2012年 01月 14日
現代カメラ考 その1 -カメラのサイズ-
明けましておめでとうございます。
昨年は多くのコメントを頂き、本当に有難うございましたm(_ _)m。
コメントにお返しをすることが出来なくて本当に申し訳ありませんでした。
この場を借りて、コメントをお寄せくださいました全ての方に厚くお礼申し上げます。

東日本大震災で損傷を受けた我が家も、年末には屋根や外壁の修理が完了致しまして、何とか震災前の外観を取り戻しました。
しかし、家の内部はまだまだ震災の爪痕が多く残っていますが、気分は良くなりました(^^)v。
気分も良くなったところで、仕事はまだまだ忙しいのですが、時間のある時に更新していこうと思っています。
どうかよろしくお願い致します。





写真を撮りに行けませんので、カメラに関する話題をフォトエッセイの形で載せていきますので、ご興味のある方は覗いて行ってください。

我が家のMIN-MAX
最近散歩の友になっているカメラがこれ。
PENTAX Qです。
f0149209_22332100.jpg

写真では大きさが判り難いですが、掌にすっぽり収まってしまうくらい小さな「レンズ交換式ミラーレス一眼」なんです。
そもそもPENTAXと言う会社は、小さなカメラを作るのに情熱をかたむけると言うか、遊び心があると言うか・・・とにかく好きなようです。
形は少々違いますが、このPENTAX Qと同じコンセプトで作られたのがPENTAX Auto110(右)(1983年発売)ではないかと思います。
f0149209_22164038.jpg

レンズ交換式の小型一眼レフカメラです。
同じような大きさですよね。
PENTAXは勿論、普通サイズの35mm版一眼レフカメラでも老舗なのですが、実は巨大な一眼レフカメラPENTAX 6×7もあります。
どのくらい大きさが違うかと言うと・・・・・!
f0149209_2220048.jpg

左の巨大なカメラがPENTAX 6×7(1969年発売)、右上の緑っぽいカメラが、一般的なサイズの35mm版フィルムカメラPENTAX A3 Limited(1985年発売)です。
フィルムサイズ(Qは撮像素子)を比較してみると。
PENTAX Q 6.2×4.6mm
PENTAX Auto110 13×17mm
PENTAX A3 Limited 36×24mm
PENTAX 6×7 70×60mm

サイズを面積比で比較すると、PENTAX 6×7はPENTAX Qの実に1129倍ですから、凄いですね~!
こうしてみると、PENTAXは小さい一眼レフに情熱をかたむけたかと思うと、バカでっかい一眼レフも作ってしまうと言う、両極端(笑)な一面も持つユニークなカメラ会社なんですね。

じゃ私はと言うと(爆)・・・・・。
バカでっかい一眼デジカメを使う一方、ちっちゃな一眼デジカメも使うユニークな写真オヤジなんですね(爆笑)。
f0149209_22342270.jpg


by jazz-photo | 2012-01-14 22:42 | 写真機 | Comments(3)
Commented by 藤九郎 at 2012-01-15 10:30 x
思っていたよりよさそうなカメラでしたね。
力を抜いてのんびり撮るには最高な感じです。
私の相棒もタイプは違うけど活躍してますよ。
Commented by 銀の小鈴 at 2012-01-16 14:41 x
落ち着かれましたか。何よりです!

カメラのことは分からないんですが、
見せていただくだけでもなんだか楽しいですね。

画面のカメラはすべてjazzさんのカメラですか!?
Commented by junko at 2012-02-05 12:15 x
CIao jazzさん
なかなか更新ないし、忙しいのだろうと、推察しておりました
でも、お元気そうでなによりです
コメントのお返事は気に病むことなく
くれぐれもご自愛ください

お家も落ち着いてきて、よかったですね
壊れたままって言うのは、どうも気分が落ち着かず、私も嫌いです
外観だけでも、治ってくると落ち着きますよね

今日本です
11日から、福島の新地 そのあと女川に行きます



<< 『いしおか雛巡り』開幕 -茨城...      笠間稲荷神社神事流鏑馬 -茨城... >>