2015年 04月 02日
能舞『鐘巻』 その1 -青森県むつ市大畑町-
先月、むつ市のむつ来さまい館で行われました「郷土芸能定期公演会」の3月公演を楽しんでまいりました。
3月の出し物は、むつ市大畑町上野(うわの)地区に伝えられている能舞を受け継ぐ「上野娯楽会」の皆様による『鐘巻』でした。
これが、本当に素晴らしいもので、鑑賞していて鳥肌が立つほど感動しました。
鐘巻』の内容に関しては私が説明するより検索サイトでご覧頂いた方が正確なのですが、「道成寺」の原型とも言われているようです。
これが観られて本当に良かったと思いました!
f0149209_20173481.jpg





ダイナミックな動きの中にも繊細さがあって、観るものを能舞の世界に引き込んでいきます。
f0149209_20194740.jpg

f0149209_2020062.jpg

長者の一人娘は大変に信心深い娘で、各地のお寺にお参りをして歩いていたそうです。
そして、ある日女人禁制の鐘巻寺に辿り着きました。
f0149209_20242019.jpg

f0149209_20243560.jpg

f0149209_20244758.jpg

f0149209_202515.jpg

素晴らしいですね!

その2に続く

by jazz-photo | 2015-04-02 20:25 | 歴史の風景 | Comments(0)


<< 能舞『鐘巻』 その2 -青森県...      『美味小屋 蛮』さんのアランド... >>