2010年 10月 31日
『100/石岡 人 写真展』開催のお知らせ -茨城県石岡市-
 以前にもブログで紹介させて頂きました、『100/石岡 人 写真展(副題「石岡の風と土 PHOTO編 Vol.2」)』を今週土曜日から開催することになりました。
 プリントや額装も終わって、準備が大方整いました。

 今回は、私の写真約70点(前半後半各35点ずつ)、ゲストの方の写真約10点(前半後半各5点ずつ)、の展示を致します。
写真は11月14日に総入れ替え致しますので、どうか後半もご覧下さいませ(^^;)。
f0149209_1821610.jpg


 さて、お待ちかねのゲスト(今回の写真展に作品展示をして下さる友人)をご紹介致します。
茨城の素敵な食や風景を紹介して下さっている、ブログ『茨城お散歩』Blue-J & RuRuさんです!
 ご夫婦で写真を楽しまれていらっしゃいますが、素敵な感性をお持ちです。
ブログも是非ご覧になって下さいね!
会場でお二人の素敵な作品をご覧くださいませ!
運が良ければ、お二人に会えるかもしれませんよ(^^)。
Blue-J & RuRuさんのプロフィールポスターもご紹介いたします!
f0149209_18271239.jpg

こちらは私のプロフィールポスターです(汗)。
f0149209_1832239.jpg


あらためて、概要を記載させて頂きます。
期間:平成22年11月6日(土曜)~11月26日(金曜)
場所:石岡市 まちかど情報センター(石岡市国府3丁目1番16号)
    TEL:(0299)27-5171
最寄駅:JR常磐線石岡駅(駅より徒歩10分) 
開催時間:午前10時~午後8時(木曜休館)
入場無料


前半後半の展示から、予告編をチラッと(^^;)。
こちら、前半の中の1枚!
f0149209_18345663.jpg

こちら、後半の中の1枚!
f0149209_18355240.jpg


どうか、石岡の街を楽しみながらお出で下さいませ。
情報センターでは、美味しいコーヒーが格安で飲めますので、是非お立ち寄りください


by jazz-photo | 2010-10-31 18:37 | 祭り・イベントの風景 | Comments(6)
Commented by clear sky at 2010-10-31 19:21 x
全部で70点もの作品、見ごたえありますね!
これだけの準備をするのは容易なことではないと思います。
それでも得るものは、人生の中でもかけがえのない何かを得られるのでしょうね☆
また、素敵な出会いがありますように☆
Commented by kamoshiday at 2010-10-31 21:12
展示会用に数点準備するのも大変なのに、70点もの作品を準備されたとは驚きです。
大変だったでしょうねぇ。お疲れ様です。
前半には観に行きたいと思っていますが、今のところいつになるかは確定しておりません。
適当にお邪魔しますので宜しくお願いします。
Commented by とぅちゃん at 2010-11-02 06:30 x
本日拝見しました♪(笑
お久しぶりです♪(笑
アスパム以来のお顔♪
あの時は、帽子をかぶっていましたよね?
印象がまた違ってみえました♪

この度の企画、無事成功する事をお祈りしています♪
Commented by jazz-photo at 2010-11-09 21:02
clear skyさん、こんばんは。
自分でもよくまあ集めたと思います(^^;)。
企画段階では、やればできると思ったのですが、いざ撮影をしてみるとこれがまた困難の連続でした。
テーマが人なので、人々の自然な姿を撮るのですが、なかなか思うようにはいきませんでした。
その結果、何度も通うことになりましたので、写真と言うより人間対人間の交流ができるようになりました。
これが、最大の収穫だったような気がします。
Commented by jazz-photo at 2010-11-09 21:05
kamoshidayさん、こんばんは。
もう、質より量です(^^;)。
一回行って、撮れるというものでもありませんので、まず人間としての御付き合いから始めますので、その点が苦労致しました。
しかし、街の方々がとっても優しくて好意的でしたので、楽しく撮影することができました。

お忙しい中、恐縮です。
ご無理なさらないでくださいませ。
Commented by jazz-photo at 2010-11-09 21:07
とぅちゃんさん、こんばんは。
あらら、ご覧になりましたか(^^)。
大分老けたでしょう(爆)。
帽子はトレードマークだったのですが、収録中はやめました(^^;)。

ありがとうござます。
おかげさまで開催まで漕ぎ着けることができました。


<< お詫び      「とことん青森MAX in 原... >>