カテゴリ:技の風景( 71 )

2016年 05月 24日
江戸崎かぼちゃ生育中 -茨城県稲敷市-
平成27年12月22日。
江戸崎かぼちゃ」にとって晴れの日でした。
何と、農林水産省「地理的表示保護制度(GI)」に認定されたんです!
これは快挙です。
農林水産省のHPから引用すると、
地域には長年培われた特別の生産方法や気候・風土・土壌などの生産地の特性により、高い品質と評価を獲得するに至った産品が多く存在しています。これら産品の名称(地理的表示)を知的財産として保護する制度が「地理的表示保護制度」です。
との事です。
素晴らしいですね!
江戸崎かぼちゃ」を長年大切に育んできた農家の皆様の努力が実を結んだ日です。

早速、いつもお世話になっているSさんを訪ねました。
日焼けした笑顔で話すSさんは、
40年以上の長い道のりですが、GIに認定された今、この品質をしっかり維持していく事が大切!」と話しておられたのが印象的でした。
出荷にはまだ早いのですが、畑に連れて行っていただきました。
f0149209_20553176.jpg


続きはこちらをご覧くださいませ!

by jazz-photo | 2016-05-24 21:01 | 技の風景 | Comments(0)
2015年 12月 18日
『おまつりストラップ』の進化がとまらない!その3 -茨城県石岡市ー
こちらは近日お目見え予定の逸品なんです。
f0149209_21553336.jpg


続きはこちらをご覧ください!

by jazz-photo | 2015-12-18 22:08 | 技の風景 | Comments(0)
2015年 12月 16日
『おまつりストラップ』の進化がとまらない!その2 -茨城県石岡市ー
石岡ファンならおまつりならずとも愛用していそうですね。
一年中お祭り気分に浸れること請け合いです(^^;)。
狐って青が似合いますね!
f0149209_18374254.jpg


続きはこちらをご覧ください!

by jazz-photo | 2015-12-16 18:44 | 技の風景 | Comments(0)
2015年 12月 15日
『おまつりストラップ』の進化がとまらない! -茨城県石岡市ー
私のブログでお馴染み、笑魚堂さん特製「おまつりストラップ」の進化形を見せて頂きました。
私がこのストラップに出会ったのは、石岡市国府の石岡市 まちかど情報センターさんをフラッと訪問させて頂いた時でした。
一つ一つ丁寧に作られた作品に息をのんだことを今でも鮮明に覚えています。
あれから6年ですが、今でもこのストラップが大好きで、いろんなものに下げて愛用しています!

その「おまつりストラップ」が進化して、最近特に人気なのが、「おまつりピアス(イアリング)」なのです!
男子の私には愛用することはできないのですが、実はこの「おまつりピアス」は、通常のストラップに比べて凄く小さく作られていますので、バランスがとても難しいと思うのですが、実に絶妙なバランスを保っているんです!
おかめさんイアリングですが、可愛いですよね。
f0149209_22242461.jpg


続きはこちらをご覧ください!

by jazz-photo | 2015-12-15 22:32 | 技の風景 | Comments(2)
2015年 12月 03日
城島和傘保存会 -福岡県久留米市城島町ー
今回は、また九州の話題ですが、まずはこちらをご覧ください。


続きはこちらをご覧ください!

by jazz-photo | 2015-12-03 20:59 | 技の風景 | Comments(0)
2015年 11月 30日
『比翼鶴酒造』さんの蔵見学 その2 -福岡県久留米市城島町ー
蔵の煙突が見える風景と言うのは本当に良いものですね。
f0149209_20485538.jpg


続きはこちらをご覧ください!

by jazz-photo | 2015-11-30 21:18 | 技の風景 | Comments(0)
2015年 11月 29日
『比翼鶴酒造』さんの蔵見学 -福岡県久留米市城島町ー
今回、九州に出かけた目的の一つが、比翼鶴酒造さんの蔵見学でした。
前日も書きましたが、こちら比翼鶴酒造さんの専務 二ノ宮さんとは本当に長いお付き合いで、お酒の基礎も二ノ宮さんに教えて頂いたりして、友人であり、お酒の師匠のような存在なんです。

ここ、比翼鶴酒造さんの蔵がある場所は筑後川水系山ノ井川の畔です。
この城島地区は水の豊富な街で、水郷柳川にも近い場所に位置しています。
f0149209_14453339.jpg


続きはこちらをご覧ください!

by jazz-photo | 2015-11-29 15:12 | 技の風景 | Comments(0)
2015年 11月 27日
『比翼鶴酒造』さんのお酒達 -福岡県久留米市城島町ー
天にありては願わくば 比翼の鳥となり、地にありては願わくば連理の枝とならん
比翼鶴酒造さんの社名ともなっている比翼の鶴の一節です。
比翼鶴さんのHPには、
比翼の鳥とは、雌雄一体となって飛ぶという鳥。連理の枝とは、木の枝同士が連なって木目が通じ合っていることを表わし、どちらも仲睦まじい様子が表現されています。
と記されています。
夫婦の愛を現した幸せのお酒なのです。
私は、このお酒達と出会って約15年なのですが、とても身近で仲間のような存在なんですよ。
f0149209_22391387.jpg


続きはこちらをご覧ください!

by jazz-photo | 2015-11-27 23:10 | 技の風景 | Comments(0)
2015年 11月 26日
『堀内リンゴ園』さんのリンゴ達 -青森県五所川原市ー
また青森の話題に戻ります(^^;)。
『お蕎麦と鯛茶のみどり亭』さんがご縁で知り合うことができました「堀内リンゴ園」さんのリンゴ達をご紹介いたします。
残念ながら、ちょうど収穫が終わってしまって、自家用に残したリンゴ達だけが寂しそうに木になっているだけでした!
でも、木になっているリンゴは本当に綺麗ですね。
f0149209_2151508.jpg


続きはこちらをご覧ください!

by jazz-photo | 2015-11-26 21:57 | 技の風景 | Comments(0)
2015年 08月 04日
福島の「あかつき」 -福島県伊達市-
皆さんは桃はお好きでしょうか?
私は桃が大好きなのですが、実は福島の桃を食べてから桃の概念が変わりました!
茨城で食べていた桃は結構柔らかくて、手で皮を剝いてかぶりつくのが普通でした。

ところが、ところがですよ、福島で食べた桃は硬く締っていて、カリカリ音がするほどしっかりしていたんですね。
その美味しさと言ったら、別次元でした。
その時から、桃を「柔らか派」、「硬い派」に分けるとしたら断然「硬い派」に方針転向しました!

と言うわけで、福島桃の聖地「伊達市」に行ってきました。
いや~、美しいですね!
f0149209_23163947.jpg


続きはこちらをご覧ください!

by jazz-photo | 2015-08-04 23:22 | 技の風景 | Comments(2)