2008年 04月 06日
真冬の『鶴の舞橋』
真冬の2月に、津軽の鶴田町にある『鶴の舞橋』を訪れました。
3月に行われた『ブロガー写眞展』のスライドショーにも、その時の『鶴の舞橋』の写真を使用いたしましたが、あるブロガーさんから鋭いつっこみ(笑)を頂きましたので、改めて裏話を含めてご紹介致しますね!

駐車場から『鶴の舞橋』に通じる道は訪れる人も殆どいません。
真っ白な小道に足跡は殆どありませんでした。
f0149209_21355379.jpg

この方が『鶴の舞橋』の名前の主人公です。
人馴れしていて近づいてくるんですよ。
でも、網が目立って撮影しにくいんです。
見難くてすいませんm(_ _)m。
f0149209_21383736.jpg

しかし、ここから『鶴の舞橋』までは雪が結構深くて大変!
やってきた橋は工事中で「立入り禁止」でした。
f0149209_21401047.jpg

ここで、写真を撮らずに退散したとあっては、『青森ブロガーの恥』ざんす。
ちょっと深そうな雪を踏みしめて右に移動したのがこれです。
f0149209_21415479.jpg

何だか冬の方が風情があるじゃないですか(^^)。
確かに真ん中の方の欄干が真新しいでしょ!
f0149209_2143039.jpg

問題の写真がこれ!
何かおかしいでしょう?
f0149209_21444956.jpg

構図的にはこれがベストなんですよね。
だから、写真展にはこれを採用したんです。
しか~し、よ~く見ると何かが変なんです。
もう分かりましたよね(^^;)。
右が下がってるんです。
つまり、水平が取れていないんですね。

この時には写真の構図を変えるために、僅かに右に移動したんです。
これで良いかなと構図を決めて、シャッターを押す瞬間に右足が雪の中に更に『ズボッ』と埋まったんですね(笑)。
でも、写真は撮ったんです。
つまり、右足が下がりながらの写真なんです。
その状況でもカメラは離さなかったという根性の証なので、結構気に入ってるんですよ~(爆)。

by jazz-photo | 2008-04-06 21:53 | 自然の風景 | Comments(24)
Commented by ヒカリ at 2008-04-06 23:29 x
嬉しいですね(*^_^*)
以前住んでいた鶴田町です。それも結構近い場所だったんです。
右側が下がっていても、嬉しいですよ。
懐かしい~
友達に会いたくなってきました。

転勤しても、青森の事を更新してくれてありがとう。
Commented by clear sky at 2008-04-07 00:44 x
写真には色々なエピソードがありますよねw
私も最近写真取り出して、そういうエピソードが増えてきたように思います。
その例として、こけることがあるのですが、その時に自分よりもカメラを守ってしまいます(笑)
たぶん皆さんもそういう感じなのかなぁ?^^
Commented by jazz-photo at 2008-04-07 07:09
☆ヒカリさん、おはようございます。
鶴田町にお住まいだったんですか(^^)。
という事は懐かしいですよね。
右下がりでもOKですか(^^;)。
そうですね、たまには連絡してみるのも良いですよね。

もうほんの少しだけ、写真がありますからアップしますね。
Commented by jazz-photo at 2008-04-07 07:11
☆clear skyさん、おはようございます。
私は一枚一枚の状況を結構覚えているのですが、clear skyさんもそうですか?
不思議なものですよね。
数万枚の写真を撮っているのに・・・・・。

私も良くコケますよ(爆)
無意識にカメラを守りますよ。
Commented by tnysatcmo at 2008-04-07 12:35
ぶわはは、そういう訳だったんですね。
でも雪に埋もれるぐらいならオッケーですが、気をつけてくださいね〜。
Commented by たかさん at 2008-04-07 20:32 x
こんばんは、私も青森転勤中1度訪れたことがあります。
ここは、日本一の木造の橋で、訪問したのは秋頃で冬景色を観るのは初めてです。
冬の雪景色もいいで、別世界ですね。
Commented by at 2008-04-07 20:51 x
こんばんは~^^

鶴の舞橋と言うくらいですからここは川になってるのですか・・・?
雪が多くて下が隠れて見えませんが、素晴らしい橋ですね

途中に見晴らし台のように屋根までついて・・・

写真を撮った後PCに取り込んで見ると以外に水平がとれていなくて、斜めだったり良くします
jazzさんほどの腕前の方は何かのアクシデントがないとこうゆう作品は生まれませんね^^
上の写真の構図が素晴らしいのでおまけですね^^;
Commented by 落武者 at 2008-04-07 22:17 x
おひさしぶりっす!JAZZさん水戸へ行っちゃったんですか?
しばらくの間音沙汰なくて申し訳ありませんでした・・・チョイト精神的に参ってまして・・・
近日中に復帰しますのでお許しを!
Commented by clear sky at 2008-04-08 13:14 x
私はまだ写真を初めて日が浅いので、そんなそんな。
数万枚なんてまだほど遠いです。
それにしても、その枚数にビックリ。さすがですね^^
もう感心するばかりです!
Commented by 青森太郎 at 2008-04-08 13:44 x
雪の下には側溝が隠れていたり、用水路があったりで雪の解けかかる季節には要注意です(笑)。
パソコンで傾きの調整はできたのでしょうけど、片足がズボッ・・・を分かって欲しくてわざと
このままの写真だったわけですね(笑)。
Commented by hisako-baaba at 2008-04-08 21:21
お引越しご苦労様でした。

鶴の舞い橋・・・ステキな眺めですね。珍しい形。屋根は何のため?

落ち着かれたら、埼玉にもお越しください。
Commented by kashiwa at 2008-04-09 00:23 x
こんばんは
鶴の舞橋は以前テレビなどで見た事があるのですが、青森ブロガーのUPを拝見して初めてこの素晴らしい橋が青森の財産と知りました。

あれ、斜めに撮るのは駄目なんですね?平気で斜めに撮っていました^_^;

Commented by bayabayatto at 2008-04-09 08:39
霧のはづのへがらおはようございます~
色違う部分あるなあ~、ど思ってましたが、改修中でしたか~。
丹頂鶴は雪が似合いますね。紅い帽子がお洒落だのー。
岩木山、近いなあ!!わたしが行った10年近く前は例によって雨降りそうな曇天だったため、岩木山を見た記憶がありません…。
雪の上で写真を撮るんだば、まんず足元踏み固めねばまね!!
Commented by jazz-photo at 2008-04-09 22:19
☆とにゃままさん、こんばんは。
はい、もう少しでバランスを崩して雪に埋もれるところでした。
いや~、雪を馬鹿にしちゃいけませんね。
危ないです。
埋もれたまま凍死したりして。
Commented by jazz-photo at 2008-04-09 22:20
☆たかさん、こんばんは。
そうですか!
冬は湖面が凍り付いて綺麗でしたよ。
凛とした空気が気持ちいいです。
冬が一番綺麗でしたね。
Commented by jazz-photo at 2008-04-09 22:24
☆風さん、こんばんは。
下は湖です。
湖面は全面結氷してます。
ここでは東屋のように休むことが出来ます。

一応、水平垂直には気を配るんですけど、いつもいつもきちんと行くわけでもないです。
結構失敗してるんですが、ボツにしてお見せしないようにしてるだけです(爆)
Commented by jazz-photo at 2008-04-09 22:26
☆落武者さん、こんばんは。
お久しぶりでした。
はい、転勤で水戸に行っちゃいました(^^;)。
もう、大丈夫なんですか?
無理は禁物ですね。

完全復活待ってますよ~!
Commented by jazz-photo at 2008-04-09 22:29
☆clear skyさん、こんばんは。
とても日が浅いというようには見えませんね!
私は長くやってますけど、全然満足いくレベルには達しないですね~。
枚数は、「下手な鉄砲、数打ちゃ当たる!」ですから。
肝心なのは中身で、枚数じゃあないです!
Commented by jazz-photo at 2008-04-09 22:32
☆青森太郎さん、こんばんは。
そうなんですよね、この時も側溝みたいでした。
私は面倒くさがり屋なので、画像は調整しないんですよ(^^)。
いつもそのままです。
これは自分に対する注意喚起の意味もあってそのままにしました。
Commented by jazz-photo at 2008-04-09 22:34
☆hisako-baabaさん、こんばんは。
こちらこそ、有難うございました。
仕事や生活にまだ慣れなくて、結構大変です。
屋根は東屋風です。

はい、是非行きたいですね。
5月に予定してます。
Commented by jazz-photo at 2008-04-09 22:36
☆kashiwaさん、こんばんは。
確かにこの橋は有名で、あちこちに出てきます。

まあ、水平が取れてないと見苦しい時がありますね。
わざとはずす時もありますけどね。
Commented by jazz-photo at 2008-04-09 22:39
☆やすおさん、こんばんは。
今日あたりは「やませ」が出てるようですね。
早くありませんか?

はい、改修で木が新しくなりました。
丹頂君はずいぶん慣れてます。
赤い帽子が可愛いですね。
岩木山が綺麗でした。
私はラッキーなのか、見えなかったことのほうが少ないですね。

なんでも、まず足元をしっかり確認しましょうね。
Commented by 藤九郎 at 2008-04-12 20:16 x
これがあの有名な鶴田町の橋なんですね。
一度も見たことがないんですが、どこかで見たことあるような気もしてました。
よくよく考えたら秋田の横手市で似たような橋を見たことがありました。
考えてみたら津軽ってあんまり行ったことがないです。
Commented by jazz-photo at 2008-04-13 21:29
☆藤九郎さん、こんばんは。
この橋は結構有名で、あちこちのパンフレットにも出てますよね。
横手にも同じような橋があるんですか?
私は秋田県にはいったことがないんですよ。
藤九郎さんの、ホームグラウンドからは確かに遠いですよね。


<< もうひとつの『留長果樹園』さん      REEVのある風景 >>