カテゴリ:街角の風景( 66 )

2007年 12月 19日
Illumination Fantasy
土曜日から火曜日にかけて、体調を崩してしまい、皆様にご心配をお掛けいたしましたが、おかげ様で、体調も回復し、食事も普通に摂れるようになりました。
皆様の温かいコメントの数々、本当にどうもありがとうございましたm(_ _)m。
但し、しばらくの間、コメントのお返しや「お友達サイト」への訪問は滞るかも知れませんが、どうかご容赦ください。


三沢市『アメリカ村』のIllumination
米軍三沢基地の前には、恒例の大きなクリスマスツリーに加え、今年で2回目になったペットボトルを使ったイルミネーションが美しく飾られています。
こちらは、大きなクリスマスツリーです。
f0149209_2151127.jpg

これが、ペットボトルのツリーとトンネルです。
なかなか美しいですね。
全部で15,000本なんだそうですよ(^^)v。
f0149209_21564550.jpg

トンネルの中はこんな感じになってます。
f0149209_2158123.jpg

ツリーも美しいですよ。
高さは9.5mとのことで、結構高いんです。
f0149209_21594524.jpg

可愛い、トナカイですね。
f0149209_2205421.jpg

来年1月10日まで、毎日午後4時半から10時まで点灯されるそうなので、是非お楽しみ下さいね。


三戸町のIllumination
こちらは、三戸町川守田(かわもりた)にありますMaxValu近くのIlluminationです。
普通の民家に飾られていますが、実に見事です。
素晴らしいです。
f0149209_22102212.jpg

住宅部分のアップですが、本当に綺麗です!
精巧に飾られていて、クリスマスムード満点です(^^)v。
f0149209_22192020.jpg



by jazz-photo | 2007-12-19 22:22 | 街角の風景 | Comments(18)
2007年 12月 14日
ブルーライトヨコハマ
『街の灯りが とてもきれいね
 ヨコハマ ブルーライト・ヨコハマ・・・・・・・・』

とは、1969年(昭和44年)に大ヒットした、いしだあゆみさんの曲です。

ここ青森県にも『ブルーライトヨコハマ』がありました。
横浜町の国道279号線です。
f0149209_22394287.jpg

ちょっと寂しくはありますが、確かに『ブルーライトヨコハマ』には間違いありません。
こちらは横浜中学校前です。
f0149209_22534469.jpg

ちょっと、ピントをずらしてみるとこんな素敵な模様になります。
幻想的でしょう?
f0149209_22545492.jpg

自分の車にもライトがあったので、一緒に載せちゃいます。
もうすぐ70000キロです!
青森に来てよく走ったものです。
f0149209_22561487.jpg

さあ、皆さんご一緒に歌いましょうね。
 街の灯りが とてもきれいね
 ヨコハマ ブルーライト・ヨコハマ
 あなたとふたり 幸せよ
 いつものように 愛の言葉を
 ヨコハマ ブルーライト・ヨコハマ
 私にください あなたから

 歩いても歩いても 小舟のように
 私はゆれて ゆれてあなたの胸の中
 足音だけが ついて来るのよ
 ヨコハマ ブルーライト・ヨコハマ
 やさしいくちづけ もう一度


by jazz-photo | 2007-12-14 23:00 | 街角の風景 | Comments(22)
2007年 12月 09日
鉄路跡の風景 Part2 -JR貨物八戸線、専用線-
今回も、廃線跡の話題をご紹介いたします。
前回の『鉄路跡の風景 Part1』でも書いたのですが、私は決して鉄道マニアではありません。
しかし、錆びついた線路を見ると、「どんなドラマがあったんだろう!」と思ってしまいます。

ご紹介するのは、八戸市の馬渕川沿いに川原木に伸びる、『JR貨物八戸線と専用線』です。
こちらはつい1年半程前(確か)まで使用されていました。
f0149209_21302837.jpg

米軍三沢基地用の航空燃料を輸送するための路線だったようです。
廃線後、少ししか経ってないのに錆びついてきましたね。
f0149209_2134187.jpg

軍用だったことが窺えます。
f0149209_21344931.jpg

線路の向こうに見えるのが米軍油槽所です。
f0149209_21354363.jpg

でも、道路に残った線路は、もう二度と貨物列車が通らないことを物語っていました。
f0149209_2138232.jpg

自然に帰ろうとしているかのようです。
f0149209_21395226.jpg

寂しい風景ですが、鉄路の響きは残っているような気がしますね。
f0149209_21414477.jpg

逆光に輝く枯れ草が美しく、線路も負けじと輝きながら伸びています。
f0149209_21424733.jpg

実際よりうんと長く見える足の影と共に記念撮影をして、線路をあとにしました。
f0149209_2145078.jpg


by jazz-photo | 2007-12-09 21:48 | 街角の風景 | Comments(16)
2007年 12月 05日
八戸柳町界隈
どこの街にも、どこか懐かしく、心の重荷をそっと降ろせる場所があります。
ここ、八戸の柳町界隈もそんな場所です。

新井田川に架かる八戸線の鉄橋
f0149209_223884.jpg

静かに釣りを楽しむ地元のおじさんも景色の一部です。
f0149209_2234782.jpg

川岸の道路は、高さがなくて注意が要ります。
道路高さは2.2m。
f0149209_2252225.jpg

柳橋の近くにある「柳橋の子供」と言う意味なんでしょうか?
f0149209_2261927.jpg

柳橋下には更なる低さが見えてきます。
f0149209_2292471.jpg

川岸には自家用に干したイカが風に揺れていました。
f0149209_2211015.jpg

もはや、屈まずには通れない高さです。
何と、1.65m!
f0149209_22114710.jpg

歴史を感じますが、人の気配がなくなった廃屋は、何か寂しそう。
f0149209_22143930.jpg

『ホロキ長根』。
この地名の由来は一体?
f0149209_22145641.jpg

「夕凪食堂」。素敵な名前の食堂です。
f0149209_22161989.jpg

道路に面して、イカを干している女性に会いました。
f0149209_2219977.jpg

美しく揃って干されたカレイも彼女のこだわりです。
f0149209_22201344.jpg

こちらはスケトウダラを干したもの。
飴色の身が透き通ってます。
f0149209_22232840.jpg

味見に、カレイを一枚頂きました。
噛むと海の香りが口一杯に広がります。
f0149209_22244267.jpg

路地裏から見える八戸線陸奥湊駅
f0149209_22275376.jpg

人情と潮の香りが人の心を癒す場所です。
f0149209_22285264.jpg

※「ホロキ長根」については、一説に「法力長根」と言う話も聞いた事があります。
もしご存知ならコメント欄で教えて頂けると幸いです。


by jazz-photo | 2007-12-05 22:31 | 街角の風景 | Comments(24)
2007年 12月 03日
鉄路跡の風景 Part1 -南部縦貫鉄道-
『廃線』と言う言葉は、何とも寂しいですね。
でも、かつての栄光の日々の跡を見ると、朽ち果てていても当時の鉄路の響きが感じられる様な気がします。
私は決して鉄道マニアではないのですが、身近な廃線跡に郷愁を感じて、撮影してみました。
何回かに分けてご紹介したいと思いますが、今回は野辺地-七戸間を結んでいた『南部縦貫鉄道』の栄光跡をご紹介いたします。

サビて行きますが、存在感はありますね。
f0149209_15314150.jpg

枕木も朽ちていますが、農耕用道路として利用されています。
f0149209_15334771.jpg

『勾配標』も文字が読めなくなってます。
この地点から上り勾配だったことだけは判りますね。
f0149209_1535177.jpg

線路が外された鉄橋ですが、寂しいですね。
鉄橋を渡る列車の響きは永遠に聞かれなくなりました。
f0149209_15404285.jpg

線路脇の電柱は、廃線になった今でも雑草に埋もれながらもしっかり立っています。
f0149209_15433361.jpg

大部分の線路は取り外されていますが、道路に取り残された場所もあります。
もう踏切ではなくなりました。
f0149209_15463662.jpg

新幹線の七戸駅が2010年度に開業するそうです。
もし、この鉄道が残っていたなら、新幹線と下北半島の玄関口を結ぶ鉄道になった筈でした。
そして、我が六ヶ所村まで延伸していたら・・・・・。
そんな夢を見ながら廃線跡を見るのも良いかも知れませんね。


by jazz-photo | 2007-12-03 15:56 | 街角の風景 | Comments(20)
2007年 11月 08日
今話題の黒石界隈
今回は、『黒石やきそば』で脚光を浴びている、黒石散歩をちょっと違った視点でご紹介いたします。

なんと言っても、黒石と言えば『こみせ通り』ですね。
f0149209_20565599.jpg

昔風の佇まいが素敵な場所です。
f0149209_20582130.jpg

造り酒屋さんの素晴らしい佇まいの中には、歴史が息づいています。
f0149209_2102320.jpg

実際に演奏の音が聞こえてくるような感じがします。
f0149209_211149.jpg

店先にもちょっとした心遣いが感じられます。
f0149209_212911.jpg

でも、散策していくと、この幟が目立ちます。
やはり、黒石と言えば、これは外せませんね(^^)v。
f0149209_2163113.jpg

と言う訳で、散策はあっさり切り上げて、『つゆやきそば』にGO!
やってきました、つゆやきそばの『妙光』さんです。

f0149209_21185697.jpg

これが噂の妙光『つゆやきそば』です。
香ばしい香りと絶妙なスープが新鮮で、美味しいです。
揚玉も素晴らしいアクセントです。
f0149209_21213347.jpg

お腹も一杯になったところで、少しだけ腹ごなしです。
この独特な、火の見櫓も黒石のシンボルです。
f0149209_21244374.jpg

黒石は夏の『黒石ねぷた祭り』、『黒石よされ祭り』で賑わいますが、この時期のしっとりとした街並みも素敵です。

by jazz-photo | 2007-11-08 21:28 | 街角の風景 | Comments(30)