2010年 07月 04日
雪村うちわ職人 -茨城県常陸太田市-
『雪村(せっそん)うちわ』は、室町時代の天正年間、常陸太田の瑞竜町沢山の耕山寺に住んでいた、画人であり禅僧でもあった雪村(せっそん:1504年-1589年)が始めたとされ、水戸光圀(水戸黄門)も愛用、奨励したとされる伝統のあるうちわです。
この伝統のある「雪村うちわ」は、ただ一人の職人「枡儀団扇店」の圷さんが、今でも当時の技法で手作りされています。

独特の形をしていますよね。
f0149209_2063992.jpg




真竹を伐採してから1年以上かけて作られる「雪村うちわ」の工程の一部を見せて頂きました。

刃入れの工程です。
均等に約40分割になるように、10cm程割いていきます。
f0149209_20281671.jpg

均等に刃入れされた骨は、半分ずつ手で絞って元まで割いていきます。
これぞ、熟練の技です。
f0149209_20301640.jpg

広げてみると、均等に綺麗に割いてあるのがわかります。
f0149209_20313589.jpg

こうして原型が整った骨は完全に乾燥させていきます。
ご自宅の外には沢山の骨が干してありました。
f0149209_2033630.jpg

横手、窓作りの工程では、うちわの面になる骨の部分を薄くけずったうえで、イグサで骨を広げながら均等に編んでいきます。
f0149209_20351838.jpg

正確な間隔でしかも速い!
まさに職人技ですね。
f0149209_20365190.jpg

最後にイグサの余った部分を鋏で切って、うちわの原型ができてきます。
f0149209_2038532.jpg

「雪村うちわ」独特の形に予め長めに切り揃えて、うちわの骨の部分が完成です。
f0149209_20421921.jpg

うちわに使う紙は、丈夫でしかも貴重な地元茨城の「西ノ内和紙」を使います。
長年の使用でもびくともしない、丈夫な和紙です。
紙張りを終えたうちわは、工房の天井に隙間なく並べて乾燥させています。
f0149209_20415466.jpg

玄関の上にも・・・・・!
f0149209_20453426.jpg

最後に、圷さんお気に入りの柄だという「朝顔」柄のうちわで記念撮影を致しました。
お忙しいところ、本当にありがとうございました。
f0149209_20473263.jpg


by jazz-photo | 2010-07-04 20:48 | 技の風景 | Comments(18)
Commented by rrev21 at 2010-07-04 21:47 x
こんばんわ~。

残る職人さんはこの方一人なんですか。
伝統が継承されると良いですね。
若い方々に伝統的な品々や技法へ興味を持って欲しいですね。
一人前になるには最低20年くらいかかりそうですね。
Commented by ACHILLES at 2010-07-04 23:03 x
風情のある団扇ですね。
馬の絵の団扇とか良いですね。

この技を継承されている職人さんがもうこの方ただ1人とは寂しいですね。
後継者ができ、技がさらに受け継がれていって欲しいものです。
Commented by at 2010-07-05 09:51 x
こんな大変なお仕事を女性の方がやられているなんて驚きです!
力と技のb要る仕事のようですね
絵付けも御自分でかかれるのでしょうか・・・
素朴で温かみのある団扇ですね
2.3本欲しい気もします
使わないで飾っておきたいような団扇です^^
また、新しい世界を教えて頂きました
有難う御座います
Commented by 藤九郎 at 2010-07-05 12:46 x
ずいぶんと歴史と伝統のある団扇なんですね。
形も変わってるけど、なんだかいい感じの団扇です。
それにしても、団扇を作るのも、ずいぶんと手間がかかるものなんですね。
この団扇買ったら、もったいなくて使えないかも。
Commented by kumico1214 at 2010-07-05 17:11
こんにちは。

圷さんのことは、ちょうど二年前に知人のブログで存じあげましたが、
当時で86歳ということですので、現在は88歳。米寿のお祝いですね^^;

しかしながらお若いですね~。なにかしら打ち込むものがあるって、
素敵ですね~^^;
Commented by hinachan at 2010-07-05 19:48 x
こんばんは

雪村うちわ
たった一人が伝承する 製作技法
だれか受け継いで欲しいですね

手元にあったら 私も
大事に 飾っておくでしょうね
パタパタして 壊してしまわないように


Commented by hisako-baaba at 2010-07-05 23:26
本物の団扇は良いですね。独特な形に上品で涼しげな柄で。

職人さんのお顔は誰も素敵だなあと思います。打ち込むものが有るからでしょうね。
Commented by ibaraki-sanpo at 2010-07-05 23:39
こんばんは。
一年以上かけて作られるうちわですか。
独特な形をしていますね。
西ノ内和紙を使っているということは、何年でも使える丈夫な物なんでしょうね。
小学校時代に西ノ内和紙の工房に見学に行ったことを思い出しました。
当時、和紙の丈夫さに素直に驚きました。
良い技・良い物は残っていって欲しいですね。
Commented by jazz-photo at 2010-07-06 20:19
reev21さん、こんばんは。
ええ、圷さんお一人なんですね。
伝統工芸を若い方が引き継ぎやすい施策が欲しい気がします。
一人前になるには、やはり20年はかかるでしょうね。
竹矢の助川さんと同じで、後継者問題があります。
Commented by jazz-photo at 2010-07-06 20:20
ACHILLESさん、こんばんは。
ええ、風情がありますね。
馬の絵は何種類かあるようですが、どれもが生き生きと描かれています。
どこも後継者不足に悩んでいらっしゃいますね。
身内の方で、興味を持っていらっしゃる方もおられるようなので、期待しましょう。
Commented by jazz-photo at 2010-07-06 20:20
風さん、こんばんは。
はい、大変な重労働ですよね。
全ての工程(33工程)を圷さんお一人でこなしておられます。
全て、力と根気の要る作業です。
絵は、他界されたご主人が描いたものを、今は和紙に印刷して使用されていらっしゃるそうです。
この団扇は長い間使えますので、是非手にして頂きたいものです。
私の雪村うちわは、10年以上壊れていません!
是非とも実用として使って頂きたいと思います。
Commented by jazz-photo at 2010-07-06 20:21
藤九郎さん、こんばんは。
はい、長い歴史のある団扇なんですよ。
普通の団扇は貝殻のような形をしていますが、雪村うちわは基本的に四角です。
団扇を製作するのには全部で33の工程があるそうです。
骨の乾燥だけでも、1年かかります。
雪村うちわは大変丈夫ですので、実用として使って頂きたいですね。
Commented by jazz-photo at 2010-07-06 20:21
kumico1214さん、こんばんは。
はい、今年米寿になられました。
でも、生き生きと団扇を作られている姿はとても米寿には見えません!
手先を動かして、何でも考える事が、大切なんでしょうね。
素晴らしい方です。
Commented by jazz-photo at 2010-07-06 20:21
hinachanさん、こんばんは。
ええ、是非この素晴らしい伝統工芸を絶やすことなく受け継いで頂きたいですね。
私の団扇は10年以上パタパタと使ってもびくともしていないです!
圷さんは、「あんまり丈夫だから、なかなか次を買ってくれないんだよ!」って笑ってお話ししていました。
実用、OKです。
Commented by jazz-photo at 2010-07-06 20:22
hisako-baabaさん、こんばんは。
そうなんです、本物なんです。
コンビニや景品で貰う、プラスティックの団扇と違って、重厚感がありますし、軽いです。
確かに、職人の方々の目の輝きは素晴らしいです。
私としても、写真を撮らせていただけることに感謝しています。
Commented by jazz-photo at 2010-07-06 20:22
ibaraki-sanpoさん、こんばんは。
はい、切り出し、乾燥から、出来上がりまでは1年以上かかります。
形は、伝統の四角です。
圷さんのお話では、10年以上使っている方は大勢いらっしゃるようですね。
大変丈夫な団扇と言えるのではないでしょうか!
本当に、この伝統が絶える事のないように願いますね。
Commented by やすお at 2010-07-12 20:54 x
こんばんは~
これはこれは…茨城凄いですねー、素晴らしいものがずっぱど!!
竹矢同様、使い込むと柄に味が出てきていいべね。
自分で描いた柄でこさえてほしいなあ~。
このおかあさんの手っこも、長年の作業でいい味っこ出でらべの。
つやつやっとした美しい手っこ、握手してみてな~。
お祭りストラップも、機会があったら買いに出かけたいでーす。
(一体、何年後…???)
Commented by jazz-photo at 2010-07-12 22:24
やすおさん、こんばんは。
はい、茨城も八幡馬に負けない、職人さんが沢山いらっしゃいます。
実は、我が家の雪村うちわも軽く10年以上、壊れることなく使えています。
柄が飴色になって、いい感じです。

やすおさん、オリジナルですか。
実は圷さんは、無地にお好きな字や柄を描いて使っていらっしゃいましたよ。
圷さんの手はとても88歳とは思えない、しっかりした職人さんの手をしていました。

是非、団扇とストラップを買いにご家族でお出かけくださいませ。


<< お祭りストラップ職人 -茨城県...      「なんだりかんだり写真展」のお... >>