2009年 03月 09日
絶品の『かりんとう』はいかが? -群馬県前橋市-
群馬県の友人から、思いがけず『かりんとう』を頂きました(^^)。
包み紙を見ると、群馬県前橋市の堀製菓と言う老舗のお菓子屋さんで製造している『はぎのかりんとう』と言うことが判りました。
丁寧に包装され、袋の口には密閉性を考慮してチャックが付けられています。
素晴らしい配慮に感心してしまいました!
f0149209_22472393.jpg

この『はぎのかりんとう』は見た目からして、私達がよく目にしている『かりんとう』とはかなり違います。
不揃いなんですが、これがまた『味』な形をしています。
f0149209_2248404.jpg

とにかく、食べてみてびっくり!
これがまた美味しいんです(^^)v。
黒砂糖の香りと深みが口いっぱいに広がって、甘すぎる事もなく、素晴らしいハーモニーが楽しめます。
正直なところ、『かりんとう』の概念がひっくり返りました。
中はサクサクで食感も最高です。
(この写真の指は我が家の次女です(^^;)。)
f0149209_22534852.jpg

撮影が一通り終わったら、コーヒーブレイクです。
コーヒーとの相性もバッチリでした。
地元の方々でもなかなか買えないそうですが、貴重なものを送っていただいた友人の御厚意に感謝です。
本当に有難うございましたm(_ _)m。
f0149209_22574274.jpg


by jazz-photo | 2009-03-09 23:02 | 食の風景 | Comments(9)
Commented by キョン at 2009-03-10 03:28 x
ご無沙汰です!元気ですか?
またぉ邪魔しますね☆
ヤッパリ綺麗な写真ですね!
Commented by jazz-photo at 2009-03-10 08:20
キョンさん、お久しぶりです。
ブログ再開されたんですね!
ずっと心配していたのですが、これで安心しました。
ブログを拝見すると、その間に色々の事があったことが判りました。
悲しいこと、そして新たな始まりの事・・・・・。
私のほうも、リンクを復活させていただきました。
今後とも宜しくお願い致します!
Commented by lemon080911 at 2009-03-11 16:55
わぁ~ 美味しそうな 「かりんとう」 ですね^^
なかなか手に入らない貴重な。。。羨ましいです。
お嬢さんの手 (*^ー^)ノおはつ~よろしくネ~☆。・゜

我が家でも かりんとうは皆大好きですよw
Commented by tnysatcmo at 2009-03-12 12:36
貴重なかりんとう、不揃いなのも味がありますね。
食べる量も調整できていいかも^^/。
ロゴもダイナミック。
その土地の老舗の逸品、長く愛されて慈しまれてほしいですね^^。
コーヒーカップもほど良い大きさでおいしいコーヒーが飲めそう。
Commented by reev21 at 2009-03-12 20:00 x
こんばんわ☆

ウムウム、かりんとうは地味だけど、お店の味がじゅわぁ~と出てますよね。
黒糖の色が良いですよ。
で、コーヒーカップも気になりますが。。。
Commented by jazz-photo at 2009-03-12 21:39
lemon080911さん、こんばんは。
ええ、本当に美味しいかりんとうでした。
このような貴重なものを送ってくださる友達がいると言うのが嬉しいですよね。
娘も宜しくと申しておりました!

かりんとうは男性でも食べられて良いです!
Commented by jazz-photo at 2009-03-12 21:41
とにゃままさん、こんばんは。
手作りの感じが出ていて良いですよね。
実は、食べ過ぎてしまうんです(爆)
その土地その土地で、長く愛されている伝統の味がありますよね。
そう言うのを発見できると、その土地への新たな興味が湧きますね。
このマグはお気に入りなんですよ。
Commented by jazz-photo at 2009-03-12 21:50
reev21さん、こんばんは。
確かに地味なんですよね。
しかし、癖になる美味しさでした(^^;)。
色も香りも最高です。

このマグは瀬戸に住む女性陶芸家の安藤喜代子さんの作品です。
http://www.d1.dion.ne.jp/~okny/page010.html
で紹介されています。
左の項目の「きよこ」からお入り下さい。
このカップ、とっても素敵で、私の大のお気に入りです!
Commented by 小鈴 at 2009-03-13 11:33 x
こんにちは
形も太さも長さも不揃いなんですね。
それが美味しさに繋がるんでしょうか?
口に入ったときの「カリッ」が、それぞれ違うんでしょうか?
…などと妄想を膨らませています。(笑)

お嬢さまの指はスラリと長いですね。

「夜梅祭り」
雰囲気が良いですね!
なんだかわたしもその場にいるような気がしましたよ。

「月待ちの滝」
ロマンティックな呼び名ですね。
滝の流れが美しくて見とれてしまいました。


<< 『葡萄の里』 -栃木県岩舟町-      偕楽園の『夜梅祭』 -茨城県水戸市- >>