2010年 11月 13日
第7回『赤レンガと銀杏まつり』 -茨城県常陸太田市-
今年で、第7回を迎える、『赤レンガと銀杏まつり』が常陸太田市町屋の「旧町屋変電所」で開催されています(H22年11月13日~14日)。
f0149209_239489.jpg




地域の方々や学校の生徒さんたちが作った思い思いの行燈が優しい光を放っています。
f0149209_23104458.jpg

毎年、行燈で漢字一文字のテーマが描かれるのですが、今年は「幸」でした。
因みに昨年は「愛」、一昨年は「命」でしたね。
f0149209_23121314.jpg

清流「里川」の橋から見ると、とても幻想的です。
f0149209_23131919.jpg

行燈と「旧町屋変電所」の対比が綺麗です!
f0149209_23141092.jpg

「旧町屋変電所」が現役だった頃(明治44年)のフランス製の碍子もこの日ばかりはおめかしをしています。
f0149209_23154834.jpg

『赤レンガと銀杏まつり』は明日も開催されていますので、是非ご覧になってみてはいかがでしょうか?

by jazz-photo | 2010-11-13 23:20 | 祭り・イベントの風景 | Comments(4)
Commented by kamoshiday at 2010-11-14 11:22
行かれましたね。私も6~7時頃までの1時間位見てきましたよ。
すれ違ったかもしれませんね(^-^)
Commented by hinachan at 2010-11-14 22:30 x
行燈。絵柄は、子供達の夢。
たくさん集まり、幸せ。
遠くから、近くから
両方とも、幻想的な世界。
手作りの、美しさ。
写真の、素晴らしさ。
Commented by jazz-photo at 2010-11-14 23:13
kamoshidayさん、こんばんは。
いや~、奇遇です。
本当に同じ時間に同じ場所にいました!
絶対すれ違っていますね。
アングルからしてほとんど同じ場所で撮影してましたね。
手持ちで撮影しているオジサン見かけませんでしたか?
それが私です!
Commented by jazz-photo at 2010-11-14 23:15
hinachanさん、こんばんは。
本当にその通りです。
子供たちが思い思いに描いた絵は、夢や希望そして楽しさを表現していました。
楽しくて次々に見ていきました。
こういう、夢のあるイベントが良いですね。
写真も良いのですが、撮影が実に難しいイベントです。


<< 「100/石岡 人 写真展」 ...      釜平さんの『ソースカツ丼』 -... >>