2010年 02月 22日
『駒村清明堂』さんのお線香 -茨城県石岡市-
今回は、昔ながらの製法で杉の葉を原料としてお線香を手作りされている、『駒村清明堂』さんをご紹介いたします。
お線香は原料によって「匂い線香」と「杉線香」の2種類に区別されています。
「匂い線香」は、タブノキの木の皮に、香木や香料を調合して作るお線香で、一般家庭用として使われていますが、「杉線香」は杉の葉を原料にしたお線香で、杉独特の香りがそのまま活かされているもので、お墓参りなど主に屋外で使用されるようです。
『駒村清明堂』さんでは、一貫して地元、茨城の杉の葉だけを原料にお線香を作っています。

杉の枝から、手作業で葉だけを集めていきます。
f0149209_17384334.jpg




杉枝の山から、杉の葉だけを集めるのは、本当に根気の要る作業です。
f0149209_174905.jpg

こちらは、葉を分けた後の杉の枝です。
見ているだけでも大変な作業でした。
f0149209_1748116.jpg

しかし、『駒村清明堂』さんの特徴はこれだけではありません!
筑波山の麓に位置しているため、清らかな清流で水車を回して、その水車で杉の葉を細かくしています。
これは本当に凄いです!
こちらは小川から水車に水を引く樋です。
良い感じですよね。
f0149209_17514663.jpg

そして、これが水車です。
近くに寄ってみると結構大きいですね。
f0149209_17531978.jpg

しかも結構な勢いで回っています。
f0149209_17535418.jpg

水車小屋の中です。
水車の動力はこの歯車で垂直の動きに変換されて、杉の葉を砕いていきます。
これは一見の価値がありますね!
f0149209_1755628.jpg

こちらが、『駒村清明堂』さんの水車で作った「杉線香」です。
素朴な香りがしますよ。
f0149209_17563495.jpg

このみかんは、筑波特産の「福来みかん(ふくれみかん)」です。
本当に小さな可愛いみかんですが、果肉は酸っぱいです!
筑波山麓の民家の庭先には沢山植えられています。
f0149209_1815997.jpg

『駒村清明堂』さんの周辺には果樹園が沢山ありますし、「茨城県 フラワーパーク」へも近いですので、散策を兼ねて訪れてみるのも良いのではないでしょうか。

by jazz-photo | 2010-02-22 18:04 | 技の風景 | Comments(16)
Commented by たかさん at 2010-02-22 19:27 x
こんばんは、
「駒村清明堂」さんを訪れたようですね。
私も以前に訪れたことがありますが、杉の葉で作った線香は珍しいですよね。
一度香りをかいで見たいです。
Commented by jazz-photo at 2010-02-22 22:01
たかさん、こんばんは。
はい。
実は昨年秋に訪れたのですが、紹介が遅れてしまいました。
たかさんも記事になさってましたね!
今は杉線香はあまりないようですね。
香りは家で使うにはややきつい気もしますが、それも自然の味わいなんでしょうね。
Commented by lemon080911 at 2010-02-22 23:11
こんばんは
杉の葉のお線香なんて知りませんでした。
こんな風に作るのも知りませんでした。
大変なお仕事なんですね。

21日(日)にね 青森から横須賀の久里浜港に『ナッチャンWorld」』がやって来たのよ。
スピード体感は。。。乗船が6000円だったので諦めましたw
ブログに載せたら教えますね^^
Commented by ぴょーこ at 2010-02-23 09:07 x
おはようございまーす♪

樋がいいですね!
どっしりした信念や風格を感じる業者さんですね。
杉のお線香は私も初めて知りました!!
Commented by hinachan at 2010-02-23 17:48 x
はじめまして
タンさんのブログからきました
八戸のひな です

写真 鮮やか!
杉の葉から線香を・・・ 勉強になりますね
石岡の 写真展 期待がふくらみますね 
うーん 行けるかしら?

 
Commented by tengtian60 at 2010-02-24 23:27
こんばんは!^^

hinachan さん、ようこそです!(笑)
これを機にご交流を!^^

水車って粉挽きだけに使われるのではないのですね。
実際に見ないとよく分かりませんけど、杉の葉を手作業で
歯車に噛ませるんですか?
焚かなくても香りがしていそうです。^^
Commented by lemon080911 at 2010-02-25 00:36
こんばんは~
青森から久里浜港にやってきた高速フェリー『ナッチャンWorld」』を載せました^^
Commented by ACHILLES at 2010-02-26 00:05 x
大変な作業を経て作られている
手作りのお線香なんですね。

どんな香りなのでしょうか??
気になります!
Commented by jazz-photo at 2010-03-01 18:36
lemonさん、こんばんは。
あらら、ご存知ありませんでしたか?
一番素朴なお線香ですね。
相手がチクチクする杉の葉ですから、作業も大変です。

はい、拝見しました!
Commented by jazz-photo at 2010-03-01 18:38
ぴょーこさん、こんばんは。
そうですよね。
水車小屋も良いんですよ!
今では杉線香はあまり見かけないですね。
素朴ですよ。
Commented by jazz-photo at 2010-03-01 18:40
hinachanさん、はじめまして。
ようこそお出で下さいました。
道かよろしくお願いいたします。

ありがとうございます。
あまり気合の入った写真ではないのですが、ご覧頂ければ嬉しいです。

確かに杉線香はあまり知られれてないですよね。
もし、石岡お会いできたら嬉しいですね。
よろしくお願いいたします。
Commented by jazz-photo at 2010-03-01 18:47
タンさん、こんばんは。
hinachan さんをご紹介下さってありがとうございます。
また繋がりましたね!

水車は感覚的に蕎麦粉なんかのイメージですよね。
中の作業までは見ていませんので、今度確認しますね。
今度、石岡に来られたらいかがですか?
Commented by jazz-photo at 2010-03-01 18:48
lemonさん、ありがとうございました。
拝見しました。
懐かしいですね。
Commented by jazz-photo at 2010-03-01 18:49
ACHILLESさん、こんばんは。
そうなんです。
お線香になるまでは大変ですよね。

香りは素朴そのもの。
香料は入っていないようで、焚き火の香りのようです。
Commented by ibaraki-sanpo at 2010-04-26 23:07
JAZZさん、こんばんは。
以前、石岡の写真展でお話しさせて頂き、Kazeという名前でコメントした者です。
この度ibaraki-sanpoというハンドルネームでexciteblogをはじめました。
古い記事にコメントしてすみません。

JAZZさんのブログで見てから、ずっと行きたいと思っていた駒村清明堂さんに行ってきました。

茨城ってまだま良いものが残っているんですね。
そんなものを見つけながらお散歩していきたいと思ってます。

あ・・・あと、写真の腕も上げたいです^-^;
Commented by jazz-photo at 2010-05-01 18:04
ibaraki-sanpoさん、こんにちは。
ブログ開設、おめでとうございます。
その節は本当に有難うございました。
コメントを頂いた上に、記事でご紹介致しました駒村清明堂さんに行って下さり、有難うございました。
なかなか素敵なロケーションですよね。

茨城も探せば楽しい場所、楽しいお祭りなどが沢山あるようですね。
ブログは拝見しましたが、写真は素晴らしいですね!
これからも宜しくお願い致します。


<< お嫁に来た『みちのく福寿草』が...      写真展『石岡の風と土』開催のお知らせ >>