2008年 02月 17日
願掛岩~仏ヶ浦へ -佐井村-
下北半島と言っても、実に広いですね。
雪も止んだので、六ヶ所村から約100km走って、佐井村に行ってみました。
まず、目指したのは、恋が叶うという『願掛岩』です。

佐井村のHPには、このように記されています。

「見方によっては,男女が抱き合っているような姿の大岩石。地元では古くからこの岩を願掛岩と呼び、信仰の対象となっていました。その記録は、江戸時代の紀行家、菅江真澄の文章にも見られ、寛政四年(1792年)北海道旅行の途中に佐井村を訪れ願掛岩の前を通った菅江真澄は、稲荷社と八幡社が並び建つ願掛岩の鳥居に桜の枝を鍵として掛け、自分が好きな人に想いが通じるようにと願を掛けている風習があることを伝えています。
鍵掛岩とか願掛岩と呼ばれたのこの岩は、山や里の豊饒と海の幸を恵んでくれる神々への感謝を表す祈願所であり、さらには、人々の恋をも叶えてくれる大切な神様が宿る岩だったのでしょう。津軽海峡に漁にでてもこの巨岩の姿は、愛する人を守ってくれる実に頼もしい神様だったに違いありません。現在もなお、圧倒的な迫力で迫る願掛岩は何かを願えば、叶えてくれそうな優しい雰囲気があります。」


右側の岩が『願掛岩』です。
遠くの船が見えますか?
f0149209_2219943.jpg

『願掛岩』駐車場から見る海には光のシャワーが見えました。
f0149209_22195062.jpg

『願掛岩』と青い空のコントラストが良いです。
f0149209_22202862.jpg

こちらは、矢越漁港近くの海です。
f0149209_2221189.jpg


次に向かったのは『仏ヶ浦』です。
この時期は訪れる方も少なく、ひっそりとしています。
こちらは『青森・下北お散歩ブログ』さんの記事ですが、素晴らしいですよ!
あわせてご覧下さい。
この日は、やはり光のシャワーが降り注いで、海が銀色に輝いてました。
f0149209_22275485.jpg

侵食によって生み出された奇岩の光景が冬の厳しさに映えてます。
f0149209_22345121.jpg

次回も、佐井村の話題をお伝えしますね。

by jazz-photo | 2008-02-17 22:38 | 自然の風景 | Comments(16)
Commented by kashiwa at 2008-02-17 23:25 x
こんばんは

冬の海の魅力をますところなく切り取っていますね。一番上の写真の雲と雲の間に覗く青空が好きです。
風景の方で一番いい姿でjazzさんの訪れるのを待っているようですね。
Commented by jazz-photo at 2008-02-17 23:58
☆kashiwaさん、こんばんは。
ちょうど、願掛岩の上だけが青空でしたので、綺麗に入る位置まで移動して撮りました。
ここは、冬には訪れる方も殆どいないので、風景を独り占めできます。
私はkashiwaさんのおっしゃるようにラッキーなのかもしれないですね。
でも、最近は風景が多いですよね。
Commented by sakura_ohime at 2008-02-18 17:02
冷たい空気が感じられるようなステキなお写真ですね。
寒さが景色を一層際立ててる気がします。
こういう光景をみると、自然の力ってホントにすごいんだなぁ、と思います。

恋は叶いましたか????(´∀`)
Commented by たかさん at 2008-02-18 19:12 x
こんばんは、私も青森在住時代に佐井村には3度ほど訪れたことがありますが、流石に冬はありませんね。
冬の青森、雪景色は最高ですね。
茨城では絶対観れませんからね、これからも冬の青森を満喫してくださいね。
Commented by tengtian60 at 2008-02-18 19:25
こんばんは!^^
どう見たら・・・ソウ見えるのか?
うぅぅ・・・見えません・・・^^;
願いが叶いますように。^^

ひっそりとした仏ヶ浦、いいですね~・・
まだ一度も行った事が無いのです。。
冬の海はきりりとしていますね。
光のシャワーも素敵です。^^
Commented by ぴょーこ at 2008-02-18 22:31 x
Jazzさん、こんばんは!
光のシャワー「天使のはしご」ですね!

願掛岩は見えなくもない・・・かな?!ベタッとひっついているように見えますが、それで合っているのでしょうか?

それより岩全部が人が右を下にして横になっているように見えます(~_~;)
右半身が海に沈んでます(爆)
Commented by yakyu-kozou at 2008-02-19 21:26 x
jazzさん、こんばんは。ご無沙汰してますyakyu-kozouです。

これまた変わった写真ですね。佐井村の『願掛岩』ですか。村の名前も初めて知りました。
『仏ヶ浦』という所も初めて知りましたが、本当に綺麗ですね。海の色が際立っていて、とても凛としています。

さて、『青森ブロガー20人写眞展』 の開催ですが、これは展示するブロガーさん達が自分たちで運営しているのですか?

自分は行けそうも無いので、後で紹介お願いします!!
Commented by at 2008-02-19 21:40 x
こんばんは。

どうやってみても男女が抱き合ってるようには見えませんが・・・^^;
東北の冬の海らしい写真ですね
男性的で堂々としたしゃしんです

一番上の写真で小さな船が見えますよ^^
Commented by トリトン at 2008-02-19 22:39 x
JAZZさん、今晩は。

行き先は佐井村だったんですね。

仏ヶ浦は一度だけ行ったことがあります。

この記事もreevさんとのコラボですか?
同じアングルからの写真がありますね。

「願掛岩」ですか?
本当に願いが叶いそうな雰囲気をもっていますね。

ブロガー20人写真展の成功の願掛けをしてきましたね。
ご成功をお祈りいたしております。
Commented by jazz-photo at 2008-02-20 01:09
☆さくらさん、こんばんは。
寒さのおかげで、空気の透明感が増していて、凛とした空気を感じます。
そうですね、すごい光景で、自然の偉大さを感じますよね。

恋が叶ったんでしょうか(^^;)。
好きな人が多すぎて神様も困ってると思いますね(爆)。
Commented by jazz-photo at 2008-02-20 01:11
☆たかさん、こんばんは。
そうなんですか、たかさんもいらしてたんですね。
実際、冬にここまで出かけるには相当な勇気が要ります。
でも景色は凄いですよ。
そうですよね、ありがとうございます。
Commented by jazz-photo at 2008-02-20 01:15
☆タンさん、こんばんは。
岩の右側を海岸から見上げるように見ると、そう見えるそうです。
遠くから見てもだめなようです。
願いは叶って欲しいんですが、きっと無理です(泣)。

冬の仏ヶ浦は殆ど来る方はいません。
駐車場もあんまり除雪されてませんし、トイレは閉鎖されてます。

光のシャワー綺麗ですよね。
見ることができてラッキーでした!
Commented by jazz-photo at 2008-02-20 01:24
☆ぴょーこさん、こんばんは。
はい、そうです。
「天使のはしご」とか「天使の階段」なんて呼ばれてますね。
綺麗ですよね。
特に冬の海に似合うような気がしませんか?

願掛岩は確かにはっきりしませんけど、右下の方から見上げるとそう見えるようです。
ですから、ぴょーこさんのおっしゃる通りです。
本当に願いは叶うんでしょうか???
Commented by jazz-photo at 2008-02-20 01:30
☆yakyu-kozouさん、こんばんは。
確かに下北半島の小さな村なので、なかなか知られてないですね。
ネットの地図で、是非確認してみてくださいね。
実は、「仏ヶ浦」は結構有名な景勝地なんですよ。
いつか、いらしてみてください。
感動しますよ。

写真展は事務局3名で企画運営しています。
写真展の様子は必ずアップいたしますね。
Commented by jazz-photo at 2008-02-20 01:33
☆風さん、こんばんは。
これは近づいて、岩の模様や割れ目をじっと見ないとだめです。
遠くからはわからないですね~。

冬の海は厳しさがあって良いですよね。
ここは誰も来ないので、絶景が独り占めです。

船がわかったんですね(^^;)。
風さんの恋も叶いますように!
Commented by jazz-photo at 2008-02-20 01:37
☆トリトンさん、こんばんは。
はい、佐井村でした。

reev21さんとのコラボではなく、私一人で行きました。
仏ヶ浦駐車場の展望台から見るとこの角度、このアングルしかないので必然的に同じになってしまいます。
それで、横位置写真も撮りました。

願掛岩は確かに願いが叶いそうです。
トリトンさんも恋の成就を願ってみたらいかがですか?

あらら、写真展のお願いはしてきませんでした(^^;)。
恋の神様なので、すっかり忘れてしまいました。


<< 伝統を誇る『福浦の歌舞伎』 -...      『青森ブロガー20人写眞展』開... >>