2008年 02月 14日
『弘前城 雪燈籠まつり』 -その青の世界-
『弘前城 雪燈籠まつり』に行って来ました。
でも、雪燈籠を撮影するのは難しいですね~。
満足できる写真ではないのですが、どうかお付き合いください。
f0149209_2315367.jpg

300個のミニかまくらに灯が点ります。
風でゆらゆらと揺れるろうそくに、青い薄暮が迫っていきます。
f0149209_23293696.jpg

雪燈籠の武者絵にも灯が点りました。
f0149209_23302263.jpg

勇壮な武者絵だけでなく、美人絵も目を引きます。
f0149209_2332649.jpg

青い世界に雪燈籠とお城が溶けこんでいきます。
f0149209_2332514.jpg

ライトアップされた雪燈籠もありました。
f0149209_23335942.jpg

雪の白さが、青を引き立てるのでしょうか?
f0149209_23345733.jpg

薄暮から、夕闇の世界に変わっていくと、雪燈籠も表情を変えていきます。
f0149209_2337012.jpg

でも、津軽にはなぜ、この武者絵が似合うのでしょう!
厳しい冬を過ごしてきた津軽の方々には、この武者絵のような勇気が漲っていたのでしょうか・・・・。


by jazz-photo | 2008-02-14 23:43 | 祭り・イベントの風景 | Comments(11)
Commented by ACHILLES at 2008-02-15 00:10 x
弘前の雪燈籠まつり。
行ってみたいとは思いましたが、
結局行かなかったなぁ~。
来年こそは。って、来年度も居れるか分からないんですよね...
Commented by tengtian60 at 2008-02-15 00:16
こんばんは!^^
どうして・・これで満足でないのですか?
とってもきれいですよ!!
真っ暗になる前の、この青の時はいいですよね~^^
ミニカマクラは300個ですか。
武者絵が生かされていますね。^^
どれも幻想的ですてきです。。
Commented by にこちゃん at 2008-02-15 09:49 x
こんにちは
いつもご心配をおかけしていますが、今日は元気な私です(^ー^* )フフ♪
週末は子供と旦那がいたので、体調を崩して微熱が出ておりました・・・・
神経が反応したのでしょう^-^; アハハ...
いつもながらjazzさんは青森じゅうを駆け巡っていますね。
すごいパワーだな・・・(^ー^* )フフ♪
うらやましい。
青森にうまれそだち34年 知らない青森ばっかりこちらでは拝見することができます。
廃船の写真 とても迫力あって あの一枚からいろんな世界が想像できますね・・・・
Commented by reev21 at 2008-02-15 18:48 x
こんんばんわワ~☆

ウム~、難しいとはいうものの、ブレずに綺麗に撮れてます。
武者絵の明るさもちょうど良い感じ。
かまくらの背景の明るさと色合いが、一層引き立ててくれて
います。
Commented by jazz-photo at 2008-02-15 22:12
☆ACHILLESさん、こんばんは。
ACHILLESさんも行ってないんですね。
実はわたしもずっと行ったことがなくて、一度は行ってみたいと思っていたんです。
でも昨年は雪不足でだめでしたからね、今年に賭けてました。
ACHILLESさんも転勤族ですから、機会を逃さないようにしないと行きそびれちゃいますね。
Commented by jazz-photo at 2008-02-15 22:16
☆タンさん、こんばんは。
reev21さんも難しいとおっしゃってましたけど、これはなかなか高度な技を必要とします。
構図、明るさ、手振れ、撮影時間などすべての要素が決まらないと良い写真にはなりませんね。
私としても、イメージした出来上がりとはかなり違ってしまってます。
私は薄暮のときの深い青が大好きなんです。
良いですよね~!
東北は、こうした明かりを利用するのが上手ですね。
武者絵はきれいでしたよ。
Commented by jazz-photo at 2008-02-15 22:19
☆にこちゃんさん、こんばんは。
そうですか、元気ですか?
良かった(^^)。
でも微熱なんて、ちょっと風邪気味それとも疲れ気味でしょうか?

そうですかあ。
青森にずっといらっしゃる方より出歩いてるんですね(笑)。
転勤族ですから、「見ておこう!」と言う気持ちが強いんでしょうね。
廃船ですか!
あの写真は私の原点なので、写真展にも出品するつもりです。
Commented by jazz-photo at 2008-02-15 22:22
☆reev21さん、こんばんは。
reev21さんの作品も拝見いたしました。
これは、なかなか手強い被写体ですね。
ブレは連発していたので、必死にブレてない写真を探してアップしたんです。
本当は構図がばっちり決まった写真があったんですが、ピンボケでした(爆)。
Commented by tnysatcmo at 2008-02-19 12:54
>津軽にはなぜ、この武者絵が似合うのでしょう!
ほんとですね。
津軽のひとってどことなくこんな顔だちですよね。南部に比べて細面の人が多いです。
準備が大変そうなお祭りですが、どこにも負けない静かだけれど、すばらしいお祭りですね。
青森県人としては(あ、南部ですが)誇らしい気分です^^。
Commented by 青森太郎 at 2008-02-23 22:59 x
こんばんは。
reev21さんとご一緒だった訳ではなさそうですね(笑)。
私はほんの目と鼻の先に居ながら、青森からの仕事帰りに
立ち寄って見ようと、亀甲町側の有料駐車場に車を停めて
いざ会場へ・・・と思ったら、夜間照明が全〜ん部消されてしまいました(爆)。

いつも力作写真ばかりで、溜息が出ます(惚)。

Commented by jazz-photo at 2008-02-25 19:16
☆青森太郎さん、こんばんは。
はい、全く別々でした。
あらら、丁度終わってしまったんですか?
それは残念でしたね。

どうもありがとうございます。
青森太郎さんの作品も素晴らしいですね。
写真展でスライドショーとして上映させていただきます!


<< 『青森ブロガー20人写眞展』開...      「りんごの里いたやなぎ」雪まつり >>