2017年 02月 10日
津輕・南部きまま旅(5) ー青森県三沢市ー
さて、七戸町名物「旧正まける日」を堪能した私が次に向かったのが三沢です。
三沢には以前に住んでいたこともあって、旅行と言うより「故郷探訪」と言った方がぴったりかもしれません。
そんな、温かな気持ちになれる街なのです。
その三沢でも、本当にお気に入りで通ったお店がこちら「宝寿司」さんでした。
今回、久々にお邪魔することができました。
そこには、時間の空白を感じさせない居心地の良さがあって、昨日もカウンターに座っていたような錯覚に陥る親しみやすさに溢れています。
大将や板さんの笑顔や何気ない会話が「来て良かったな~」と思う場所なんですよね。
そこには青森の皆さんの飾らないおもてなしの心と優しさに満ちた空間が広がっているようでした。
f0149209_2118213.jpg




最初に出されたお刺身も、私の好みをちゃんと覚えていて下さってますので、何も言わない阿吽の呼吸のような感じです。
f0149209_21205860.jpg

f0149209_21211149.jpg

津輕海峡で獲れた本マグロの中トロ、大トロは言葉が出ませんでした。
そして、おまかせの握り。
まさに至福の時でした。
f0149209_21231933.jpg

大将、板さん、本当に有難うございました。
f0149209_21253421.jpg

ご馳走様でした!

by jazz-photo | 2017-02-10 21:23 | 旅行記 | Comments(0)


<< 津輕・南部きまま旅(6) ー...      津輕・南部きまま旅(4) ー... >>