2014年 11月 16日
4-23 -青森県五所川原市-
4-23(よんのにじゅうさん)
聞き慣れないかも知れませんが、旧青森県りんご試験場が1968(昭和43)年に「ふじ」に「マヘ7」 を交配して育成したもので、1975(昭和50)年に選抜したリンゴなのだそうです。
4-23』はその選抜過程の個体番号と言うことです。
言い換えれば、品種名が付かなかったリンゴなのです。
特徴は、渋い真紅の果皮でしょうか!

この真紅を写真に撮るのにちょっと苦労したのですが、ほぼ実物通りの色になったような気がします。
f0149209_20411737.jpg

f0149209_20415713.jpg




この『4-23』は、五所川原のHさんが大切に守ってきた幻のリンゴです。
その食味は何とも言えない素晴らしさなのですが、栽培には苦労する品種だという事で、今ではほんの少数の農家さんだけが栽培を手掛けています。
ですので、市場に出回ることはほとんどなく、直売所などで稀に見かけることがあるようです。
果肉の中にも赤い筋が見られます。
「赤いリンゴ」なのです!
f0149209_20473097.jpg

Hさんのお話では、自家用に栽培しておられるとのことですが、根強い『4-23』ファンの方がいらして、その方のご要望で僅かに出荷しているだけとのことでした。
実は、私もこのリンゴを食べてみて、そのお気持ちが分かるような気がしました。
本当に素晴らしいです!
ご苦労はあると思いますが、是非とも守り抜いて下さることを願うばかりです。
f0149209_20504834.jpg

f0149209_2051663.jpg

そして、その『4-23』を使ったリンゴクレープ!
五所川原の「みどり亭」さんのオリジナルスイーツなんです。
幻のリンゴを使った贅沢な一品です(^^)v。
これについては、また後程(爆)。
f0149209_205562.jpg


by jazz-photo | 2014-11-16 20:55 | 技の風景 | Comments(6)
Commented by JADE at 2014-11-17 09:40 x
林檎農家さんの間では有名なリンゴなのだそうですね!私も一度偶然買って、その味に驚いた事があります!それ以来、見かけたら迷わず買っています。写真見てるだけで食べたくなりました!!
こちらだと、七戸の道の駅にごく稀に出荷されてることがありますよ!
Commented by トリトン at 2014-11-17 11:43 x
こんにちは。
幻のりんご・4-23なのですね。

りんご大好き人間の私にも堪らない記事です。

写真から察するところ、「レッドゴールド」に近い品種ですね。

今年もいろいろな品種のりんごを食しましたが、りんごはとっても美味しいですね~。

先日、食した「群馬名月」が美味しかったですね~。
このごろは、「シナノスイート」が美味しいですね。

近いうち、岩手の人気品種「はるか」を食したいと思っております。

今日は、土曜日の代休で骨休めの休養です。

ではまた。
Commented by hitatinotono at 2014-11-17 19:30
幻のリンゴですかぁ~^^。
是非とも食いとう御座います。
Commented by jazz-photo at 2014-11-17 20:21
JADEさん、こんばんは。
私もJADEさんの過去記事を探して読みました。
召し上がっていらしたんですね。
七戸にも栽培農家さんがいらっしゃるんですね。
ネットで調べたら北海道の農園で通販していました。
また、七戸に行くようですね(^^)v
Commented by jazz-photo at 2014-11-17 20:24
トリトンさん、こんばんは。
はい、本当に希少な4-23なんですよ。
リンゴの品種は多いんですが、その中でも最も見かけないリンゴだそうですよ。
「群馬名月」や「シナノゴールド」は青森でも栽培されている農家が増えましたね。
どちらも美味しいですよね!
「はるか」ですか?
今度、探してみますね!
代休でしたか。
お疲れ様です。
Commented by jazz-photo at 2014-11-17 20:25
tonoさん、こんばんは。
確かに関東ではないかもしれませんね。
でも、ネット検索すると北海道の農園で通販しています。
簡単に見つかると思いますので、是非とも食べてみてください。
凄いですよ!
果皮が美味しいんです!


<< 留長果樹園さんの紅葉リンゴ -...      『茶房ひまわり』さん -青森県... >>