<   2009年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧

2009年 06月 27日
ご結婚おめでとうございます <番外編> -十和田乗馬倶楽部フェスタ-
-結婚式の記事をご覧頂きました皆様へ-
心温まるお祝いのメッセージを頂きましたこと、ご本人様からもお礼のメッセージが書かれていますが、私からも心よりお礼申し上げます。
幸せな人生のスタートが切れた事は、二人にとってこの上ない幸せだと思います。
本当に有難うございましたm(_ _)m。


ブログ名物、お約束の番外編をお届けいたします。
是非、お楽しみ下さい。

 「それは、ちょっと・・・・・」
K「ぼっ、ぼっ、暴力はいけません!」
N「もう一遍言って御覧なさい! 何が暴力なのよ!」
f0149209_20565053.jpg


続きはこちらからご覧くださいませ!

by jazz-photo | 2009-06-27 21:56 | 祭り・イベントの風景 | Comments(6)
2009年 06月 26日
ご結婚おめでとうございます -十和田乗馬倶楽部フェスタ-
流鏑馬でもお馴染み、「カウガール日記」のなおPさんがご結婚されました。
f0149209_23343535.jpg

何と、『第10回十和田乗馬倶楽部フェスタ』で結婚式をされたんです!
私も駆けつけましたよ(^^)v。
なおPさんから、承諾を頂いておりますので、結婚式の模様を少しだけご紹介したいと思います。

新郎Kさん、新婦なおPさん、本当におめでとうございます。
心から祝福させていただきます。


続きはこちらからご覧くださいませ!

by jazz-photo | 2009-06-26 00:06 | 祭り・イベントの風景 | Comments(16)
2009年 06月 17日
写真展が終わって・・・・・
’09青森ブロガー写真展「ブログのちから」~あおもりを愛する仲間達~
f0149209_035642.jpg

が年5月30(土)~31(日)に青森県弘前市の 「弘前市立百石町展示館」で開催されてから、もうすぐ1ヶ月になろうとしています。
主催者の青森太郎さん、本当にお疲れ様でした。
茨城の私にまで声を掛けていただいて、本当に有難うございました。
また一つ良い思い出が出来ました。
そこで、私が出展した写真2点をご紹介したいと思います。


「小川原湖の情景」

f0149209_062732.jpg

7月の小川原湖の夕暮れです。
静かな湖面に『マテ小屋』と呼ばれる伝統漁法の小屋が静かに時を刻んでいます。
空は青からオレンジのグラデーションになって、息を呑む風景に夢中でシャッターを切りました。
シャッターチャンスを待つ間は、やぶ蚊との格闘でしたけど、待った甲斐がありました。


「暮れなずむ千歳の丘」

f0149209_0134426.jpg

初秋の風景です。
六ヶ所村は昔から開拓が盛んでした。
移住した方々は、ご自分達の故郷を偲んで開拓地に故郷の地名を付けたそうです。
ここ千歳は北海道から移住した方々の開拓地です。
その他、「庄内」などの地名も残っています。
オレンジに染まった空に、牧草を刈り取るトラクターが、一日の作業を終えて静かに休んでいました。


事務局の皆様、本当にお疲れ様でした。

by jazz-photo | 2009-06-17 00:20 | Comments(7)
2009年 06月 14日
酒菜や いし乃 -青森県青森市-
青森県は美味いものの宝庫ですよね(^^)v。
今回は、そんな青森県の美味いものを手軽に味わえるお店、青森市の『酒菜や いし乃』さんをご紹介します。
こちらは青森駅からはちょっと離れていて、ホテル青森から程近い所にあります。
新鮮な魚介類や山菜が楽しめるお店です。
f0149209_2144537.jpg

まずご紹介したいのが、ご当地ならではの『ホッケのお造り』です。
脂が乗っていて、なおかつ適度な歯応えがあって、これは美味しいです!
f0149209_2164112.jpg

こちらは、『山葵(わさび)』です。
シャキシャキしていて、辛すぎず適度な爽快感が楽しめる一品でした。
f0149209_2185649.jpg

そして、青森で忘れてならないのが、これっ!
『フジツボ』です!
関東でフジツボといえば、海岸の岩にくっついている小さな三角形の『火山』みたいなものですが、こちら青森の『フジツボ』は巨大です!
真ん中の爪のような所を引っ張り出して食べるんですよ。
『フジツボ』は甲殻類、つまり、エビやカニの仲間なので、味もそれに近いものがあります。
これは病み付きになる美味しさです(^^)v。
身を食べたら、殻の中の汁まで頂くのがお約束です(爆)
ちなみに、結構、高級品です!
f0149209_21124147.jpg

こちらは、『ノレソレ』です。
『ノレソレ』って、分かりますか?
アナゴの稚魚の事なんです。
とても、さっぱりしています。
東京でもたまに見かけますよね。
f0149209_21164737.jpg

旅に出たら、その土地でしか味わえないものを食べるのが楽しみの一つですよね!
青森には、そんな『郷土の味』が沢山あります。
私も、一つを除いて大好きです!
それは何かって?

実は、『ホヤ』だけは未だに天敵なんです(爆)


by jazz-photo | 2009-06-14 21:20 | 食の風景 | Comments(18)
2009年 06月 13日
鷲子山上神社 -茨城県常陸大宮市、栃木県那珂川町-
タイトルをご覧になって、「あれっ?」って思われた方もいらっしゃるのではないでしょうか?
今回ご紹介する「鷲子山上神社(とりのこさんじょうじんじゃ)」は、茨城県と栃木県の県境に建つ神社なんです。
写真の通り、鳥居の真ん中が県境になっています。
つまり、参道の左側が栃木県、右側が茨城県なんです!
f0149209_1915509.jpg

参道から見下ろすと、向かって左側が、「茨城社務所」、右側が「栃木社務所」になっているんです(^^;)。
f0149209_1919856.jpg

お守りなどは、「栃木社務所」で販売しています。
こちらの神社は、社務所にも書いてある通り「ふくろう神社」と呼ばれています。
「ふくろう=不苦労」と書いています。
苦労知らず「福来郎」福が来る人「福老」幸福な老人などと記して幸運を呼ぶ鳥なのだそうです。
f0149209_19252278.jpg

参道を上がっていくと、文化12年(1815)年に建立された立派な楼門(随神門・安養閣)が出迎えてくれます。
f0149209_19285278.jpg

厳かな雰囲気が良いです。
頑張れ、チビ助!
f0149209_1931434.jpg

神社の創建は、大同2年(807)なのだそうですが、現在の本殿は、天明8年(1788)に再建されたものだそうです。
やっぱり、ふくろうがいました(^^)v。
f0149209_19352695.jpg

楼門の後ろの参道脇に、石のふくろうが三体ありました。
後姿がなかなか可愛いです!
f0149209_1936411.jpg

こちらは、「栃木社務所」の裏手にある「亀井戸」です。
なかなか気持ち良さそうに水浴びしています。
f0149209_19461243.jpg

私が訪れたゴールデンウィーク明けには、「亀井戸」の周りはニリンソウが花盛りでした。
f0149209_19411255.jpg

是非、県境を跨いでの参拝を体験されてみてはいかがでしょうか?
f0149209_19452150.jpg


by jazz-photo | 2009-06-13 19:52 | 自然の風景 | Comments(8)
2009年 06月 09日
花園神社~奥の院 -茨城県北茨城市-
緑が綺麗な頃になりましたね。
久しぶりに、福島県境に近い、北茨城市の花園神社を訪れて見ました。
今回は、神社の更に奥にある「奥の院」まで行く事にしました。

花園神社の歴史は古くて、創建は今から約1200年前の延暦14年(795年)と言われています。
こじんまりとした本殿には、様々な装飾と彩色が施されていて、なかなか美しい神社です。
f0149209_22232443.jpg

ここから約1km程ハイキングコースを辿っていくと、七ツ滝・奥の院の入口に着きます。
f0149209_22321116.jpg

この七ツ滝は茨城県の滝の中では「袋田の滝」に次いで美しい滝ではないかと思っています。
緑の中にひっそりと流れ落ちる様は美しいですよ。
一見の価値ありです!
f0149209_22345069.jpg

全景は見渡せないくらいのスケールです。
f0149209_22393050.jpg

いよいよ、奥の院を目指します。
山道が一気に険しくなってきます。
山岳信仰の神聖な場所だったんですね。
それにしても、鎖場とは・・・・・。
f0149209_22412294.jpg

鎖場を抜けると、木の根がごつごつしている、急な登りが待っています。
これはしんどいです(^^;)。
f0149209_2242398.jpg

体力の落ちた中年には辛いですが、何とかクリアして、奥の院に辿り着きました!
小さな祠なんですね。
f0149209_22471996.jpg

苦労して登ってきたんですから、さぞや景色は・・・・・。
と思いきや・・・・、実はあまり良くないんです(^^;)。
f0149209_22495599.jpg

下山して、林道から見る木々の緑は、とっても清々しくて、綺麗です。
f0149209_22511838.jpg

道端で見つけた、サルナシの花の蕾です。
秋には甘酸っぱい実を沢山つけることでしょうね。
f0149209_22524448.jpg

ハルジオンには、羽の模様が美しい「クモガタヒョウモン」が吸蜜に訪れていました。
「クモガタヒョウモン」は、ヒョウモン類の中でもとりわけ美しい種類です。
特にこの時期は、地色のオレンジに鮮やかな黒い紋が目立ちます。
偶然にも、「クモガタヒョウモン」の後に、小型の蜂が写っていますね。
偶然とはいえ、なかなか撮れない写真です!
ちなみに、この「クモガタヒョウモン」は男の子です!
イケメンでしょ?
f0149209_230788.jpg


by jazz-photo | 2009-06-09 23:02 | 自然の風景 | Comments(10)
2009年 06月 07日
Colors
自然の生み出す色って凄いですよね。
身近な色をスケッチしてみました。

 Yellow
f0149209_22545110.jpg


f0149209_22551323.jpg


 Green
f0149209_2257926.jpg


f0149209_22573676.jpg


f0149209_2257531.jpg


 Purple
f0149209_2259237.jpg


f0149209_22593869.jpg


f0149209_22595450.jpg


f0149209_2301392.jpg


 Colors
f0149209_231781.jpg


by jazz-photo | 2009-06-07 23:01 | 自然の風景 | Comments(8)
2009年 06月 06日
ぴーなっつ最中 -千葉県成田市-
---- お陰さまで通算80000HITになりました。 どうも有り難うございましたm(_ _)m ----
皆様のご支援のお陰で、このブログも、始めてから40000HITを達成する事ができました。
青森時代の「青森のスキマ日記」から通算すると80000HITを超えたことになります。
これもひとえに、皆様のご支援と励ましに支えられたものと思っております。
多忙のため、更新頻度は落ちていますが、これからも続けて行きたいと思いますので、どうか宜しくお願い致します。


さて、『ぴーなっつ最中』です!
これは、娘がお土産に持ってきてくれたものです。
やはり、千葉と言えば落花生(ピーナッツ)でしょう(^^)v。
まず、この洒落たパッケージが良いですよね!
この『ぴーなっつ最中』は千葉県成田市に本店がある『なごみの米屋(よねや)』さんのお菓子なんです。
形が、『ぴーなっつ』なんですから、凄いです!
f0149209_15241898.jpg

最中自身ももちろん、『ぴーなっつ』の形になってます。
実は餡にもピーナッツが練りこんでありますので、香ばしくて美味しいです!
お茶との相性はピッタシです!
f0149209_15311262.jpg


by jazz-photo | 2009-06-06 15:31 | 食の風景 | Comments(12)