2010年 07月 29日
大久保直次郎さんの『八幡馬』 -青森県八戸市-
青森県の伝統工芸士「大久保直次郎さん」が一本の鉈を駆使して製作する、伝統の『八幡馬』は優しい姿が特徴です。
大久保直次郎さんは八幡馬製作者として、4代目だそうです。
以前も何度か工房にお邪魔したことがあり、今回もお会いするのが楽しみでした。
f0149209_2052735.jpg




お忙しい中、作業を見学させて頂きました。
製作の過程を丁寧にご説明頂いて、その工程の多さに驚きました。
全てが手作業です。
f0149209_20916100.jpg

駒の胸の部分のカーブが優美です。
ここも鉈一本で仕上げるそうです。
f0149209_20111048.jpg

薄く丁寧に鉈で削っています。
大変繊細な作業です。
f0149209_2012217.jpg

駒の脚の間は鉈では困難ですので、ノミを使っておられました。
見ていると、「割れてしまうのでは?」と思ってしまいます。
f0149209_20132840.jpg

八幡馬の形が整ってから、鬣を付けていきます。
角度を変えながら鬣が綺麗に並ぶように付けていくのだそうです。
鬣は細くけずった材を楔のように打ち込んで固定します。
f0149209_20163760.jpg

そして、形になった大久保直次郎さんの『八幡馬』
f0149209_20195563.jpg

この八幡馬達には、八戸駅のユートリーで会うことができます。
温かみのある大久保直次郎さんの『八幡馬』に是非会ってみて下さい!
お忙しい中、製作過程を見せて下さり、本当にありがとうございました。

by jazz-photo | 2010-07-29 20:24 | 技の風景 | Comments(8)
Commented by 月見たぬき at 2010-07-29 20:45 x
こんばんはー。
一本のナタで作るなんてすごいことですよね。
技も人柄も、そして作品もあたたかそう。
写真からもぬくもりが伝わってくる感じがします。
Commented by lemon080911 at 2010-07-29 23:30
jazzさん こんばんは~☆
あっ 青森に行ったときに買ったよ~ 私のお気に入りですよ^^ 
この形だけど。。。「八幡馬」かなぁ~ 赤いけど。
Commented by ぴょん at 2010-07-30 14:06 x
はじめまして。
先日はコメントありがとうございました。

下の煮卵もそうですが、一つのものを作りつづけている人の手って素敵ですね。青森らしい素朴で実直な仕事という感じがします。ずっと続いていって欲しいものですね~。


ところで。
プロフィール画像のカメラ、ニコンのFですね。私、高校生の頃 父親のFとF3を借りて使ってました。それに見合うだけの写真の腕とセンスがないのが痛いところですが・・・。
Commented by jazz-photo at 2010-07-30 20:17
月見たぬきさん、こんばんは。
ブログ開設おめでとうございます。

鉈一本で鑢は使わずに仕上げるなんて神業としか思えませんね。
直次郎さんのお人柄は、八幡馬にそっくり現れています。
優しく穏やかで、それでいて芯の強さを感じる造形美です。
まだまだ直次郎さんのお人柄を表現できていないのですが、いつかは満足いく表情を捉えてみたいですね。
Commented by jazz-photo at 2010-07-30 20:21
lemonさん、こんばんは。
lemonさんも買われましたか!
直次郎さんの八幡馬は唯一手作りなんですよ。
ほとんどの八幡馬が機械製品になる中、すべてを手作業で仕上げるのは大変だと思います。
それだけに機械製品にはない温かみや、優しさに溢れていますね。
色は、代表的なのが黒と赤です。
Commented by jazz-photo at 2010-07-30 20:26
ぴょんさん、はじめまして。
ご訪問いただきまして、ありがとうございます。
いつもブログは拝見しておりました。
怒涛の更新をなさっていて、実にパワフルですね!

職人さんの手と言うのは分野が違っても本当に似ています。
共通して仰るのが「誰でもできるよ!」と言う言葉なのですが、実はその道を極めた方でないと言えない言葉ですよね。
私の仕事などは、とてもとても職人技には程遠いですよ(汗)。

はい、Nikon FのUPI仕様です。
ぴょんさんも、FやF3を使っていらしたのですか?
私は今も現役でF、F2、F3、F4を使っています。
時代に流されないカメラたちって良いですね。
ぴょんさんも是非、使ってみてはいかがでしょうか?
Commented by ACHILLES at 2010-07-30 23:41 x
こんばんわ~

大久保直次郎さんの八幡馬製作。
一度拝見してみたいです。
Commented by jazz-photo at 2010-08-02 20:13
ACHILLESさん、こんばんは。
まだご覧になってないのですね?
八幡馬と直次郎さんの優しいキャラに触れて頂きたいですね。


<< 『みろく横丁』 -青森県八戸市-      『沖野商店の煮玉子』 -青森県... >>