2016年 04月 30日
ヘキサノンレンズで撮る『備前堀水辺マーケット』 -茨城県水戸市ー
春になると満々と水を湛える『備前堀』に、ゴールデンウィークには鯉のぼりが泳ぎます。
その備前堀で、「備前堀水辺マーケット」が開催されました。
f0149209_1635255.jpg




今回は、このイベントをデジタルレンズではなく、愛用のOLYMPUS OM-D E-M1HEXANON AR 40mm/f1.8を組み合わせて撮影いたしました。
当然マニュアルフォーカスになりますが、撮影はとても楽ですし、撮影した写真を見るととても古いレンズにも拘わらず、その古さを感じさせない秀逸な描写を披露してくれました。

f0149209_16394278.jpg

f0149209_1640560.jpg

f0149209_16402362.jpg

f0149209_1640592.jpg

f0149209_16411120.jpg

f0149209_1646555.jpg

かつて水戸市内には路面電車が走っていました。
私はその電車に乗ったことがあるのですが、今の若い世代の皆さんはその存在すらご存じないかもしれません。
古い写真が展示されていますが、行先表示が「大洗」となっているのが確認できます。
水戸と大洗の磯浜を結んでいたことから「水浜電車」と呼ばれて親しまれていました。
f0149209_16434090.jpg

古いのか先進なのかは定かではありませんが、感電しなければいいのですが・・・・。
f0149209_16453296.jpg

今回使用致しましたHEXANON AR 40mm/f1.8は、俗にパンケーキレンズと言われるコンパクトなレンズンzのですが、アダプターを介すると堂々たるレンズの長さになってしまうのは御愛嬌ですね!
f0149209_16584454.jpg

このレンズは1970年代のレンズなのですが、設計した方は女性エンジニアのS氏です。
勿論、設計に男性女性の別などどうでもいいことなのですが、やはり優しい描写は良いですね!
室内ですと、質感までも感じる描写になります。
f0149209_172115.jpg

屋外で少し絞り込んでいくと芯のあるキリッとした描写が心地良いですね!
良いレンズです。
f0149209_1734197.jpg


by jazz-photo | 2016-04-30 17:03 | 祭り・イベントの風景 | Comments(0)


<< フォト・エッセイ 第九章 「コ...      写真展「石岡の風と土 retu... >>