2007年 12月 05日
八戸柳町界隈
どこの街にも、どこか懐かしく、心の重荷をそっと降ろせる場所があります。
ここ、八戸の柳町界隈もそんな場所です。

新井田川に架かる八戸線の鉄橋
f0149209_223884.jpg

静かに釣りを楽しむ地元のおじさんも景色の一部です。
f0149209_2234782.jpg

川岸の道路は、高さがなくて注意が要ります。
道路高さは2.2m。
f0149209_2252225.jpg

柳橋の近くにある「柳橋の子供」と言う意味なんでしょうか?
f0149209_2261927.jpg

柳橋下には更なる低さが見えてきます。
f0149209_2292471.jpg

川岸には自家用に干したイカが風に揺れていました。
f0149209_2211015.jpg

もはや、屈まずには通れない高さです。
何と、1.65m!
f0149209_22114710.jpg

歴史を感じますが、人の気配がなくなった廃屋は、何か寂しそう。
f0149209_22143930.jpg

『ホロキ長根』。
この地名の由来は一体?
f0149209_22145641.jpg

「夕凪食堂」。素敵な名前の食堂です。
f0149209_22161989.jpg

道路に面して、イカを干している女性に会いました。
f0149209_2219977.jpg

美しく揃って干されたカレイも彼女のこだわりです。
f0149209_22201344.jpg

こちらはスケトウダラを干したもの。
飴色の身が透き通ってます。
f0149209_22232840.jpg

味見に、カレイを一枚頂きました。
噛むと海の香りが口一杯に広がります。
f0149209_22244267.jpg

路地裏から見える八戸線陸奥湊駅
f0149209_22275376.jpg

人情と潮の香りが人の心を癒す場所です。
f0149209_22285264.jpg

※「ホロキ長根」については、一説に「法力長根」と言う話も聞いた事があります。
もしご存知ならコメント欄で教えて頂けると幸いです。


by jazz-photo | 2007-12-05 22:31 | 街角の風景 | Comments(24)
Commented at 2007-12-05 23:56 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by jazz-photo at 2007-12-06 00:07
☆2007-12-05 23:56の鍵コメ様
こんばんは。
なるほど、そう言う見方もあるんですね。
同じようなものを写していても、見てくださる方によって印象が変わるんですね。
そのように言っていただけると本当に嬉しいです。
私自身は、写真を通して知り合えた方々が何よりの財産と思っています。
ありがとうございます。
Commented by tnysatcmo at 2007-12-06 00:53
ううむ。
ことばなし。
昔の思い出が走馬灯の様に。。。
こういう風景、ヒトのおシャシンって、ぐっときますね〜〜。
Commented by kashiwa at 2007-12-06 00:54 x
こんばんは

わぁ~!!jazzさんありがとうございます!
最初の映像付近に小学校の友人家があったはずです^^橋げたがそんなに低いとは知りませんでした。
ホロキ長根!懐かしい地名です ホロギ長根といってましたがカタカナだとはびっくりです。
陸奥湊駅はホームからココを電車が来るまで描いていましたから窓の数まで覚えています。
もう嬉しいおどろきでいっぱいです!そうそう!つりをしているおじさんのスタイルはあの辺のポピュラーなスタイルですよね。なつかしいわぁ~〔笑〕

Commented by ACHILLES at 2007-12-06 07:50 x
八戸にも不思議な地名が結構ありますね。
すぐには浮かびませんが他にもいくつか。

釣りをしているおじさん(おじいさん?)のほっかむりは
ウチの嫁さんのツボにはまるファッションみたいです。
Commented at 2007-12-06 10:03
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2007-12-06 10:05
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2007-12-06 10:06
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by トリトン at 2007-12-06 19:05 x
今晩は。 トリトンです。

今回はモノクロームの世界ですね。
これはこれで趣があるものです。
レトロな雰囲気にも見えるかしら・・・。

イカもカレイも美味そうです!
そそられる風景です。

がんばれ、おばあちゃん、おじいちゃん!!
Commented at 2007-12-06 19:08 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by たかさん at 2007-12-06 19:31 x
こんばんは、毎日閲覧していますが、なにせ10時半には酔っ払って寝てしまいますので、コメントは翌日になってしまいます。
今回は、モノクロでUPですね!
昭和の良き時代が感じられます。
イカやスケトウダラ干しの風景が、gooで、茨城では見れませんからね。
Commented by hisako-baaba at 2007-12-06 21:56
働き者らしさの良いお顔されているおばちゃん。自然に干した干物美味しそうですね。

↓から揚げは揚げたてが最高ですよね。その上凄く安い・・・食べたくなります。
Commented by tengtian60 at 2007-12-06 23:34
こんばんは!^^

心の重荷を下ろせましたか?^^
お魚のアングルがとってもいいですね~^^
カレイは透き通って見えているのでしょうか?
骨」だけじゃないですよね?^^;
Commented by jazz-photo at 2007-12-07 00:05
☆とにゃままさん、こんばんは。
ありがとうございます。
まるで、昭和のまま置き去りにされたようで、懐かしい場所です。
干物を作る女性に歴史と一途を感じました。
まだ、こう言う場所があると言うことだけでも素晴らしいと思います。
Commented by jazz-photo at 2007-12-07 00:13
☆kashiwaさん、こんばんは。
故郷を思い出していただけたようで、嬉しいです(^^)。
「ホロキ長根」は良くは知らないのですが、法力長根が本当のようです。

陸奥湊駅は良くご存知の場所なんですね。
このあたりの駅は、白銀、鮫などどこの駅も風情があって好きです。

ほっかむりは、「津軽のネクタイ」とも言うそうですね。
温かそうですが、あそこまで決まるには修練が必要でしょう。
Commented by jazz-photo at 2007-12-07 00:16
☆ACHILLESさん、こんばんは。
八戸は不思議な町名やバス停の宝庫だそうです。
今度調べてみようかと思っています。
城下町は面白いですよね。弘前も似たような感じですから・・・・。

奥様は、ほっかむりがお好きなんですか?
では、こんなのはいかがでしょうか?
http://www.osk.janis.or.jp/~kuukan/kaburi.htm
是非やってみてください。
Commented by jazz-photo at 2007-12-07 00:22
☆2007-12-06 10:03、10:05、10:06の鍵コメ様
こんばんは。
早速拝見いたしました。
ブログの方に私から、鍵コメを入れておきましたので、宜しくお願いいたします。
なるべく、ご協力できるようにアップしたいと思います。
Commented by jazz-photo at 2007-12-07 00:25
☆トリトンさん、こんばんは。
雰囲気的にモノクロームにしてみました。
最後だけ、ちょっとカラーなんですが、モノクロに見えちゃいますよね。

ここではご年配の方のほうが、そこの雰囲気にあってるような気がします。

このカレイ美味しかったですよ。
結局、買って帰って、ビールのお供になりました。
Commented by jazz-photo at 2007-12-07 00:26
☆2007-12-06 19:08の鍵コメ様
こんばんは。
早速、メール出してますので、どうかご確認ください。
宜しくお願いいたします。
Commented by jazz-photo at 2007-12-07 00:29
☆たかさん、こんばんは。
晩酌早いんですね。
健康的で良いですね~。

たまにはモノクロームも良いかなと思って、敢えてカラーを止めました。
こういった干物は青森ならではですね。
大洗にある、メヒカリの干物も良いですけどね。
Commented by jazz-photo at 2007-12-07 00:33
☆hisako-baabaさん、こんばんは。
この女性は土地の方ではなくて、お嫁に来てここで長くなってしまったとの事でした。
ご自分の手で塩加減をして干さないと気が済まないのだそうです。
長い付き合いのお客様に、変わらない味を届けるのが嬉しいって話していました。

唐揚げ、安いでしょう?
本当に大丈夫なのか、心配になります。
でも、ひっきりなしにお客さんが入ってくるんですよ。
みんな、美味しいものは良く判ってるようです。
Commented by jazz-photo at 2007-12-07 00:35
☆タンさん、こんばんは。
私の重荷は、なかなか下ろしきれないんですが、少しは下ろしてきましたよ。
魚のアングルですか?
そう言って頂けると、嬉しいです(^^;)。
カレイは透き通っていて、骨や身の繊維が見えています。
干し加減も、生干しっぽいのと乾燥させたものの2種類ありました。
Commented by piko at 2007-12-07 23:20 x
こんばんは^^
モノクロの写真は、なぜか 胸にじーん!と、くるのです。
子どもの頃は、テレビも、白黒でした。いつしか、カラーテレビという、名前のものが、世に出てきて、
うちも、買ったんだと思います。最初は、細い足が四本ついたもの・・しだいに、箱型!! 大型テレビ!!
記憶にあるのは、ビクターの犬の陶器の置物が テレビの上に 大中小・・・と、並べられていた事。
きっと、電気屋さんから、頂いた物なのでしょうね。小さい頃の写真は、みんな、モノクロです!!私は、
モノクロの写真は、昭和の香り、子どもの頃の香り、今はなき 大切な人の思い出、忘れられない思い
全てが、モノクロ写真から、よみがえってくるのです!!    ・・・・・   カラーという、輝きを捨てた分、
大切なものだけが、そこには、写し出されている感じがします!!
Commented by jazz-photo at 2007-12-07 23:53
☆pikoさん、こんばんは。
私が小学生だった頃、新し物好きな父親は、食べるものをすっかり諦めてでもテレビが欲しくて、家族のひもじさを全く無視して、テレビを買いました。
家族で楽しめる筈だったテレビも、プロレスや相撲の日は、座布団持参のご近所さんに占拠されて、家族のためには使われませんでした。
今となっては、ほろ苦い家族の思い出です。

モノクロームの写真は、色を想像する楽しさがありますし、色に惑わされない真実描写があります。


<< 三沢の昼イカ      『塩からあげ』は美味しい! -... >>