2014年 11月 02日
今こそフィルムカメラ2 -OLYMPUS OM-1ー
第2話は、オリンパスの名機「OLYMPUS OM-1」をご紹介いたします。
オリンパスの有名な設計者 米谷美久氏の手によるカメラで、設計者の名前まで知られるカメラは中々ないのではないでしょうか。
1973年発売で、当時高機能のカメラは大きくて重たいのがむしろステータスだった頃、コンパクトで高機能のシステムカメラはむしろ、真逆の方向性を持っていた時代です。
その中で、異彩を放つ存在感とシステムカメラとしての堅牢性と発展性を示したのは、本当に快挙でした。
発売後は、カメラ界に衝撃が走り、その後、カメラの小型化競争が勃発しました。

私のカメラも、まだまだ現役で活躍しています。
ペンタ部にブリスターが発生していますが、機能には関係ありませんので!
f0149209_1884443.jpg




minolta SRT101緑のROKKORとは違い、アンバーとパープルの多層膜コーティングが美しい50mm/f1.4です。
f0149209_1894220.jpg

本当にカメラらしいカメラですね。
実は、米谷美久氏の設計思想は、オリンパスのデジタルカメラに脈々と受け継がれています。
素晴らしいことですね。
f0149209_18121654.jpg


by jazz-photo | 2014-11-02 18:12 | 写真機 | Comments(0)


<< 牛滝 -青森県佐井村-      今こそフィルムカメラ1 -mi... >>