2015年 03月 12日
東日本大震災に想う その2
私達が活動していた福島の津波被災地区の様子です。
新築の家屋が一軒だけその姿を残していました。
しかし、家の外観とは裏腹に家の中は津波でめちゃくちゃになっていました。
物凄い津波の破壊力です。
f0149209_2053784.jpg




この地区では自衛隊の皆様による懸命な捜索活動が続けられていました。
本当に丹念に捜索されていました。
捜索の終了した場所には旗が掲げられています。
f0149209_2059220.jpg

津波で破壊された消防団の消防車です。
f0149209_21122866.jpg

こちらは地震の破壊力で曲がりくねったJR常磐線です。
まるでジェットコースターのように折れ曲がっています。
人間の想像を超えた破壊力を目の当たりにしました。
f0149209_21112978.jpg

地震で破壊された送電鉄塔です。
地面には送電線が。
f0149209_21132979.jpg

地震や津波の破壊力は私達人間の想像をはるかに超えるものです。
むしろ、こうした自然災害に対して人間は無力であると!

その3に続きます。

by jazz-photo | 2015-03-12 21:16 | その他 | Comments(4)
Commented by ヒカリ at 2015-03-13 16:52 x
JAZZさん、この間はありがとうございました。
最後の言葉は、その通りだと思います。
ジーンとしたものがありました。
で、思ったのですが、
画像に残してくれて、ありがとうと(*^_^*)
お忙しいと思いますが、
お身体はお大事にしてくださいね。
Commented by oyajimidori at 2015-03-13 17:34 x
風化させてはいけないことですね!
やっぱりJAZZさんは凄いです、くれぐれもお体を大切になさって下さい。本当にお疲れ様です!
Commented by jazz-photo at 2015-03-19 18:49
ヒカリさん、こんばんは。
こちらこそ有難うございます。
実は写真はあまり撮っていないんです。
当初は携帯しかありませんでしたが、とても被災地を撮影する気にはなれませんでした。
Commented by jazz-photo at 2015-03-19 18:52
oyajimidoriさん、こんばんは。
はい、絶対に風化させてはいけないですね。
災害は繰り返されますから。
地層を調べると古い時代の津波の痕跡がわかるそうです。
怖さを感じなくなったら危険です。


<< 東日本大震災に想う その3      東日本大震災に想う その1 >>