2014年 07月 14日
尾山頭の虫送り その1 -青森県七戸町-
前から一度は見てみたいと思っていた、七戸町尾山頭(おやまがしら)の『尾山頭の虫送り』をやっと自分の目で見る事が出来ました。
これが実に素朴で味わいのある行事でした。
見ていて本当に感動しました!

七戸町尾山頭地区は戸数わずか17戸の小さな集落で、青森県内で一番古い歴史を持つと言う「千曳神社」があります。
虫送りは旧暦の六月十五日に行われる「千曳神社例大祭」の翌日に行う行事です。
津軽地方の虫送りとはやや趣が異なっていて、藁で出来た男女二体の人形を集落境界に送って、五穀豊穣、家内安全を託す行事です。

私がお邪魔した時には既に、集会所の前には完成した人形が安置されていました。
f0149209_1842218.jpg




髪の毛が緑なのは以前畜産用の飼料にしていたオーチャードと言う牧草を使っているとの事でした。
人形には、小さなおにぎりが下げられていて、集落全戸分結ばれているそうです。
家内安全を人形に託しているんでしょうね。
f0149209_18455021.jpg

f0149209_18461281.jpg

f0149209_1848612.jpg

そして、お神酒が奉げられます。
お祈りに来た方々はお神酒を頂いて行ってました。
f0149209_18482652.jpg

f0149209_18484464.jpg

f0149209_1849496.jpg

その2へ続く。

by jazz-photo | 2014-07-14 18:51 | 祭り・イベントの風景 | Comments(2)
Commented by JADE at 2014-07-17 09:43 x
マ....マニアックすぎてびっくりしました(^^;;
これは見たいですね!是非見たいです~
Commented by jazz-photo at 2014-07-18 19:33
JADEさん、こんばんは。
マニアックでしたか?
私は虫送りが大好きなので、あちこちに出かけてます。
開催日や時間が重なりますので、本当に撮影は難しいですが、どうかご覧になってください。


<< 尾山頭の虫送り その2 -青森...      ツキノワグマの足跡発見 -青森... >>