2008年 12月 09日
松浦食堂の『茶粥定食』 -青森県野辺地町-
旅から帰ってきました(^^;)。
お陰さまで、以前の『青森のスキマ日記』から通算すると、今回の記事で、50000HITを迎えることが出来ました。
これもひとえに皆様方の温かい励ましがあってこそのことだと思います。
改めまして、ここにお礼申し上げます。
どうもありがとうございましたm(_ _)m。


久々に、東北本線野辺地駅前にあります松浦食堂さんに行って来ました。
こちらは、野辺地の郷土料理の伝統を守る数少ない食堂で、気さくな女将さんが温かく迎えてくれる、本当に素晴らしい食堂なんです。

今回の目的は、予約でしか食べられない『茶粥定食』でした。
この料理は、前日からの仕込が必要とのことで、予約をしないと出来ないのだそうです。
これがその『茶粥定食』です。
豪華でしょう??
実はこれでもカメラには収まりきれないんです(^^;)。

この『茶粥定食』は薬膳のような食事でもあるんだそうで、メインの茶粥に使われている野辺地特産の『カワラケツメイ』には強壮、利尿作用があるとのことです。
この大きな土鍋で実は二人前です!

この『茶粥定食』には、品書きが付いてきます。
どれも、女将さんが丁寧に作ってくれる心のこもった料理の数々で、油は殆ど使われていないんです。

外は寒そうですが、気持ちもお腹も温かくなってきます!

ほのかな苦味が食欲をそそるんですよね。
お粥って、本当に良いものですよ。

デザートには、蜜のたっぷり入ったふじが出てきて、うさぎさんの剥き方がノスタルジックですよ。

『茶粥定食』で大満足して、外に出てみると、降りしきる雪で野辺地駅前はご覧の通りです!
水戸を出た時にはまだ秋の風情だったのに、一気に真冬になってます(^^;)。

コートの襟を立てて、野辺地駅に向かうと、駅前のロータリーには、出張のたびにお世話になった、六ヶ所-野辺地間の路線バスが、寒そうに停車していました。
いや~、懐かしかったです!

松浦食堂さん(0175-64-3004)の『茶粥定食』は、前日までに二人以上で予約が必要です。
内容の割には値段は庶民的で、一人1500円です。
野辺地にお出かけの際は是非、体験してみてくださいね。


by jazz-photo | 2008-12-09 22:15 | 食の風景 | Comments(6)
Commented by lemon080911 at 2008-12-10 00:14
「茶粥」食べてみたいです^^ 青森は遠いいなぁw
蜜がたっぷり林檎は美味しいですね^^
私 お粥が好きで(しらす・明太子・野沢菜)などを入れて食べますよ^^

寒っ^^ 風邪に気をつけてくださいね^^
Commented by M-Y-photoblog at 2008-12-10 22:48
おいしそうですね~
ぜひ食してみたいです!
お粥はM1ともども大好きで中華料理を食べに行くと必ず注文しちゃいます。
凄い雪ですね~。
寒さの苦手な私には青森はかなりきついかもぉ!
Commented by lemon080911 at 2008-12-12 01:39
こんばんは~
我が家のクリスマスを載せました見て下さいね^^
Commented by jazz-photo at 2008-12-13 22:44
lemon080911さん、こんばんは。
確かに距離は遠いんですが、関東からなら楽に日帰りできる場所なんですよ。
新幹線は偉大ですね。
茶粥は凄いです。
ここでしか食べられないので、是非どうぞ!

野沢菜や、高菜を入れたお粥、美味しいですよね。
はい、風邪は免疫できました(爆)
Commented by jazz-photo at 2008-12-13 22:46
M-Y-photoblogさん、こんばんは。
ええ、本当に美味しいです。
でも、量がたっぷりありますから、お腹空かして行かないときついかな(爆)。
中華粥おいしいですね~。
私も大好物です!

雪は実はそんなに寒くなくて、寒いのは風だけです。
意外と平気で、寒がりの私でも住んでいられましたよ。
Commented by jazz-photo at 2008-12-13 22:47
lemon080911さん、拝見しましたよ(^^;)。
もしかして、凄い大きなご自宅なのでしょうか??
綺麗な飾り付けですね。
名前 :
URL :
※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。
削除用パスワード 


<< 藤九郎さんを囲んで -青森県八戸市-      晩秋の『水戸市植物公園』 -茨... >>