2008年 07月 03日
赤の輝きに魅了されて
私が毎年楽しみにしている『サクランボの季節』が最盛期を迎えました。
転勤で茨城に戻りましたが、やはりこの季節は『留長果樹園』さんのサクランボを見たくなります。
そこで、家族と共に出荷でお忙しい『留長果樹園』さんにお邪魔させていただきました。

ご無理を言ってお邪魔させていただいた作業場はもう戦争状態。
鮮度が命のサクランボですし、おまけに私のように『デリケート』ですからね。
作業場ではまさに出荷作業の真っ最中でした。
丁寧な手作業で箱に詰められていきます。
f0149209_21121563.jpg

粒や色が揃ったサクランボは見事です。
これが届いたら、喜ぶでしょうね。
本当に甘くて美味しいんです(^^)v。
f0149209_21132610.jpg

私達は、saccoさんのご厚意で園地に案内していただきました。
そこはもう、別世界!
この真っ赤に色づいたサクランボは見事でしたよ~。
f0149209_21161850.jpg

緑と赤のコントラストも綺麗!
色むらがないでしょう?
本当に美人のサクランボです。
f0149209_21171625.jpg

数え切れない手間と優れた栽培技術、そして愛情豊かに育った珠玉のサクランボ達です。
f0149209_21193144.jpg

丁寧に摘み取られたサクランボはこの愛用の籠に入るんですよ。
リンゴの時にもご紹介しましたよね。
f0149209_21213516.jpg

もちろん、出荷する箱にも留長さんのこだわりがあります。
f0149209_21223640.jpg

妥協を許さないことが、私達消費者の安心と安全を支えているんですね。
素晴らしいことだと思います。
幸せな佐藤錦達ですよね(^^)。
f0149209_21254438.jpg

※ 今回は特別に許可を頂いて果樹園にお邪魔させていただきました。摘み取りなどは行っておりませんので、通常は果樹園内に立ち入ることは出来ません。どうか、ご了承ください。

by jazz-photo | 2008-07-03 21:29 | 技の風景 | Comments(0)


<< 甲子園で校歌を歌う日はくるだろうか?      山の喫茶店も春の雰囲気 >>