2010年 11月 18日
関川さんの『注連縄(ごぼう締め)』 -茨城県稲敷市-
以前、私のブログ『茨城 かぼちゃ物語(第1話 江戸崎かぼちゃ)』でもご紹介させて頂いた関川さんさんのご自宅に再度訪問させて頂きました。

ご主人は、勿論素晴らしい品質の『江戸崎かぼちゃ』を栽培する農家なのですが、実は40年以上のキャリアを誇る『注連縄作り』の名人でもあるのです。 
f0149209_201562.jpg




私がお邪魔した日は、関川さんご夫妻とお孫さんの3人で、新年用注連縄作りの真っ最中でした。
早速、注連縄作りの工程を拝見させて頂きました。
今回ご紹介する注連縄は一方だけが細く絞ってるもので、一般に「ごぼう締め」と呼ばれていて、3本の太い稲藁をねじって作ります。

まず、藁を櫛形の歯のある「わらすぐり」と言う道具で藁のはかま(下葉)を取って、注連縄に適した藁にします。
f0149209_2025052.jpg

これは、「わらぶち機」に稲藁の芯を通して柔らかくする作業です。
一本の注連縄には3本使います。
f0149209_20222514.jpg

芯の周りに稲藁を巻いて3本を束ねます。
f0149209_20291181.jpg

力を込めてねじっていきます。
f0149209_20305810.jpg

まず2本がねじり終えたところです。
f0149209_2032288.jpg

そして、3本目をねじっていきます。
f0149209_20331641.jpg

3本すべてをねじり終わったら、余分な稲藁を切って、太い元の部分の形を整えます。
流石名人、凄い早業で、何がどうなっているのかよくわかりませんでした(^^;)。
f0149209_20351293.jpg

次に注連縄に紙垂を付ければ完成です!
f0149209_2039468.jpg

作業場には藁の良い匂いが漂っています。
注連縄作りのために、青味の残る稲藁を保存するご苦労があるそうです。
f0149209_20392615.jpg

このように作った注連縄は、束ねて出荷したり、年末の市に出店したりするそうです。
f0149209_2040682.jpg

こちらは、ちょっと可愛い正月飾りです。
ご近所の方とのことですが、この道ン十年のベテランの方です。
f0149209_20443370.jpg

納屋の中での作業です。
f0149209_2046925.jpg

稲藁を三つ編みにします。
お下げ髪みたいです。
f0149209_20471856.jpg

こちらが、完成した正月飾りの本体です。
これにお飾りが付けば完成!
f0149209_20481193.jpg

実は、注連縄作りは初めて見せて頂きました。
均一にねじっていくのはやはり熟練の技でした!
お忙しい中、写真を撮らせて頂いた関川さん、そしてご家族の皆様、本当に有難うございました。
もうすぐお正月なんですね!
一年が早いです!

by jazz-photo | 2010-11-18 20:50 | 技の風景 | Comments(8)
Commented by hinachan at 2010-11-19 17:07 x
もう、正月の準備。早いですね。
注連縄の作り方。頭ではわかったようでも、私には無理。
かぼちゃ造りに、通じる真面目さ。
丁寧な手作業。これが一番大切なんでしょうね。
Commented by ibaraki-sanpo at 2010-11-20 01:10
注連縄ってこんな風に作られているんですね。
「わらぶち機」なんていう機械があるのも初めて知りました。

ちょこんと、おばあちゃんの横に座っている猫がとてもかわいい(^-^)
Commented by kamoshiday at 2010-11-20 23:34
伝統の技というか名人の仕事ぶりが、とても良く表現されてますねぇ。
おばあちゃんと猫の写真、いいですねぇ。もっと見たい気がします・・・
Commented by hisako-baaba at 2010-11-21 23:49
力の要りそうな作業ですね。
仕事を知り尽くした人の、たたずまいが大好きです。
おばあちゃんも仔猫も可愛い。
Commented by jazz-photo at 2010-11-23 08:39
hinachanさん、おはようございます。
ええ、実際は9月から始めるのだそうです。
注連縄は見てるとできそうな気がしてくるんですが、実際には全く形にならないそうですね。
手作業にこだわるのは、農家ならではで、昔から変わらないやり方なんですね
Commented by jazz-photo at 2010-11-23 08:42
ibaraki-sanpoさん、おはようございます。
ええ、私も初めて見ました。
凄いですね。
作業場では、2m近いものの作ってました。

いろいろな道具があって面白いですね。
私自身も初めて見るものばかりでした。
この子猫は捨て猫だったそうですが、関川さんのお宅に住み着いています。
Commented by jazz-photo at 2010-11-23 08:45
kamoshidayさん、おはようございます。
いつも有難うございます。
40年以上のキャリアがあるなんて凄いですね。
子猫がそばに寄り添っていて、ほのぼのしますね。

追加写真をアップいたしました!
Commented by jazz-photo at 2010-11-23 08:48
hisako-baabaさん、こんばんは。
そうですね。
相当な力が要ると思います。
確かに仕事人と言う雰囲気が凄いです。
しかし、とっても優しい方なんですね。
子猫がなついている様子が仄々しますね。


<< 関川さんの『注連縄』 子猫編 ...      「ZOOM MICRO NIK... >>