カテゴリ:食の風景( 170 )

2007年 12月 10日
『黒石つゆ焼そば』がカップ麺デビュー!
今日は珍しく、カップ麺の話題をご紹介いたします。
以前、『今話題の黒石界隈』でもご紹介いたしました、『黒石つゆ焼そば』が全国区のカップ麺となって、今日から発売となりました。

早速、GETしてきましたよ(^^;)v。
なかなか高級感のあるパッケージです。
何となく、色使いが『ねぷた』に似てませんか?
f0149209_21482474.jpg

開発には色々な逸話があるようですが、そちらはネットで見て頂くとして、私の方は食い気優先です。
カップの側面も良い感じでしょ?
期待感が膨らみます!
f0149209_21511370.jpg

中を開けると、何と袋が4つも入ってるではないですか!
慌てて撮ったので、逆さまになってしまいましたね(^^;)。
f0149209_21541071.jpg

お湯を入れて麺と「かやく」をほぐした後、お湯を捨てるのは通常の焼そば麺と一緒!
ソースを混ぜるのも一緒!
でもそこからが、一手間なんですよ。
「後入かやく」とスープを入れて、再びお湯を入れるんです。
そして出来たのがこれ、『つゆ焼そば』カップ麺です!
つゆの色は、まさに本物(^^)v。
f0149209_220318.jpg

麺も、太麺です。
そして、味もなかなかのもの!
正直なところ、私はカップ麺をあまり食べないのですが、これならまた食べてみたいですね!
f0149209_223415.jpg

ともかく、青森の食べ物が全国区になるのは嬉しいですね(^^)v。
これからの売れ行きが気になります!


by jazz-photo | 2007-12-10 22:08 | 食の風景 | Comments(25)
2007年 12月 08日
夕食写真館 -15分で調理可能な単身赴任料理-
今日は、久しぶりに単身赴任の『舞台裏』をご紹介いたします。
全て15分程度を目安に、カセットコンロ1台で出来るものばかりです。
今回は安い豚肉を使った簡単料理です(^^;)。

 バラカツ
f0149209_09686.jpg

これがバラカツの中身です。
f0149209_011161.jpg

<作り方>
バラカツ
 ・豚ばら肉(脂身の少ないもの)を半分に畳んで、互い違いに3枚分重ねる(肉としては6枚に見える)
 ・真ん中に大葉(シソの葉)を挟みこむ。(無くても良いですし、キャベツでも可)
 ・黒胡椒を満遍なく振って、溶き卵を付けて、パン粉をまぶす。
ソース
 ・粒マスタードにマヨネーズを加えて、良く混ぜる。
 ・醤油を少々加えて更に混ぜる。
 ・好みで、レモンの搾り汁を加える。
※バラカツは、ロースカツと違って薄い肉を重ねてますので、硬いものが苦手なお年寄りや、お弁当に最適です。
 冷めても決して硬くなりませんので、美味しく食べられます。


 豚ピー炒め
f0149209_0293076.jpg

味の秘密は、我が青森の誇る『スタミナ源たれ』
これは、塩味(真中です)を使用しました。
f0149209_0315128.jpg

<作り方>
 ・豚ばら肉または薄切りロース肉に『源たれ塩味』を加えて、良く混ぜる。
 ・ピーマンを適当な大きさに切って、加え、更に良く混ぜる。
 ・油を使わずに、フライパンで炒め、塩コショウで味を調える。


 ホーレンソウ炒めJAZZ風
f0149209_044517.jpg

<作り方>
 ・卵は予め、スクランブルエッグにしておく。
 ・ホーレンソウは適当な大きさにざく切りする。
 ・ウィンナーソーセージ、またはベーコンを適当な大きさに刻む。
 ・少量の油でまず、ソーセージを炒め、次にホーレンソウを入れて炒める。
 ・ホーレンソウがしんなりしたら、スクランブルエッグを加えて更に炒める。
 ・塩コショウ、少量の醤油を使って味を調える。
※卵はスクランブルエッグにしないで、直接加えても良いのですが、見た目は綺麗にいかないのと、ややべたつく感じになります。


 豚肉のピリ辛炒め四川風
f0149209_0531181.jpg

<作り方>
 ・キャベツは適当な大きさにざく切りする。
 ・豚肉は食べ易い大きさに切って、日本酒で溶いた味噌を加えて良く混ぜる。
 ・油を使わず、豚肉を炒め、次にキャベツを加えて炒める。
 ・キャベツに火が通ったら、豆板醤、塩を加えて味を調える。
※豆板醤を加える前に、良く炒めてアルコール分はきちんと飛ばして下さい。
 中国酒を使ってもいいと思います。


by jazz-photo | 2007-12-08 00:59 | 食の風景 | Comments(30)
2007年 12月 07日
三沢の昼イカ
前から気になっていました、『三沢の昼イカ』の水揚げを見学に行ってきました。
今回は、三沢市漁業協同組合のYさんに港での水揚げを案内して頂きました。
Yさん、お忙しい中、本当に有難うございましたm(_ _)m。
イカ釣りと言うと、夜に煌々と明かりを灯した漁船での釣りを思い浮かべますが、三沢の昼イカは昼間に操業して夕方水揚げします(午後4時~午後6時)。

ミス・ビードル号のマークが誇らしげに付いた防寒着が格好良い!
f0149209_0523592.jpg

浜では帰ってくる漁船に備えて、準備が始まっていました。
丁度、日が沈む頃です。
f0149209_0544632.jpg

水揚げが始まって、陸に上がったイカをYさんが見せてくださいました。
綺麗に並べられたイカは芸術品のよう。
大きさによって規格が決められていますが、三沢産の昼イカは、規定の規格を上回る大きさで箱詰めされていて、その品質の高さとこだわりは一級品です。
f0149209_104669.jpg

水揚げ作業の迅速さも、三沢漁協の自慢の一つです。
その1つが、『浮き桟橋』『コンベア』です。
鮮度が命のイカでは、迅速な水揚げは不可欠だそうで、Yさんの説明ひとつひとつに感心してしまいました。
f0149209_11535.jpg

イカの箱には「ミス・ビードル号」のイラストが入っていて、それが『赤とんぼ』に見えることから、三沢産の昼イカを『赤とんぼ』と呼ぶそうです。
f0149209_152296.jpg

イカは活きているので、指で触ると、サッと色が変わります。
そして、水揚げした船の名前もしっかり入っています。
f0149209_195100.jpg

イカを積んだ漁船が次々と帰港してきます。
f0149209_111930.jpg

本当に水揚げは速いです!
f0149209_1121436.jpg

今回、港を案内していただいた、三沢市漁業協同組合の皆さん。
真ん中がYさんです。
f0149209_113628.jpg

笑顔が絶えない皆さん。
f0149209_1154399.jpg

優しいけど、ちょっぴり力持ちの皆さん。
皆で、『三沢の昼イカ』に情熱を注いでいらっしゃいます。
f0149209_1161892.jpg

水揚げが終わる頃には、入札の準備が始まっています。
f0149209_1191147.jpg

私は、Yさんのご厚意で新鮮なイカを頂いてしまいましたので、早速バター焼きにしてみました。
火を通し過ぎないようにして、柔らかく仕上げてみましたが、これが絶品(^^)v。
この身の厚さ、分かるでしょうか?
一級品と呼ぶに相応しい美味さでした!
f0149209_122268.jpg

『三沢の昼イカ(スルメイカ)』の旬は7月~12月だそうですので、もうしばらく楽しめそうです。
三沢の『赤とんぼ』を見つけたら、是非食べてみてくださいね。


by jazz-photo | 2007-12-07 01:32 | 食の風景 | Comments(16)
2007年 12月 04日
『塩からあげ』は美味しい! -つききん からあげ屋さん-
今回は、八戸市湊町にあります『つききん からあげ屋さん』をご紹介いたします。
勿論、店名の通り「からあげ」が看板商品ですが、揚物を中心にたくさんのメニューが揃っている、『揚物専門店』です。
f0149209_222849100.jpg

注)
2017年6月現在のから揚げ屋さんの状況は下記のページでご紹介しておりますので是非ご覧下さい。
「からあげ屋さん(旧つききん)の塩からあげ -青森県八戸市-」


続きはこちらをご覧くださいませ!

by jazz-photo | 2007-12-04 22:31 | 食の風景 | Comments(18)
2007年 11月 28日
海苔屋さんの十割蕎麦 -斎藤海苔屋-
今回は、野辺地町にある『マルシメ斎藤のり屋』さんをご紹介いたします。
と言っても、のり屋さんの本業をご紹介するのではないのですが、こちらは毎週金曜、土曜、日曜日には蕎麦屋さんを開くんです。
のり屋さんなのに蕎麦屋さんなんて、ちょっと変わってるでしょ(^^;)。
外見はどう見ても普通の商店です。
f0149209_2314467.jpg

小さな暖簾をくぐると、廊下には本業の商品が並んでいて、「本当にのり屋さんなんだ!」と、改めて納得します。
f0149209_23182169.jpg

こちらは、ご主人が研究熱心なようで、数々の商品開発をしてるようです。
実は、私の大好きな『北の真珠』『マルシメ斎藤のり屋』さんの製品なんです。
ソフトタイプのホタテなんですが、これがまた美味しいんです(^^)v。
f0149209_23221460.jpg

早速、靴を脱いで座敷に上がりますと、こじんまりしたテーブル席が並んでいて、自宅のようにホッとします。
でも、ご主人はお客さんの注文に大忙しでした!
ご主人はいつも、びしっとネクタイをしてるんですよ(^^)v
f0149209_23245734.jpg

私が注文したのは、『肉そば』です。
いわゆる、肉なんばんですが、素朴な味が優しくて、美味しい!
f0149209_2330275.jpg

この日は、たまたまサービスデーだったので、何と『北海シマエビ』が付いていました。
ラッキー!
茹でたエビですが、美味しかったです(^^)v
こう言う、お得なサービスはちょっと嬉しいですね。
f0149209_23332456.jpg

こちらのお店は、本文にもご紹介した通り、蕎麦は金曜日、土曜日、日曜日のみの営業で、11:30~14:30までです。
場所は、野辺地警察署前の通りを青森方面に向かい、大湊線の踏切を渡ると、AUショップの前に幟が立っています。幟の場所を右折するとお店が見えます。
こちらの特徴は、注文した蕎麦に関して、ご主人自ら、「茹で加減」をお客様に確認しています。
こう言う細やかな配慮が嬉しいですね。


by jazz-photo | 2007-11-28 23:43 | 食の風景 | Comments(20)
2007年 11月 18日
秋色のスイーツ -田重菓子舗-
いよいよ本格的な冬の到来ですね。
今は、私の部屋からは降り続く雪で真っ白になった道路や家が見えてます(^^;)。

でも、ちょっと秋の香りのする、七戸町にあります『田重菓子舗』さんのスイーツをご紹介いたします。
こちら、『田重菓子舗』さんの伝統の味を守り抜いてるのが、六代目のKさんとKさんのお母さんです。
その六代目のKさん自らが自信を持って紹介されてます、秋限定スイーツです。
f0149209_2029557.jpg

これが、噂の『渋皮モンブラン』です。
田重さんの洋菓子全般に言えることなんですが、こちらの大きな特徴は「上品な甘さ」なんです。
勿論、この『渋皮モンブラン』も甘さ控えめで美味しいです(^^)v。
f0149209_20332741.jpg

こちらは、ある意味、日本に伝わってきた洋菓子の原点とも言える『長崎カステラ』です。
出来立てのカステラが出番を待っていました。
美しい包装が、六代目のこだわりを感じさせます。
f0149209_2035288.jpg

そして、同じように出来立ての『駒まんじゅう』です。
いわば、『田重菓子舗』さんの看板とも言える和菓子です。
これぞ、伝統の味です!
f0149209_20501056.jpg

こちらのお菓子は全て手作りのため、数に限りがあります。
でも、それだけに丁寧に仕上げられた和菓子・洋菓子は、甘さが苦手の男性の方にもお奨めですよ。


by jazz-photo | 2007-11-18 20:57 | 食の風景 | Comments(22)
2007年 11月 06日
美味しいお寿司はいかが? -宝寿司-
前話に続いて、美味しいものをご紹介しますね(^^)v。
今日は三沢市にあります『宝寿司』さんです!
お寿司屋さんというと「高い」と言うイメージがありますが、ここ『宝寿司』さんは、私達庶民の味方です。
気軽に美味しいお寿司が楽しめる、とっても気さくなお店です。

早速、いつものメニューを頼みました(^^;)。
カウンターには、早くも美味しいお刺身が出てくる予感が・・・・・。
f0149209_2134478.jpg

腕を振るうのは、一見ちょっと怖そうで、実は笑顔の可愛いKさんです。
とっても気さくで、カウンターでのおしゃべりも楽しみの一つです。
f0149209_21364249.jpg

カウンターには次々とお刺身の数々が並びます!
津軽海峡の本マグロや地魚ばかりです。
f0149209_21381391.jpg

食べ始めると、さらに『活ボタンエビ』が登場です。
あまりの活きの良さに、飛び跳ねてました(^^;)。
f0149209_21394641.jpg

おおっ!ウニも参戦してきました(^^)。
これ、当たり前の言い方ですが「美味しい」です。
f0149209_21422511.jpg

一通り、お刺身を食べ終わる頃に、にぎりが出てきます。
f0149209_2145712.jpg

嬉しいことに、あら汁も付いてるんですよ!
これがまた絶品なんです(^^;)。
f0149209_21461547.jpg

完食して、お茶を飲みながらKさんとおしゃべりを楽しんでる所に、大将のTさんが、活イカの仕入れを終えてお店に帰ってきました。
真打登場です(^^)v。

早速、お刺身になって再度カウンターの上に・・・・。
f0149209_21492596.jpg

身が透き通って、抜群の歯応え!
なんと言う美味しさ!
f0149209_21512667.jpg

そして、こちらが『宝寿司』の大将、Tさんです。
Tさん曰く、「寿司屋はやっぱり包丁でしょう!」と言うことで、ポーズを決めてくれました(^^)v。
ひょうきんな大将です!
f0149209_21532090.jpg

こちら『宝寿司』さんは、本当に驚きの値段です。
この感激は是非お店で味わって頂きたいので、あえて書きませんが、懐具合にとってもエコな感じです。

※今回の写真はお店の許可を頂いて撮影させていただきました。


by jazz-photo | 2007-11-06 22:02 | 食の風景 | Comments(30)
2007年 11月 05日
ヘルシーなお惣菜はいかが? -蓮華道(はなみち)-
今回は、私達単身赴任者の味方でもあります、横浜町の素敵なお惣菜屋さん『蓮華道(はなみち)』さんをご紹介します。
場所は、国道279号線の吹越駅から野辺地方面に向かって、善知鳥バス停前を左に入った所です(幟が立ってます)。

この特徴ある外観が目印です。
f0149209_217347.jpg

この『蓮華道』さんを切り盛りされてるのが、こちらの看板娘さん達(右側が女将さん!)です。
f0149209_2110475.jpg

こちらの特徴は、ヘルシーで優しい味です。
これは、女将さんのこだわりの逸品である『たまごコロッケ』です。
男性はコロッケが大好き!
勿論私もです(^^)v。
f0149209_21192217.jpg

こちらは、『れんこんのきんぴら』です。
驚きの安さです!
最近、何でも値上げで嫌になってしまいますが、ここは私達の味方です!
f0149209_21212027.jpg

こちらは、『大根とホタテのなます』です。
陸奥湾と言えば、ホタテですからね(^^)v。
f0149209_2124275.jpg

お店の周りにも女性らしい心遣いが見られます。
f0149209_21282658.jpg

ちょっと判り難い場所なのですが、お惣菜だけではなく、コーヒーや軽食もありますので、是非寄ってみてはいかがでしょうか?
なお、火曜日は定休日だそうです。


by jazz-photo | 2007-11-05 21:31 | 食の風景 | Comments(20)
2007年 10月 24日
林檎の詩 -津軽 アップルロード編-
今日は、弘前市のアップルロードの様子をご紹介いたします。
でも、『サンつがる』の収穫が終わった後なのでちょっと寂しい写真ですが、ご容赦の程を!

私がお邪魔した時は、前日に強風が吹いていて、丹精込めたリンゴの一部が落ちてしまったとの事でした。
でも、リンゴ自体には損傷が無いので、選別して加工用にするそうです。
f0149209_2249281.jpg

リンゴの入っていない『カゴ』は心なしか寂しそう!
f0149209_22524643.jpg

こちらのリンゴ園でも『サンつがる』が終わって、次の主力品種『ふじ』に向けて作業が始まってました。
少し、色付いてきましたね(^^;)。
f0149209_22535255.jpg

リンゴ園の看板娘さん達は実に楽しそうにお茶を楽しんでいましたよ(^^;)。
実は、この後、お茶やお茶菓子まで頂いてしまいました(^^)v。
ご馳走様でした!
f0149209_230076.jpg

どなたが置いたのでしょうか?
何だかとっても愛おしそうに見えました。
f0149209_2311398.jpg

リンゴ園には、リンゴだけじゃなく、ネクタリンも赤い実を付けていました。
これもご厚意で食べさせていただいたんですが、その味に思わずびっくり!
本当に美味しかったです!
f0149209_2334299.jpg

お礼に私もほんの少しお手伝いをしてきました。
リンゴの袋は二重になってますので、上の袋だけを剥がしていくんだそうです。
皆さんは手馴れていて速いんですが、私は皆さんの足元にも及びませんでしたけどね(爆)。
f0149209_2353160.jpg

お元気なのは、健康にも気を遣っているからだそうです。
それを大胆にアピールしてました(爆)
お元気なはずです!

f0149209_23104085.jpg


by jazz-photo | 2007-10-24 23:12 | 食の風景 | Comments(14)
2007年 10月 23日
林檎の詩 -南部町留長果樹園編-
青森と言えば、『リンゴ』ですよね(^^;)。
青森のリンゴの産地は、「津軽地域」「三戸・南部地域」があります。

JAZZの写真館では、この2大産地のポートレートをお伝えしていきますね(^^;)。
第1回は「三戸・南部地域」にあります南部町の『留長果樹園』さんです。

これは、美しい『サンつがる』です。
f0149209_21255167.jpg

お邪魔した日には、リンゴ畑には可愛いお客様も来ていました。
f0149209_1949145.jpg

雨の後の雫も甘いような感じがします。
f0149209_19503648.jpg

『留長果樹園』さんの看板娘、SACCOさんも大忙しです(^^;)。
「えっ?誰だかわからないって?」
f0149209_19515486.jpg

大変失礼致しました(爆)。
f0149209_19542261.jpg

でも、この日はもう一人『看板娘』がいたんですね(^^;)v。
お手伝いも楽しそう!
f0149209_19553918.jpg

皆で頑張って収穫した大切な『サンつがる』です。
リンゴだらけだね(^^;)。
f0149209_195864.jpg


by jazz-photo | 2007-10-23 19:59 | 食の風景 | Comments(30)