2013年 07月 15日
ハッチョウトンボ -青森県野辺地町-
日本で一番小さなトンボ。
それが、「ハッチョウトンボ」です。
大きさを表すのに、「小指の先」とか「一円玉」等と表現されるように、極小トンボなのです。
しかも、生息環境の減少で今はあまり見る事が出来なくなってしまったのが残念です。
f0149209_22141499.jpg





ハッチョウトンボは青森県が北限で、県内各地の湿地で生息が確認されていて、野辺地町でも町内の湿地で出会うことができます。
有名な生息地として「まかどスキー場」がありますが、今回の撮影はもっと北側にある湿地です。
こんな環境なんです。
f0149209_2219165.jpg

こちらは成熟したオスの個体です。
真っ赤な体が綺麗ですね。
f0149209_222071.jpg

f0149209_22212884.jpg

こうやって見ると小さいのが判りますか?
f0149209_22221985.jpg

こちらは羽化して間もないオスの個体です。
しばらくすると真っ赤になっていきます。
f0149209_22231581.jpg

こちらはメスの個体です。
やや地味ですが、トラ柄なんですね。
f0149209_22291571.jpg

f0149209_22243739.jpg

同じく赤い体をした「ショウジョウトンボ(中央左)」とハッチョウトンボ(右下)が同じ方向を向いてとまっています。
ショウジョウトンボが5cm程ですから右下のハッチョウトンボがいかに小さいか判りますよね。
f0149209_22274892.jpg

ちょっとピントが合ってないのが残念なのですが、小さな虫を捕食してます。
身体は小っちゃくてもハンターなんですね!
f0149209_22385945.jpg

こちらは体の色がレモンイエローの「キイトトンボ」。
綺麗なトンボです。
f0149209_22352997.jpg

湿地にはモウセンゴケも沢山見られました。
f0149209_2240538.jpg

近くに湿地や湿原がありましたら、良~く目を凝らして観察してみて下さい。
もしかしたら真っ赤なハッチョウトンボに出会えるかもしれませんよ!

by jazz-photo | 2013-07-15 22:45 | 自然の風景 | Comments(6)
Commented by 銀の小鈴 at 2013-07-16 13:29 x
ハッチョウトンボ、一度この目で見てみたいです。
よいところをご存じですね。
Commented by hinachan at 2013-07-16 17:47 x
こんにちは

まるで止まってるトンボを

虫眼鏡で観てるみたいに

精細!
Commented by jazz-photo at 2013-07-16 20:17
銀の鈴さん、こんばんは。
お久しぶりです。
多分、「まかどスキー場」の湿地が一番お近くなのではないでしょうか。
足場も良いですので、是非会いに行ってみて下さい。
可愛いですよ!
まだ十分に間に合いますよ。
Commented by jazz-photo at 2013-07-16 20:18
hinachanさん、こんばんは。
望遠のマクロレンズですが、少しトリミングしています。
本当に可愛いトンボなんですよ。
Commented by itotonbosan at 2014-01-16 15:04 x
ハッチョウトンボはどこに居るのか分かりませんでした。
でも,「湿地ある所トンボあり」が分かってきました。

雄は目も覚めるような赤い色をして目立つのに
雌は地味な色で目立たないようにしていることに気づきました。

雄の顔が奴さんに似ていておかしくなってしまいました。
Commented by jazz-photo at 2014-01-19 13:25
itotonbosanさん、はじめまして。
お出で頂いて、ありがとうございます。
ハッチョウトンボは近くにいても小さすぎて気が付かない場合がありますね。
かなり前に、水戸市に丹下湿地と言う場所があって、そこには一面にサギソウとモウセンゴケの群生があって、ハッチョウトンボが沢山住んでいました。
偕楽園下の湿地にも沢山生息してたのですが、どちらも絶滅してしまいました。

確かに奴さんに似てますね!


<< 単身赴任の食事 -青森県六ケ所村-      滝の尻大滝と「ぼっち」 後編 ... >>