2010年 02月 12日
東金砂神社『嵐除祭』 前編 -茨城県常陸太田市-
東金砂神社は茨城県の北部、旧水府村にある東金砂山(標高約500m)の山頂に位置する神社です。
盛大に行われる大祭礼は何と72年に一度しか開催されません。
前回は平成15年でしたから、次回は2075年???、到底私は生きていませんね(汗)。
この大祭礼は、72年毎の3月に東金砂神社から日立市水木浜間を約1週間かけて約75kmを往復すると言う壮大なスケールの歴史絵巻となります(なお、西側に位置する西金砂神社も一緒に大祭礼が行われます)。
この間、途中で演じられるのが有名な『田楽舞』です。
と言うことは、この『田楽舞』を見られるのは正確には72年に一度の大祭礼の日と言うことになるのですが、実は年に一度2月11日の『嵐除祭(らんじょさい)』の日に東金砂神社境内の田楽堂で奉納されますので、見ることが出来ます。

今回その『嵐除祭』を見てきましたので、二回に分けてご紹介していこうと思います。

こちらが、東金砂神社境内の田楽堂です。
f0149209_21474125.jpg





実はこの日はもの凄い寒さで、息も凍るかと思うほどの冷気に包まれました。
出番前の神猿役の子供達も、火のそばが恋しいようですね。
f0149209_2152536.jpg

囃し方から篠笛を借りて吹いてみましたが、なかなか良い音は出せないようでした。
リラックスした表情が良いですね。
f0149209_21532738.jpg

やはり地元の皆さんと田楽の方々は同じ地区の顔見知りですから、話も弾みますよね。
f0149209_215509.jpg

こちらは獅子舞で使われるお面です。
意外に軽かったですよ。
f0149209_2155562.jpg

そして、こちらの方が獅子の頭を演じます。
良い表情してます。
f0149209_21581269.jpg

神事が始まりました。
氏子の皆さんや代表の方が玉串を奉納して、田楽が始まります。
f0149209_2159974.jpg

神前では、神猿達が護摩餅を焼きます。
よく見えなかったのですが、十二月が書かれているようでした。
f0149209_2251537.jpg

焼けた護摩餅は神猿達が参拝者に配ります。
参拝者は神猿にお金を渡して受け取っていました。
お賽銭なのでしょうか?
f0149209_2273367.jpg

地元のおばあちゃんも沢山買ってました。
健康で長生きしてくださいね!
f0149209_2283085.jpg

次回は、田楽舞をご紹介いたします。

by jazz-photo | 2010-02-12 22:11 | 祭り・イベントの風景 | Comments(4)
Commented by かかさん at 2010-02-13 19:53 x
こんばんは、
東金砂神社「嵐除祭」は、ひたちなか市の産業祭で観たことがあります。
しかし、本物は観たことがありませんが、厳粛でのんびりとした何とも不思議な舞ですよね。
私も見たかったですね。
Commented by lemon080911 at 2010-02-13 20:06
神猿役の子供達が可愛いですね♪
とっても寒い日だったのですね。。。風邪引いてないかなぁ~
Commented by jazz-photo at 2010-02-15 21:55
たかさん、こんばんは。
そうでしたか、産業祭でも舞を披露したんですね。
静かな中にも荘厳な雰囲気があって、確かに引き込まれてしまいますね。
是非、神社でご覧になってみて下さいね。
Commented by jazz-photo at 2010-02-15 22:00
lemonさん、こんばんは。
ええ、可愛いですよ!
4匹の神猿たちです。
子供たちが一番元気でしたよ。
私は指が寒さで動かなくなって、カメラの操作が大変でした。


<< 東金砂神社『嵐除祭』 後編 -...      旧美和村高部地区の街並み -茨... >>