2010年 08月 29日
泊地区のウニ漁 -青森県六ヶ所村-
六ヶ所村の泊地区のウニは、その品質の高さから高級品として有名です。
年に数回しかないウニの解禁日(口開け)を見る事が出来ました。
勿論、漁業権を持つ方だけがウニ漁をするのだと思いますが、霧が立ち込める中、大勢の方々が海岸に集まっていて、ちょっとびっくりしました。
f0149209_22221462.jpg





素潜りでウニを獲っているんですね。
f0149209_22233074.jpg

獲ったウニは岩場に運んですぐに卵巣を取り出します。
f0149209_22244195.jpg

なかなかの重労働ですね。
f0149209_22252986.jpg

こちらでも・・・・。
f0149209_22261739.jpg

品質の高い泊のウニは、こうして資源を守りながら獲られているんですね!

by jazz-photo | 2010-08-29 22:30 | 日常と生活の風景 | Comments(6)
Commented by hinachan at 2010-08-30 06:22 x
おはようございます

素潜りで採って 岩場で作業
霧の中で 荒っぽくて 寒々しい!

むいた後のカラをみると
(エゾ)バフンウニかな
すぐに 中身取り出して
帰って瓶詰め作業でしょうか
Commented by ぴょん at 2010-08-30 15:36 x
こんにちは!
本当に、なんだかヒンヤリしそうな天気の中、大勢の人がいますね。
岩場での腰をかがめての作業・・・
大事に食べないと申し訳ないような気持ちになりますね。
Commented by hisako-baaba at 2010-08-30 16:37
大変な労働ですね。町のものには到底勤まりません。

解禁日は、少しぐらい天気が悪くても作業しなければならないのでしょうね。
Commented by jazz-photo at 2010-08-30 20:07
hinachanさん、こんばんは。
霧がありますから寒々しく感じますが、実は朝から凄い暑さで・・・・・・・。
八戸は36℃を超えていた時です。

色からして、エゾバフンウニですね。
これを牛乳瓶に詰めたものは本当に美味しいですね!
Commented by jazz-photo at 2010-08-30 20:10
ぴょんさん、こんばんは。
寒く見えるのは写真のマジックで、朝から実は物凄く暑いんです。
皆さん、暑さの中本当に大変なんです。

一つ一つ丁寧に身を取り出していますので、腰の負担も大変でしょうね。
ここのウニは昆布を食べて育つ上に、資源保護が徹底していますので、すごく美味しいんです。
一般のお店で売っているものとは全く違います。
ぴょんさんにも是非その違いを体験していただきたいですね!
Commented by jazz-photo at 2010-08-30 20:12
hisako-baabaさん、こんばんは。
そうですね。
ご年配の方も多いので、重労働は厳しいでしょうね。

実は、暑い日でしたので、この霧は本当は日差しを遮る恵みの霧だったんです。
でも、解禁日は少々のことがあっても漁には出るのでしょうね。


<< 『九ちゃんの家』 -茨城県笠間市-      『漁港ストア』は庶民の味方! ... >>