2015年 03月 13日
東日本大震災に想う その3
多くの皆様にご覧頂き、本当に有難うございます。
心よりお礼申し上げます。

震災での被災は一瞬の出来事なのですが、その後の生活再建や復興には長い長い時間がかかります。
そして、その間には被災者の皆様の多大なご苦労と折れない精神力が必要です。
しかも、福島の皆様は原発事故による汚染と風評被害が重くのしかかっています。
この現状を決して忘れてはなりません。

原発事故による避難地区での一時帰宅が始まったある日。
私は福島市に避難されているご家族にお会いしました。
ご主人がご病気という事で、奥様お一人でご自宅に戻ることになった前日に、私は奥様から黄色いTシャツと油性ペンをお預かりしました。
一人での一時帰宅が不安なので、是非メッセージを書いて欲しいとのことでした。
避難先での不自由な暮らしを目の当たりにしていた私としては、何と書いていいものか正直迷いました。
その様子をご覧になっていた奥様は、
応援メッセージを書いていただけますか。背中を押していただければ思い切って戻ることが出来る気がします。
と声を掛けて下さいました。
f0149209_20544526.jpg




翌日、その奥様は背中いっぱいに応援メッセージが書かれたTシャツを着てご自宅への一時帰宅に向かいました。

美しい景色ですが、この景色は原発事故から約半年が過ぎた福島県浜通地区です。
毎年繰り返される紅葉はまるで事故がなかった時と同じ美しさを見せてくれていました。
f0149209_2155582.jpg

f0149209_2161146.jpg

最後にご紹介したいのが、こちらです。
福島駅前にある、2009年4月11日に生誕100年を記念して設置された古関裕而(こせき ゆうじ)さんの彫像です。
福島市は古関裕而さんの故郷です。
古関裕而さんと言えば、私の中では東京オリンピックの開会式で流れた「オリンピックマーチ」ですね。
今では、夏の全国高等学校野球選手権で流れる「栄冠は君に輝く」でしょうか。
f0149209_21114331.jpg

福島は素晴らしい所です。
今こそ、皆様も福島への旅を計画されてみてはいかがでしょうか。

by jazz-photo | 2015-03-13 21:22 | その他 | Comments(4)
Commented by ヒカリ at 2015-03-15 18:25 x
Tシャツにメッセージとは、いいですね(*^_^*)
後押しって感じが凄くしました。
何事もなかったようね景色を見て、
涙が出てきそうになりました。
私もまた、福島の友達の所に
行って来ようかと考えています。
今度はお泊りして、色々語り合いたいと♪
人の繋がりって、ステキですよね(#^.^#)
Commented by hinachan at 2015-03-16 13:27 x
こんにちは

4月から
福島デスティネーションキャンペーンです
私も何度か
福島を訪れる予定があります
チャンスが合えば
ご一緒しましょうね
Commented by jazz-photo at 2015-03-19 18:54
ヒカリさん、こんばんは。
ええ、何かのお役にたてればと思って、応援メッセージを書かせて頂きました。
そうですね、是非お出かけしてみて下さい。
良い所ですね。
人と人の関係って、温かくてそして勇気をくれますね。
Commented by jazz-photo at 2015-03-19 18:55
hinachanさん、御無沙汰しています。
そうなんですね。
知りませんでした。
一緒に福島の円盤餃子を食べたいですね。


<< 茶房ひまわりさんの額縁 -青森...      東日本大震災に想う その2 >>