2010年 01月 29日
合格列車 -茨城県ひたちなか市-
以前に、私のブログで、『ローカル鉄道のある町』でご紹介いたしました、『ひたちなか海浜鉄道』では、2月下旬までの期間、入学試験の季節に合わせて「合」「格」のヘッドマークを付けた列車を運行しています。

しかし、その話題だけではなく、『ひたちなか海浜鉄道』の列車はとってもレトロで素敵です。
「合」のヘッドマークが分かりますか?
この先頭の気動車は、1962年(昭和37年)製で、以前は北海道の羽幌炭鉱鉄道で使われていたキハ222です。
f0149209_23143335.jpg




先ほどのキハ222に連結されている、キハ2005です。
ヘッドマークは「かつた」と書かれていますが、これは終点の勝田を「勝った!」としているのでしょうか?
こちらは昭和41年製で、以前は同じ北海道の留萌鉄道で使われていた列車です。
f0149209_10545062.jpg

この二両が連結されて走っている様子は、本当に懐かしくて良いですね~!
f0149209_1102142.jpg

運転席には、雪国で走る車両に良く見られる旋回窓が残っていますね。
さすが北海道出身です!
f0149209_1134219.jpg

さて、確かに、「合」のヘッドマークはご紹介いたしました。
では、「格」のヘッドマークはと言うと・・・・・。
実はちょっと小さいのですが、これです(汗)。
どうも失礼致しましたm(_ _)m。
f0149209_13285639.jpg

今日ご紹介した『ひたちなか海浜鉄道』は、映画やPV等多くのフィルムに登場しています。
有名なところでは、『フラガール』でしょうか。
フラの先生「まどか」が湯本駅から東京に戻ろうとして、気動車に乗り込んだところをフラガール達が引き止める場面です。
このシーンは那珂湊駅と本物の気動車が使われました。
YouTubeでも『ひたちなか海浜鉄道』が登場するPVを見つけましたので、最後にご紹介いたします。
と言うのも、1枚目でご紹介した画像を撮影した場所が、偶然にもこのPVで再生時間24秒(0:24)で登場する踏み切りです。
なんと言う偶然でしょうか!



by jazz-photo | 2010-01-29 11:07 | 日常と生活の風景 | Comments(6)
Commented by ポン太 at 2010-02-03 05:51 x
なんか昔からあるにしてはすっきりした気動車ですね?
こちらのはもっとこう・・・何ていうか・・・付属品が多いっていうか。
jazzさんなら解りますよね?
いや、jazzさんがこちらに住む以前の話だったか(汗)
Commented by 藤九郎 at 2010-02-04 13:00 x
うお~、格好いい~!!

レトロですね~。

この列車が雪煙上げて走ってる姿を見てみたいです。
勝、合格、今の季節にふさわしい縁起物ですね^^
Commented by jazz-photo at 2010-02-07 17:41
ポン太さん、こんにちは。
ええ、概観はすっきりして、軽快な感じがします。
確かに北国を走る気動車はもっと重装備ですよね。
私も昔のタイプの気動車は知っていますよ(^^;)。
Commented by jazz-photo at 2010-02-07 17:44
藤九郎さん、こんにちは。
色も形も良いですよね。
本当にレトロな感じがしますが、これは土日を除く毎日、通勤通学の足として運行されています。
お歳なので、雪国は無理でしょうけど、受験生や就職試験に臨む方は良い縁起かつぎになりますね。
Commented by reev21 at 2010-02-09 00:02 x
こんばんわ~。

なかなか粋なことをするものですね。
さり気なく、そして「先頭」に、と言うのが素晴らしいです。
がんばるキハ222が付けることで、パワーが増す感じですね。
Commented by jazz-photo at 2010-02-12 21:19
reev21さん、こんばんは。
そうなんですよね。
この路線は元々通学の足として存続されていますからね。
愛が感じられます。

私のような年配の列車ですが、まだまだ現役と言うことで、本当に勇気付けられます。


<< パン工房 ぶれっど -茨城県石岡市-      『とことん青森2010』 -東... >>