2008年 10月 11日
涸沼の情景 -茨城県茨城町-
ここは、茨城県東茨城郡茨城町の涸沼(ひぬま)湖畔です。
それにしても、「茨城」が3回も付くんですから、すっかり茨城ですよね(爆)。
この沼は水戸市の南側にあって、海水と淡水が交じり合う汽水湖になってます。
青森県六ヶ所村の尾駮沼(おぶちぬま)で有名な『尾駮ニシン』と同じように湖沼性ニシンが遡上する貴重な場所なんです。
また、ここで発見された『ヒヌマイトトンボ』も貴重なトンボとして有名です。

湖岸での長閑な日光浴です。
f0149209_2037793.jpg

釣りをしている方も多いです。
この方は淡水魚の「ヘラブナ」を釣っていましたが、隣では海水魚の『イシダイ』の子を釣っていました。
不思議な光景ですね。
f0149209_20393947.jpg

こちらは、シジミ漁の船です。
f0149209_2040928.jpg

もう一つ、涸沼で有名なものは天然うなぎです。
こちらのお店では、涸沼産の天然うなぎが食べられるとの事です。
f0149209_2044867.jpg

『ならば、行って食してみなばなるまい。』
とのことで、早速うな重を注文しました。
出てきたのはお腹の部分が黄色のまさしく天然うなぎと思しき、とっても身の厚い美味しい蒲焼でしたよ~。
うな重には、涸沼名産のシジミ汁も付いて、大満足(^^)v。
これはお奨めの逸品です!
f0149209_20481493.jpg

それから、栄養をつけた分、夕方まで散歩を致しました。
夕暮れが近づくと、シルエットになってきて雰囲気が出てきますね。
f0149209_20492798.jpg

そして、日没前の夕日が湖面に映える時間です。
やっぱり、この時間が好きだな~!
f0149209_20504949.jpg


by jazz-photo | 2008-10-11 20:52 | 自然の風景 | Comments(4)
Commented by tengtian60 at 2008-10-11 23:36
こんばんは!^^

湖沼性ニシンですか?
聞いたことが有るような無いような・・・
スッカリ茨城県人だったことも忘れてしまうようなこの頃です。(笑)
数えてみたら・・37年も茨城に住んでいましたね・・・
天然鰻美味しそうですね~^^
夕陽ハンターさんでしたね!(^_-)-☆
湖面がキラキラきれいですね。。
Commented by lemon080911 at 2008-10-12 14:12
もう何年も釣りはしてないわねw 
数年前は良く大潮の深夜に懐中電灯片手に膝まで浸かって海水魚を。。。
チョウチョウウオを獲って飼っていましたよw
私も夕陽のこの時間が一番好き^^
Commented by jazz-photo at 2008-10-12 22:54
タンさん、こんばんは。
ええ、涸沼にはニシンがいるんですよ。
あまり知られていないですよね。
そうでしたね、私と同じくらい茨城にいらしたんですよね。
ここの鰻はお勧めです。
こちらにいらっしゃる機会がありましたら、ご案内します!

日本海がないですから、完全な夕日は困難ですが、やはり良いですね。
Commented by jazz-photo at 2008-10-12 22:56
lemon080911さん、こんばんは。
そうですか(^^)。
深夜に魚獲りですか?
女性にしては勇ましいですね~。
チョウチョウウオって、熱帯魚でしたよね??
海水魚は飼うのが難しくありませんか?

この時間の夕日が好きなんですが、「休みも終わりか!」と考える時間でもありますね。


<< 地下の巨大空間は別世界 -栃木...      オールドレンズで楽しむデジタル... >>