2007年 10月 28日
下北の霊場 -恐山-
恐山(正式な名称は恐山菩提寺)はもうすぐ冬支度に入ります。
こちらは、なかなかご紹介する機会がなかったので、冬の閉山前にご紹介することにします。

私が訪れた日は『恐山秋詣り』の最終日でした。
f0149209_865267.jpg

恐山と言えば、このイメージが強いですね。
f0149209_8105670.jpg

ここでは、ウルシの葉も一足早く紅葉していました。
f0149209_8125560.jpg

こちらは宇曽利湖(うそりこ)です。
亜硫酸ガスが溶け込んでいるために強い酸性なのですが、ウグイと言う魚が棲息していることでも知られています。
f0149209_8153314.jpg

雲が恐山らしいイメージを作り出しています。
f0149209_8162026.jpg

極楽浜で祈る女性。
f0149209_8343931.jpg

恐山と言えばイタコの口寄せが有名で、この日も多くの方が順番待ちをしていました。
恐山にイタコが集まるようになったのは昭和30年頃からなのだそうです。
今は、夏と秋の大祭の時に見られます。
f0149209_8352829.jpg

大きな幟も恐山の象徴です。
f0149209_8394045.jpg

凄い名前のアイスですが、ちょっと怖くて手が出ませんでした(^^;)。
f0149209_84059100.jpg


恐山は11月1日から翌年4月30日までは閉山となります。
これから雪の中でひっそりと静寂の時を迎えます。


by jazz-photo | 2007-10-28 08:43 | 自然の風景 | Comments(29)
Commented by tengtian60 at 2007-10-28 10:02
おはようございます!^^

お時間タップリの余裕の画像ばかりです・・・^^
お勉強させていただきました!(^_-)-☆
やはり・・・かざぐるまですね~・・・

ご出張ですか?
お気をつけて行ってらっしゃーーい!^^
Commented by jazz-photo at 2007-10-28 10:30
☆タンさん、おはようございます。
今日は移動日なので、珍しくどこにもで掛けないで、部屋にいます(^^;)。
確かに1時間ほど散歩してました。
こんなので、参考になりましたでしょうか??
風車、カラス、灰色の雲が恐山写真の三点セットとなっております(嘘、嘘)。

これから路線バスで野辺地駅まで出て、それから東京へ向かいます。
はい、気をつけて行って来ます。
どうもありがとうございます。
Commented by kashiwa at 2007-10-28 11:23 x
こんにちは
師匠!お手本というにはハードルが高すぎます。恐れ入りましたm(__)m
ウルシの赤の美しいこと!カメラアングルも素晴らしいですね。
夫が私の写真を見て絵を描く人間が撮ったと思えない!と驚いています(爆)
Commented by 青い森から at 2007-10-28 18:19 x
こんばんは
ヨモギアイス、食べましたよ。なんとも言えない味でした。

恐山は、亡き人の冥福を祈る霊場、仏様の信仰の場、大祭のときは多くの方が訪れます。

なんだかんだ言いましたが、なかなか行けない場所です。
Commented by 落武者 at 2007-10-28 19:57 x
もう閉山になるのですね・・・・
てことは釜臥山の展望台も閉鎖か・・・・秋の夜景一度みたかったな・・・
Commented by たかさん at 2007-10-28 21:14 x
こんばんは、青森転勤中に1度訪れたことがあります。
なんとなく不気味な空間で、TVで放映されたシーンと同じ光景を見て感動していたことを思い出します。
硫黄泉には入らなかったのでしょうか?
宇曽利湖は強酸性で、ウグイが棲息していることは青森のTVでも放映されていましたが、環境に馴染む力は凄いですね。
Commented by きんた at 2007-10-28 21:21 x
こんばんは。
むつ市に小さい頃に住んでいました。
親戚もいるので、なじみのある土地です。
お墓参りでむつに行ったとき、恐山によってけいらんを食べた時がありました。
大祭時ではなかったので閑散としていましたが、なかなか美味しかったです。

恐山の地下には、世界最大級の金山があるとかいう噂も聞いたことがあります。
真偽のほどは不明ですが・・・
Commented by jazz-photo at 2007-10-28 22:33
☆kashiwaさん、こんばんは。
ついに師匠になってしまいましたか?(爆)
赤い色を表現する時は晴れた状況ではダメなんですよ。
曇りがベストで、やや暗く写すと赤が引き立ちます。

kashiwaさんでしたら構図は簡単ですよ。
液晶画面をキャンバスだと思えば良いだけです!
ねっ、簡単でしょ?
Commented by jazz-photo at 2007-10-28 22:35
☆青い森からさん、こんばんは。
ヨモギアイスは青臭くないんでしょうか?

確かになかなか行けない(行かない)場所ですね。
でも、行って見ると公園のようで決して不気味ではありませんよね。
Commented by jazz-photo at 2007-10-28 22:38
☆たかさん、こんばんは。
じゃあ、一周されたんですね。
晴れてさえいれば不気味な感じではないのですが、風車などが不気味に感じるかもしれないですね。

はい、人が多かったので温泉には入りませんでした。
さすがのウグイも産卵だけは酸性じゃない川に遡上するそうです。
Commented by jazz-photo at 2007-10-28 22:41
☆きんたさん、こんばんは。
そうなんですか、むつに住んでらしたんですか?
恐山で「けいらん」ですか?
私は食堂に寄った事がないんです。
珍しいものがあるんですね。

地下に金山があるという話も初めてです。
じゃあ、お宝の上にお寺があるわけですね!
でも、掘ったらばちが当りそうです(^^;)。
Commented by reev21 at 2007-10-29 00:12 x
こんばんにゃおー☆

今日、恐山から薬研へ行って見ました。
社殿後方の山が綺麗に紅葉していて、とても綺麗でした。
また、薬研へ通じる県道4号線沿いも、見事な景色を楽しませくれまし
たよ。 いよいよ、里の紅葉が見頃を迎えつつありますね。
Commented by ACHILLES8 at 2007-10-29 00:50 x
昨年、秋の大祭の時に20数年ぶりに恐山に行きました。
入山してから、なんか肩が重いような感じがしていましたが、
下山して山門を出たら途端に軽くなったような....
誰か居たんでしょうか!?
心当たりは.....2人ほどいますけど。
Commented by jazz-photo at 2007-10-29 01:14
☆reev21さん、こんばんは。
おお、恐山から薬研ですか!
何とも紅葉真っ盛りのコースじゃないですか!
紅葉もいよいよ下がってきましたね。
昨日走った、みちのく有料道路も見事でしたよ。
Commented by jazz-photo at 2007-10-29 01:17
☆ACHILLESさん、こんばんは。
霊感の強い方はそうなるらしいです。
実は以前、私もそうでした。
今回はそれを避ける方策を教わっていましたので、それを実践しましたので大丈夫でした。

くっついてくる霊は知ってる方とは限らないようですよ。
今度、お会いした時にその方法をお教えいたしますね!
Commented by jazz-photo at 2007-10-29 01:21
☆落武者さん、こんばんは。
レスの順番が入れ替わってしまってすいませんでした。
そうなんです。もうすぐ冬です。
釜臥山展望台は確か11月3日まででしたね。
まだ間に合いませんか?
Commented by まっちゃんぼ at 2007-10-29 07:57 x
5年ほど前亡くなった母親と行きましたね。やっぱり、セルロイドの風車のドギツイ色と周囲の環境の落としどころが大変難しかった記憶があります。それと、恐山の近くの急斜面がある道路も印象が深いです。軽自動車なので何とかごまかしながら上りきりました。
Commented by bayabayatto at 2007-10-29 20:29
こんばんは~
びびりながらも更新を待っていました、恐山。
うるし、天鵝絨のようですね。うっかり触れたくなってしまいます。あの世とこの世の境、彼岸花のようにも見えますね。
先日、大戦前後の下北を舞台にした水上勉の本を読んでいたら、みんなでわいわいと恐山詣でに繰り出している情景がかかれていました。
いつかわたしも行きたくなる日がくるんだべが…。
Commented by 義人@まるごと青森 at 2007-10-29 22:29 x
こんばんは。
先日はどうもありがとうございました。私は一番最初に名詞を頂いた方です(笑)。
いつみても素晴らしい写真です。reevさんの恐山もかなり綺麗ですが、jazzさんの恐山にも一枚一枚に何かが込められているようで素敵です。
また、お会いできる日を楽しみにしています。今度はぜひランチタイムか夕刻に・・・(笑)。
Commented by jazz-photo at 2007-10-29 23:34
☆まっちゃんぼさん、こんばんは。
初めまして。
確かにおっしゃることが良く判りますね。
どこまでが現実でどこからが虚像なのかも判然としないです。
まあ、それが霊場と言うことなのだと思いますが。

確かに軽自動車では厳しいですね。
私はカーブに安置しているお地蔵さんが不気味でした。
Commented by jazz-photo at 2007-10-29 23:37
☆やすおさん、こんばんは。
そうですか、やすおさんは霊場が苦手でしたか?
確かにウルシの葉はビロードのようですね。
そうですね、恐山は正直なところ無理していく場所ではないですので、時が来ればと言う事になるのでしょうね。
私自身も今回で二回目でした。
Commented by jazz-photo at 2007-10-29 23:42
☆義人@まるごと青森さん、こんばんは。
この前は突然で申し訳ありませんでした。
私も皆様にお会いできて、本当に嬉しかったです。
しかも、仕事もどことなく「お仲間」のようで親しみがありました。
写真は本当に恐縮です。
reev21さんとは似てるようで違うと言われます。
自分では意識しないのですが、個性が有るんでしょうね。
今後とも、どうかご意見をお聞かせいただければ嬉しいです。

今度は仕事が終わった頃寄りますので、いろいろ勉強させてください(^^;)。
Commented by piko at 2007-10-30 06:52 x
JAZZさん、おはようございます^^
恐山取材 お疲れ様です!
私霊感・・・かなりあるので、ここは、恐怖です!!
そして、コメント入力も、命がけぇーーーーー!!(爆
なら、来るなっ!! って、おっしゃらないでねっ^^
JAZZさん、いるところ 参上いたしますっ!!(笑
出張・・・もどられたのでねっ!!
朝 晩 寒いから、お風邪ひかないように・・・!!
Commented by jazz-photo at 2007-10-30 07:34
☆pikoさん、おはようございます。
pikoさんもですか?
実は私もそうなんです。
でも今回は秘策があったんです。
それを実践してみたら見事OKでした。
コメントも命がけだったんですか(^^;)。
写真にしてしまえば、大丈夫ですよ!

はい、昨日の夜遅く帰ってまいりました。
東京もかなり涼しくなってましたけどやはりこちらの方が気温は低いですね。
pikoさんもご自愛下さいね。
Commented by piko at 2007-10-30 08:08 x
その、秘策とは・・・?
粗塩??
鏡?
般若心経??
その、秘密是非、ご伝授ーーーー!!
(私、TVや、PC画像も、だめなんですっ!
急に頭がんがん、めまいもーーーっ、そんなときは、すぐ、スイッチoff
しちゃいます。><
ここは、大丈夫みたい・・。秘策 効いてるのかな(笑う
Commented by hisako-baaba at 2007-10-30 14:59
恐山・・・やっぱりこわい印象・・・この日の雲も・・・漆の赤も・・・風車も・・・

恐山は、釜伏山の一部なのでしょうか?

我が家では、引越して1年が過ぎ、仏壇のお位牌が古いままなのが気にかかって、会津塗りのお位牌を新調。25日に新しいお位牌に引っ越していただく儀式をして頂きました。
今日今から古いほうを片付けて・・・ご先祖様も新居に移転完了です。
こういうことって何かほっとするんですよね。
Commented by jazz-photo at 2007-10-30 21:13
☆pikoさん、こんばんは。
ちょっとコメント欄では書きにくいの(簡単なことなのですが)で、鍵コメでアドレスを入れていただければお教えいたします(^^;)。

私の写真は秘策がバッチリ効いてますよ(^^;)!
Commented by jazz-photo at 2007-10-30 21:17
☆hisako-baabさん、こんばんは。
恐山はイメージが怖いんですね。
名前にも「恐」が付いてますし・・・。
快晴のときはただの公園のように見えますが、一旦雲がかかるとこわくなってきますね。

ご先祖様を大切にすることって、絶対に忘れてはいけないことです。
私も単身赴任で父の墓参にはなかなか行けないのですが、この日、きちんとお祈りしてきましたよ。
Commented at 2007-10-30 21:28 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。


<< 下風呂稲荷神社の宵宮      錦の彩り -中野のもみじ山- >>