2008年 01月 22日
冬の『見町観音堂』
雪が降った日、久しぶりに七戸町の『見町観音堂』にでかけてみました。
『見町観音堂』は、応永3年(1396年)に南部正光公によって長慶天皇の菩提を弔うために建立したと伝えられていて、現存するお堂は後の江戸時代中期のものと考えられています。
いずれにしても、歴史の中でずっと人々の暮らしを見守ってきたお堂なんですね。

参道は雪に覆われていました。
f0149209_2101482.jpg

木立の中から、『見町観音堂』が見えてきます。
とても静かな姿です。
f0149209_2113335.jpg

飾り気のない素朴なお堂が、かえって荘厳な雰囲気を伝えてきます。
思わず見とれてしまいます。
f0149209_213977.jpg

お堂の傍の大木を見上げると、冬の青空が清々しく見えています。
f0149209_214428.jpg

『見町観音堂』を訪れたのは、「狸さん」?それとも「狐さん」?
雪の上に残るのは動物の足跡だけです。
f0149209_217107.jpg

雪の合間の晴れ間に、赤い「ナナカマド」の実が眩しい!
f0149209_2194165.jpg


※ お詫び
しばらくの間、多忙のため、お寄せ頂きましたコメントへの返信が遅くなりますが、どうかご容赦ください。
また、「お友達ブログ」への訪問につきましてもほとんど出来なくなります。
すいませんが、どうかよろしくお願いいたします。
更新だけは、何とか続けていきたいと思っております。


by jazz-photo | 2008-01-22 21:16 | 歴史の風景 | Comments(14)
Commented by tengtian60 at 2008-01-22 23:15
こんばんは!^^

雪は素敵な演出をしてくれますね~^^
素朴って良いものです。
スッピンも!(#^.^#)^^;

お忙しいのですね・・
更新されました時は駆けつけますね!
お仕事頑張ってください。
ご健康には留意なさってくださいね。
Commented by tnysatcmo at 2008-01-23 12:49
簡素だけれどもしっかりした造りですね。
狛犬さんもしっかり守ってらっしゃる。
雪が降った後の晴れ間はとりわけ全て美しく見えますね。

ありゃ、私がそろそろ年末年始を乗り越えて通常営業、と思いきや、jazzさんが多忙に。。。
気まぐれにコメントしちゃうかもしれませんが、ゆるりとかわしてくださいませ。
Commented by さくら at 2008-01-23 20:24 x
雪に覆われた参道、趣があってステキですね。
青空とナナカマドのコントラスト、心がパーッと晴れるようです。

お仕事頑張ってくださいね。くれぐれもお体にはお気をつけ下さい。
お時間ができたら、「辛くなるぐらい分かる」お話、是非聞かせてくださいね。
Commented by らーま at 2008-01-23 22:07 x
なかなか知り得そうもない所を本当によくご存知ですね(^-^ゞ

それも奥深くとらえてらっしゃるからすごいです。

と、写りがやはり違いますねますますクリアな写真(^-^)v

寒さ厳しきおりお仕事がお忙しいとか、
体調くずされずのりきれますように。。
Commented by kashiwa at 2008-01-24 00:06 x
こんばんは

いいお堂ですね。歴史が風格を持たせるんでしょう。
こういう建物描いてみたいですね。

ななかまど鮮やかですね。

お忙しそうですが風邪を召さぬようお気をつけください(^_-)-☆
Commented by piko at 2008-01-24 11:31 x
こんにちは ^^
こうして お写真を 拝見していると、一緒に ゆっくりと 観音堂に向かって 歩いている 錯覚さえ 感じます!

土  木々 建物 そして 空までも 白くうめつくしていく ここ青森ならではの 美しい 眺めですね。

動物達も 天気の良い日は こうして あそびにでてきているのですね。可愛らしい お客様ですね。

枝の遙か上に 見える綺麗な青空に 思わず 手のばしてみたくなる  お写真ー!!

すが゜すがしいー!! ななかまど・・・流石jazzさんだねっ!!

頑張りすぎないように、ご自愛くださいね^^
Commented by reev21 at 2008-01-25 12:44 x
こんにちは☆

ここへは行ったことがないですね。
七戸は、食べ物めぐりだけですから。。。
誰もいない神社やお寺は好きです。

オヤジもコメント返しやご訪問が遅れっぱなしなんです(汗)。
Commented by jazz-photo at 2008-01-26 00:01
☆タンさん、こんばんは。
雪が降ると情緒が増しますね。
「スッピン」は良いですね(^^;)。

仕事ではないのですが、プライベートで忙しくなりました。
今、友人と共同で進めている企画がありますので、そちらに力を入れてます。
更新が遅れていて、すいません。
Commented by jazz-photo at 2008-01-26 00:04
☆とにゃままさん、こんばんは。
そうなんですよ。
何の変哲もないようなお堂なんですが、傍に行くと歴史の重みを感じます。
藁葺き屋根が良い感じです。

とにゃままさん、年末年始は確かにお忙しそうでしたね。
お身体、壊しませんでしたか?

なかなか、お邪魔できませんが、お許しくださいね。
Commented by jazz-photo at 2008-01-26 00:07
☆さくらさん、こんばんは。
ここの観音堂の参道は、ちょうど「馬の背」のようになっていて、特に趣があるんです。
しかも、雪が降って、どなたも訪れた形跡がなかったので、独り占めでした。

ありがとうございます。
仕事ではないのですが、ちょっとプライベートで忙しくなってます。
はい、今度お話しましょうね(^^)。
Commented by jazz-photo at 2008-01-26 00:10
☆らーまさん、こんばんは。
ここは、友人に教えていただきました。
私のお気に入りの場所なんですよ。
「オオルリ」の写真もここで撮りました。

これはD300ですが、未だ使いこなすまでには至っておりません。
今度、撮影をご一緒しませんか?

ありがとうございます(^^)/。
Commented by jazz-photo at 2008-01-26 00:12
☆kashiwaさん、こんばんは。
そうですね。
是非、kashiwaさんに描いて頂きたいですね。
今度、ご案内したいです。
七戸は私の好きな場所で、お気に入りスポットが沢山あります。

ななかまどはきれいですね。
ありがとうございます(^^)/。
Commented by jazz-photo at 2008-01-26 00:17
☆pikoさん、こんばんは。
気に入って頂けたようで嬉しいですね。
ここは、静けさの中にも荘厳な雰囲気がして、身が引き締まります。
今度、ご一緒しましょうか。
ご案内しますよ。
青空に向かって伸びた幹や枝が生命力を感じました。
その気の周りや、階段には小さな足跡が踊りながら付いていました。
きっと、雪空のあとの青空を楽しみにしていたのは人間だけではなかったようです。

どうもありがとうございます。
Commented by jazz-photo at 2008-01-26 00:21
☆reev21さん、こんばんは。
reev21さんは青森を知り尽くしている感じですが、ここはご存じなかったでんすね。
私も、静かな境内は好きですね。
ここと雰囲気が似たところが他にもありますので、今度行ってみようと思います。

お忙しいようなので、無理しないほうがいいですよ!


<< 橋の見える風景 -シーガルブリッジ-      伝統の技 『八幡馬』 >>