2009年 12月 30日
花貫渓谷の『めがね橋』 -茨城県高萩市-
今回は、高萩市の花貫渓谷にある、『めがね橋』をご紹介します。
以前、「旧町屋発電所の水路橋」で、茨城の電気の礎をご紹介致しましたが、今回も電気にまつわるお話です。

私の住む水戸市に初めて電燈が灯ったのは明治40(1907)年のことだったそうです。
それから、日本は近代化への道を進み始め、第一次世界大戦(1914-1917)による軍需景気も手伝って、日本の工業力は急速に発展して、電力需要もそれに伴って一気に増加しました。
茨城県北部には、当時銅山で有名だった日立鉱山(日本鉱業)やその子会社の日立製作所を中心とする工業地帯があって、電気の需要は益々高まったそうです。

そんな中、高萩市の山間部から流れる花貫川に、花貫川第一発電が建設される事になり、大正4(1915)年に着工されました。
発電所までは上流の取水口から、山を貫いたり、谷を橋で渡って幅2mの導水路が建設され、大正7(1918)年に完成しています。
この導水路の水路橋が現在でも現役で使われています。
正式には、3号水路橋と言うのだそうですが、橋のアーチの形から、通称『めがね橋』 と呼ばれています。
f0149209_2025487.jpg




この花貫渓谷は、新緑の緑、爽やかな渓流そして鮮やかな紅葉で、一年中、市民の憩いの場として親しまれている場所です。
f0149209_20295746.jpg

この『めがね橋』は国道461号線の花貫ダムに掛かる赤い橋近くで山側に見えます。
水路橋の上までは登ることが出来ますので、上がってみる事にしました。
確かに水が流れていて、現役で使われていることが分かります。
本当に凄い事ですね。
f0149209_20342022.jpg

眺めていると、当時の建設の苦労と歴史の重みを感じます。
素晴らしい文化財ではないでしょうか。
f0149209_20363271.jpg

近くには美しい花貫渓谷がありますので、散策を楽しみながら、歴史に思いを馳せてみるのも楽しいのではないでしょうか?
f0149209_20385528.jpg


by jazz-photo | 2009-12-30 20:41 | 歴史の風景 | Comments(2)
Commented by lemon080911 at 2009-12-31 01:52
jazzさん こんばんは~ 今年も今日一日となりましたね^^
私は今。。。昆布巻きを煮ながらコメント書いてま~すw
花貫渓谷は素敵なところですよね♪ 
今年は声をかけてくれたので晩秋のヒマワリも沢山咲いているときに見ることが出来たので嬉しかったです。

今年も色々と有難う御座いました。 来年も宜しくお願い致します。
良いお年をお迎え下さいネ♪
Commented by jazz-photo at 2010-01-01 23:05
lemonさん、こんばんは。
昆布巻きの出来はいかがでしたか?
お正月らしくて美味しいですよね。

花貫はお奨めですよ。
晩秋のヒマワリもご覧になれて良かったですね。
次回は花貫を散策してください。

こちらこそ、宜しくお願い致します。


<< 上野公園の朝 -東京都台東区-      栗山呉服店 -茨城県石岡市- >>