2010年 12月 13日
『大飯まつり』 -茨城県桜川市下泉地区-
昨年に引き続き、今年も楽しみにしていた桜川市下泉地区の「大飯まつり(おおめしまつり)」に行ってきました。

この輝く巨大なご飯の柱が物相(もっそう)です。
地区に祭られている鹿島神社の神田で収穫されたお米で作られています。
f0149209_2326843.jpg




地区にある下泉公民館では、朝早くから「大飯まつり」の準備が進められていました。
おかずの数々やけんちん汁など、どれもが地区で収穫された新鮮な野菜で作られています。
その他、決まりの「さんま」やイカなども用意されています。
f0149209_2328632.jpg

この準備は大変でしょうね!
f0149209_23322135.jpg

物相の準備も終わりました。
f0149209_23341460.jpg

準備もひと段落したころ、朝食代わりの「醤油むすび」が用意されます。
公民館の中に漂う醤油の香りがたまりません~(^^;)。
f0149209_23312769.jpg

このひと時が良いですね(^^)。
f0149209_23331319.jpg

私も一緒に「醤油むすび」を頂きました。
このお米は本当に美味しいですよ!
しかも神田のお米ですから、ご利益ありそうですしね!
f0149209_2336438.jpg

準備が始まりました。
お椀の中にご飯がびっしり詰まった『座布団』に物相を載せていきます。
高さは約30cm位で、ご飯は約7合程あるそうです!
f0149209_23394437.jpg

椀物やイカも並べられていきます。
f0149209_2340258.jpg

巨大な物相が立ち並ぶ様はすさまじいです!
f0149209_23414551.jpg

二本の竹は、物相が崩れないようにするためだそうです。
f0149209_23423659.jpg

神主さんの祝詞に続いてお神酒が振る舞われます。
f0149209_23434122.jpg

これを食べきるのは大変でしょうね!
f0149209_23443086.jpg

いよいよ、氏子の方々が物相を食べ始めました。
最初は結構勢いがあるのですが・・・・・(^^;)。
f0149209_23463884.jpg

とにかく、7合のご飯は凄い量です!
f0149209_23474161.jpg

ペースも落ちるみたいですが、食べきった方もいらっしゃいましたね(^^)v。
f0149209_23484119.jpg

氏子の方々の箸の出方が遅くなる頃、当屋の主人が稲藁で作った鉢巻きに襷をまとって「鹿島様」に扮して現れます。
大きなしゃもじにご飯を載せて、物相と格闘している氏子の方々に、「もっと食べろ、もっと食べろ」と御飯を勧めて回ります。
f0149209_23535783.jpg

まさに「これでもか!」と言う感じですね!
皆、楽しそうですよ。
f0149209_235652.jpg

実際、間近で見ると本当に面白いおまつりです(^^)v。
昨年より多くのアマチュアカメラマンで賑わっていました。
そうそう、この「大飯まつり」は男性だけで行われています。
準備は女性の手を借りて進められるのですが、まつり自体は男性だけとなるのが伝統なのだそうです。

by jazz-photo | 2010-12-13 00:00 | 祭り・イベントの風景 | Comments(17)
Commented by ぴょん at 2010-12-13 12:42 x
こんにちは!
面白いお祭りですね。
ご飯に竹が刺さった姿、はにわの様な宇宙人のような・・・

おばあちゃん達が握った醤油にぎりにキュウリの漬物がおいしそうです。
Commented by たかさん at 2010-12-13 18:29 x
こんばんは、
大飯まつりが開催されることは知っていましたが、開催場所解らず訪れたことがありません。
毎回、下泉公民館で行われるのでしょうか?
来年にでも見てみたいですね。
Commented by hinachan at 2010-12-13 18:31 x
jazzさん、こんばんは

面白くて 不思議なお祭りですね
今年とれた 新米を使って
大地の恵みに 感謝するお祭りなんでしょうか
なぜ 男性だけ?
女性は 醤油むすびの時の おばあちゃんと
巫女さんだけですね

7合は 普通 食えない!
食べきった人 凄いね
Commented by kamoshiday at 2010-12-13 21:55
楽しいお祭りですねぇ。収穫に感謝するお祭りなのでしょうが、
これだけ大量のご飯、余ったものはどうするのでしょうねぇ。
もったいない気がしますね。
Commented by ibaraki-sanpo at 2010-12-14 02:30
変わったお祭りですね。
お米好きですが、あの形にされた7合はちょっと無理ですねぇ(笑)
おしょうゆのおむすびがおいしそう(^^)
Commented by reev21 at 2010-12-14 07:48 x
おはようございます。

ご飯の「塔」が、実に幻想的です。
豊作を祈願し、神に感謝するおまつりだと思いますが、全国各地
でやってますね。 
佐井村にもありますね。
「めし!」、「汁!」と言って食べるのですが、一度挑戦してみ
たいな~。
Commented by かず at 2010-12-14 22:06 x
こんばんわ!

同じ桜川市ですが、はじめて知りました。。
面白い祭ですね^^

そういえば、市の広報誌に載っていたのを思い出しました。。

新たな発見です。。
Commented by at 2010-12-17 19:34 x
こんばんは。

去年もこの風景を見せて頂きましたね^^
何度見てもこの御飯の多さには驚きです!
見ただけでお腹が一杯になりとても1回で食べられる量ではないですね^^;
醤油お結びが美味しそう~~
日本全国探せば、奇祭、珍祭と色々ありそうですね^^
私は歩かないでこちらで見せて頂きました^^
有難う御座いました
Commented by jazz-photo at 2010-12-19 16:39
ぴょんさん、こんばんは。
ええ、奇祭なんです(^^;)。
確かに宇宙人のような感じに見えますね。
凄いインスピレーションですね!

はい、この醤油飯が絶妙な加減で美味しんです!
素朴なものが一番ですね。
Commented by jazz-photo at 2010-12-19 16:42
たかさん、こんばんは。
開催場所は旧大和村の上野沼からほど近い場所です。
去年から、下泉公民館で行われているようなのですが、来年以降はどうなんでしょう??
基本的には当屋と呼ばれる家で開催されるようなのですが・・・。

そうですね、是非次回は計画してみて下さい。
Commented by jazz-photo at 2010-12-19 16:45
hinachanさん、こんばんは。
そうなんです。
佐井村の「おつもり」にも似た行事です。
神田で育てた稲を収穫して感謝すると同時に子孫繁栄を願います。

女性はお祭りの準備では多くの方が参加されています。
でも、お祭りが始まると、会場には入れないようで、巫女さんは神職ですので女性とは言えないそうです。

確かに普通は7合は食べられませんので、家に持って帰って家族で食べるそうです。
Commented by jazz-photo at 2010-12-19 16:48
kamoshidayさん、こんばんは。
ええ、これは抱腹絶倒です!
常に笑いが絶えないし、皆さん仲がいいです。
余ったご飯は、後でビニール袋に入れて全て持ち帰ります。
家族で分け合って、神様に感謝するそうですよ。
Commented by jazz-photo at 2010-12-19 16:50
ibaraki-sanpoさん、こんばんは。
そうですよね。
まさに奇祭です。
確かに7合とはおっしゃるのですが、ぎゅうぎゅうに詰めていますので7合以上はあると思います。
醤油ご飯のおむすびは、シンプルで美味しいです。
Commented by jazz-photo at 2010-12-19 16:52
reev21さん、こんばんは。
はい、物相と言うのですが、実に美しいですよね。
大飯を食べるお祭りは結構あるみたいですね。

佐井村のおまつりは「おつもり」ですね。
確か今頃とお正月ではなかったでしたか?
茨城で、物相に挑戦してみてはいかがですか?
Commented by jazz-photo at 2010-12-19 16:54
かずさん、こんばんは。
あらら、かずさんは桜川市にお住まいでしたか?
ご存じなかったのですね。

是非お近くなら次回はご覧になってみて下さい。
面白いですよ!
Commented by jazz-photo at 2010-12-19 16:58
風さん、こんばんは。
はい、去年も凄い写真を2地区ご紹介させて頂きました。
どんなに元気で大食の男性でもきついと思いますよ。
大食い選手権にでも出るような方ならいけるでしょうけど・・・・。
醤油おむすびは香りが良くて、絶妙な味加減でした。
年季なんでしょうかね(^^;)。

是非、皆さんのブログで楽しんでくださいませ!
また、いろいろご紹介いたしますね。
Commented by ポン太 at 2010-12-27 18:17 x
どうもお久しぶりです。
いや~、これリーブさんならいけるかなって思ったんですが(笑)
これだとオラの好きな筋子乗せても明太子乗せても、茶碗の縁まで辿り着けませんね。
しかし、土地其々面白い風習があるものですね。


<< 笑魚堂さんの「お祭りストラップ...      夜明け前 -茨城県大洗町- >>