な蝶でピントを合わせたり、シャッターチャンスの取り方などのカメラワークの練習に明け暮れ、生物部の中でも『ちょっとあぶない系』の存在になっていった。
 でも、その甲斐あってか、写真の腕は格段に進歩した。
f0149209_2132797.jpg

『梅娘』も以前よりずっと綺麗に写せるようになっていたのである。

ここに使用した写真は、現在のJAZZオヤジが撮影したもので、当時の写真ではありません。
あしからずm(_ _)m。
当時のネガは、父が自宅を改装する際に全て燃してしまいましたので残っておりません。


by jazz-photo | 2009-02-18 21:46 | フォトエッセイ | Comments(6)
Commented by at 2009-02-18 23:29 x
こんばんは。

Jazzさんが蝶もお撮りになられるなんて知りませんでした^^
私も昨年辺りから蝶も写しているんですよ・・・
飛び回る物は難しいです^^;
去年は、八ヶ岳に行った時に初めて「アサギマダラ」写してきました

庭には良く「セセリ」や「ツマグロヒョウモン」「アゲハ」「モンシロチョウ」などが飛んできますが
見つけるとカメラを持って追いかけています^^;
今でもフイルムで撮影なさるのですか・・・?
私はデジタルでも操作が四苦八苦です^^;


写真の花もセセリ?もとても良く撮れていますね
さすがJazzさんですね!
確かにS田先生の仰るように写真を撮るだけなら殺生はしなくて済みますものね
なるほど・・・と納得です
Commented by 小鈴 at 2009-02-20 14:10 x
いろいろな場面でいろいろな出会いがあり、蝶に魅せられたのですね。
羽を休めている蝶たち、JAZZさんの温かな眼差しが感じられるようです。

えっ!
次回が最終章ですか?!
それは残念ですね~
Commented by lemon080911 at 2009-02-21 11:31
jazz少年の『ちょっとあぶない系』の存在があったからこそ現在の素晴らしい
写真が撮れるのですね^^
S田先生の「標本にしないで写真にしたら・・・」ありがたいお言葉でしたね。
今回の蝶の写真も素晴らしいですね^^
当時のネガがあったら楽しかったかもねw

私がこのブログを始めてjazzさんのブログで『深浦の大銀杏』の写真を見て
すぐにファンになりました^^
なんて素晴らしい こんな素敵な写真が撮れたら良いなぁ~って思いました^^

私が夢中になってること。。。去年のお正月に山中湖で『ダイヤモンド富士』を
見たときです一瞬の輝きがデジカメでも撮れると聞いたので時間があるときに
主人にお願いして山中湖に連れて来てもらっていますw
最近はランチを済ませてから高速を使わずに3時間かけて。。。
満足する写真がいつ撮れるのかなぁ~頑張ってますw
Commented by jazz-photo at 2009-02-21 16:45
風さん、こんにちは。
蝶は好きなんですよ(^^;)。
ある博物館には私が寄贈した標本が展示されていたり、病院の待合室に展示されていたりします。

「アサギマダラ」ですか。
最近は温暖化でかなり北でも見かけますね。
アサギマダラは天城が良いですね。
高原に寝転んで空を見ていると空に沢山のアサギマダラが舞って、実に美しいです。
透けて見える部分には鱗粉がないんですよね。

はい、今でもフィルムは使います。
写真技術の基本はやはりフィルムなので、デジタルの安易さに慣れてしまわないように使っています。
写真のウスバシロチョウは私の好きな蝶で、見かけはシロチョウのようですが、アゲハチョウの仲間です。
襟のオレンジが粋で可愛いですね。
スジグロチャバネセセリが蜜を吸っているのは、サクラソウ科のオカトラノオです。

先生の言葉は今でも私の中の教訓として大切にしています。
Commented by jazz-photo at 2009-02-21 16:49
小鈴さん、こんにちは。
はい、全て人との関わりや出会いからですね。
蝶は人間に危害は加えないので、私達人間も蝶に危害を加えてはいけないんですね。
見守ってあげることが何より大切だと思いますよね。

はい、次回が一応の最終章です。
そのうち、また気が付いたことをエッセイにしていこうと思っています。
お読み下さって、本当に有難うございました。
Commented by jazz-photo at 2009-02-21 16:58
lemon080911さん、こんにちは。
マセガキが大人になって、こんなになりました(爆)。
確かにS田先生の影響は大きいです。
もし、先生に出会わなかったら、途中で写真は放り出していたかもしれません。
ネガは惜しいことをしました。
父は何でも捨ててしまうんですよね。
残念です。
自分で持っていればよかったと後悔しています。

「ダイアモンド富士」ですか!
色々な方のお写真を拝見しますが、美しいですね。
良い写真を撮るコツがあるとすれば、それは「良い写真を撮りたいと思う心」だと思います。
いつか夢は叶うと思いますが、じつはそれまでの過程が面白いんですよね。
琴線に触れるような写真が撮れるといいですね!
応援しています。
頑張ってくださいね!


<< フォト・エッセイ 第五章 「魔...      フォト・エッセイ 第三章 「N... >>