2008年 10月 15日
オールドレンズで楽しむデジタルの世界 Part-2 -Ai改 43-86mm/F3.5-
今回ご紹介するレンズは1963年に発売になったズームレンズで、実に40年以上経過しているレンズです。
それでも最新のD300にも使用できるわけですから、面白いですよね。
でも、レンズの紹介写真はD300ではなく、その当時の私の憧れのカメラ、Nikon Fに取り付けたものをご紹介したいと思います。
このNikon Fは1968年製で、当時カメラ小僧だったJAZZ少年がカメラ屋のショーウィンドーに額をくっつけて、憧れながら見ていたカメラです。
f0149209_23131566.jpg

私はこのレンズをつい最近になって、行きつけのカメラ店のジャンク(使用不能品)で見つけました。
全て500円均一なので、カビでレンズが真っ白になったこのAi改 43-86mm/F3.5を買って帰りました。
その夜、レンズをばらばらに分解してアルコールでカビを清掃した結果、一部ばらせない部分を除いて見違えるように綺麗になりました。
そこで、D300にこのレンズを付けて、秋香る笠間市に行ってきました。
『陶芸の丘』では、近在の民俗芸能が披露されていました。
獅子頭とのツーショットですが、まるで獅子頭が生きてるように見えませんか?
f0149209_23213141.jpg

マニュアルレンズで動きのある『ひょっとこ』を撮るのは難しいですね(^^;)。
f0149209_23221671.jpg

獅子舞です。
重い獅子頭を汗だくで操っていました。
本当にご苦労様です。
f0149209_23235751.jpg

休息の一時をスナップしてみました。
このレンズは赤がややくすむような気がしますね。
f0149209_23255950.jpg

次に訪れたのが有名な『笠間稲荷神社』です。
かつて、坂本九さんが結婚式を挙げたことでも知られました。
f0149209_23284025.jpg

コントラストが甘めのこのレンズは、背景との明暗の差が大きい方が良いようですね。
f0149209_23295290.jpg

『笠間稲荷神社』は、別名『胡桃下稲荷(くるみがしたいなり)』の呼び名もあるくらいで、境内には多くのクルミの木があります。
門前では、ご飯にクルミを入れて作った稲荷寿司が有名です。
その他に蕎麦を入れた変り種も見つけましたよ!
このレンズは接写が出来ませんので、一苦労です(爆)。
やはり赤の抜けが今一です(^^;)。
f0149209_23355760.jpg

これは境内にあった『假屋崎省吾さん作の竹のオブジェ』です。
う~ん、ただ竹を立てただけにしか見えないのですが、芸術とは実に難解ですね。
f0149209_2339257.jpg

しつこく赤を試してみました(^^;)。
やはり、苦手のようです(笑)。
f0149209_23403774.jpg

そして、笠間で忘れてならないのがこちら。
笠間稲荷に程近い、『和菓子処 松島』さんの『いなりゆべし』です。
クルミの香ばしさとほど良い上品な甘さが素晴らしい逸品です。
(この写真はマクロレンズを使用しました)
f0149209_2346526.jpg

自分で分解清掃して、こうやって写るようになるのは感動ですね。
古いレンズで歴史のある町並みを写すと言うのもなかなか味わい深いものがありました。
でも、良い子の皆さんは決してレンズをばらそうとしては駄目ですからね(^^;)。


by jazz-photo | 2008-10-15 23:50 | 歴史の風景 | Comments(12)
Commented by ACHILLES at 2008-10-16 02:43 x
こんばんわ~

またまた味のあるレンズと味のある画像ですね。

今日仕事帰りにカメラ屋に立ち寄って中古品コーナーを覗いたら、
EFレンズは1本も無かったのですが、FDレンズが5~6本あって、
使ってみたいものも2本ありました。
値段もすごく手頃で、「FE-EFのマウントアダプターあったよなぁ~、買っちゃおうかなぁ~」
なんて思って見てましたが、踏ん切りが付きませんでした。
家に帰ってきて調べたら、FE-EFのマウントアダプターは何種類かありましたが、
補正レンズが入ってないタイプは無限遠が出ないみたいですし、
補正レンズが入ってるタイプはデジタルで使うには画質が結構悪いとの情報も。
Commented by hisako-baaba at 2008-10-16 23:11
カメラもレンズも解りませんが、祭りは良いですね。
竹を集めて?芸術なんですか?きみょー・・・ですね。
Commented by at 2008-10-17 15:03 x
いずれも500円のレンズで写したとは思えない綺麗な写真ばかりですね
カメラの事を何から何まで熟知された方でないと光波いかないでしょうね・・・
一番上の獅子頭は誰も入っていないんですか・・・?
とても鮮明に良く撮れていますね
さすがJazzさん素晴らしい腕前ですね!^^

私はカメラの事は無知と言っていいほど何も分からないまま使っていますが
自然と使ってるうちに覚えていくのか、全く覚えないまま使うのか分かりませんが
綺麗な画像を撮りたい気持ちだけは強いですね^^;

假屋崎省吾さんの竹のオブジェは置いてある場所も引き立たないのではないでしょうか・・・
芸術とは奥が深くて理解に苦しむものもありますね^^;
Commented by トリトン at 2008-10-18 23:47 x
今晩は。 ご無沙汰しております。

最近、カメラの記事が多いようですね。
40個も持っていると、それぞれに思い入れがあって大変でしょう。

今年はアケビの収穫が少なく、サルナシに至っては ≪0個≫ という結果でした。
ハンターの名が泣きます。 

笠間市ですか?

本当に、獅子頭が生きているようですね。

『笠間稲荷神社』の『胡桃下稲荷(くるみがしたいなり)』 ですか?
絶品なようですね。
生きている間に、食べる機会があるでしょうか?

今日、18日に ≪学習発表会≫ が終わり、一山越えて、ホッとしているところです。

ところで、明日、NHKで 仙台放送局開局80周年記念ドラマが全国放映されます。
もし、時間があったらご覧くださいな。

≫ NHK仙台局80周年記念ドラマ「お米のなみだ」(NHK総合 全国)
   日時:平成20年10月19日(日)午後4:45~5:58
  
本日、「大谷石」 の記事と写真を紹介させていただきましたよ。
あとで、ご笑覧ください。
Commented at 2008-10-19 18:37 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by jazz-photo at 2008-10-20 14:44
ACHILLESさん、こんにちは。
ええ、味だらけなんですが、何故か微笑ましくて好きです。
補正レンズ付きのアダプターですが、私個人の意見としては全く問題ないと思います。
通常のAPCサイズのデジカメでしたら、イメージサークルの画質の良い所だけを使っていますし、素人が見て画質の違いがわかる筈ありませんから。
一度使ってみることをお勧めします。
フルマニュアルでのデジタル撮影なので、撮影技術の向上にも役に立つと思います。
画質の悪化については先にも書きましたように、全く問題はないと言って良いと思います。
FDレンズ自体デジタル用のレンズではないので、私の写真の通り、味を楽しめばいいと考えています。
Commented by jazz-photo at 2008-10-20 14:46
hisako-baabaさん、こんにちは。
このような、郷土芸能のイベントは楽しめますよね。

そうなんです。
竹を立てただけですから、私でも作れそうな・・・・・・。
芸術とは複雑怪奇なものですよね。
Commented by jazz-photo at 2008-10-20 14:49
トリトンさん、こんにちは。
ご紹介いただいて有難うございました。
お忙しそうですね。

番組は残念ながら移動中のため見られませんでした。
また再放送でもしますかね?

カメラ自体は最近整理しました。
ガラクタが増えすぎて、置く場所がなくなりましたので、今は15台くらいになったと思います。
中には不燃ゴミの日に捨てたガラクタもあります(^^;)。

アケビは残念でしたね。
毎年あんなに楽しみにしていたのに(^^)。
また来年の楽しみでしょうか!
Commented by jazz-photo at 2008-10-20 14:51
2008-10-19 18:37の鍵コメ様
こんにちは。
了解いたしました。
早速送りましたので、ご査収ください。

先日はお疲れ様でした。
楽しかったですね。
残念ながら優勝は逃してしまったようです。
Commented by jazz-photo at 2008-10-20 14:57
風さん、こんにちは。
そう見えますか(^^;)。
カビだらけのレンズからやっと復活を遂げました!
貧乏人でしたから、自分で直すというのは意外と得意なんです。
獅子頭は台の上に置いてあるだけです。
だから誰も入っていないんですよ!

このレンズはピントが手動ですから、連写には向かないし、動きのある被写体の撮影にも向きませんが、自分の練習になるんですよ。
風さんの写真も拝見していますが、とてもよく撮れていますね。
今度ご一緒したいくらいです!
最後は気持ちなんです。
腕などどうでも良いんですよ。
自分の気持ちが乗った写真には力がありますから。

何で竹なのかも今もって理解できません(爆)。
Commented by 藤九郎 at 2008-10-22 06:23 x
おはようございます。
ヨンサンハチロクですね!!
分解整備までするなんてすごいですね!!
このレンズ、昔買ったことがあるんですが、いつの間にか手放してしまいました。
なんとなく安かったから買って、いくらも使わなかったような気がします。
もったいないことをしました。
Commented by jazz-photo at 2008-10-23 21:13
藤九郎さん、こんばんは。
はい、往年の『ヨンサンハチロク』です。
写りが悪いだの、眠いだの、ピントが甘いだの、散々酷評されたレンズです。
これは分解が簡単なんですよ。
今のズームレンズは分解したら元には戻りませんけどね(^^;)。
こう言う、癖のあるレンズの方が実は使っていて楽しいんですよね。
機会があったら、是非買ってみてくださいね。


<< 2008駒フェスタ十和田(初日...      完全予約制の小さなレストラン ... >>