2016年 03月 05日
『阿部家の提重』 -青森県五所川原市ー
青森が誇る銘酒「田酒」そして、五所川原が誇る焼き物「津軽金山焼」。
そして、・・・・。
f0149209_18163413.jpg




朱漆が美しい漆器。
五所川原市の名家『阿部家』に伝わる「提重(さげじゅう)」なんです。
f0149209_18195345.jpg

実は、『阿部家』は、私がいつもお世話になっているあの「お蕎麦と鯛茶のみどり亭」さんです。
建物は文化庁が指定する「国指定有形文化財」に登録されています。
この「提重」は、昨年ランチにお邪魔した時に蔵に所蔵していた品々をご厚意で販売されていた中の一つでした。
その造りは素晴らしく、どの様に使ってたのかと思うと、何だかタイムスリップしそうです。
f0149209_18314477.jpg

ネットで調べてみると、「提重(さげじゆう)は,花見遊山など外での酒宴等に便利なように,携帯用重箱として工夫されたものである。組重箱をそのまま手提台にのせ,さげるようにした簡単なものと,提鐶(さげわ)のついた枠型の中に重箱,銀あるいは錫製の酒瓶,杯,銘々皿などを一具として組み入れたものがある。」とのこと。
いわば、現代版花見重箱セットのようです。
中の道具は、枠型の一枚を引き上げることで取出すことができます。
f0149209_18371831.jpg

これが本当に美しいです。
f0149209_18374895.jpg

f0149209_1838196.jpg

f0149209_18381541.jpg

一番左が酒器です。
水を入れて測ってみたら、丁度2合入りました。
年代的には明治に作られたものと思いますが、満開の桜の下で美味しい肴とお酒を楽しんだんでしょうね。
f0149209_18433091.jpg

また、枠型の漆も素晴らしいです。
この艶が何とも妖艶で!
f0149209_18471813.jpg

大きさは、カメラと比較して頂ければわかると思いますが、大きくはないです。
本当にお花見や紅葉を一人で楽しむ時に持って行ったのでしょうね。
f0149209_18483947.jpg

この素晴らしい提重をお譲り頂いたみどり亭さんにお礼を申し上げます。
大切に使わせて頂きます!
但し、代々の阿部家当主のような粋人にはなれないですが、せめて気分だけでも。

by jazz-photo | 2016-03-05 18:52 | 歴史の風景 | Comments(4)
Commented by oyajimidori at 2016-03-05 20:36 x
阿部家においておくより、間違いなくJAZZさんに綺麗にして頂き喜んでいるようです!
写真もずば抜けてナイスです、完全に蘇りました。
素敵なブログで取り上げて頂き、ありがとうございました!
Commented by piachan7 at 2016-03-06 00:35
お花見に使うさげ重ですね。
こんな綺麗なお重に お酒やらお料理やら入れてお花見って とても優雅ですね。
水戸の偕楽園に行ってきましたよ。
パソコンが修理から戻ってきたので さっきアップしました。
弘道館へも行ってきました。
アドバイスありがとうございました。
Commented by jazz-photo at 2016-07-20 23:40
oyajimidoriさん、こんばんは。
そんな(^^;)。
今年の春は忙しくてダメだったので、今度こそ紅葉でデビューですね!
こちらこそ、貴重な提重を有難うございました。
Commented by jazz-photo at 2016-07-20 23:41
piachan7さん、こんばんは。
はい、そうなんです。
偕楽園や弘道館周辺は今も整備が進んでいます。
是非またいらしてみて下さいね。


<< 東力士 -栃木県那須烏山市ー      『溝ノ百合』の煮干しそば -茨... >>