<   2015年 01月 ( 11 )   > この月の画像一覧

2015年 01月 20日
フォト・エッセイ 第七章 「写真機の質感とは」
このフォト・エッセイをご覧下さって頂いてる方は、「フォト・エッセイ 第五章 「魔性の黒」」でかつてのJAZZ少年が黒いカメラに憧れを持っていたことはご存じだと思います。

中学生になる頃は、もういっぱしのカメラ評論家になっていて、お金のないガキのくせしてカメラの薀蓄では誰にも負けない位になっていたのである。
しかも、黒いカメラに関してはもう、目がハートマークになるほど恋してしまっていた。
この頃のカメラは外装が真鍮でできていて、今のように強化プラスティックやマグネシウム合金ではなかった。
殆どがプレス機で成形されていて、現在の金型を使った成形法ではなかった。
当時のカメラの持つ金属特有の冷たさと温かさ、真鍮フェチのJAZZ少年の憧れをどんどん加速させていったのである。

それから月日が経って、ある事件が起きた。
何と、真鍮外装ではないカメラが現われてしまったのである。
それは、「チタン(Titan)」。
しかも、そのカメラは市販されたものではなく、冒険家として有名な「植村直己」氏の北極点単独到達のために特別にNikonが製作したカメラ「Nikon F2 植村スペシャル」だった。
極寒のもとで耐久性を発揮する金属って一体何?

純真無垢なJAZZ少年から今はJAZZオヤジになってしまったが、その憧れは今でも変わらない。
いくつかの遍歴を経て、今、手元にあるチタン製カメラがこれである。
f0149209_185546100.jpg


続きはこちらをご覧ください!

by jazz-photo | 2015-01-20 19:07 | フォトエッセイ | Comments(0)
2015年 01月 18日
青り25号 -青森県青森市-
「4-23 -青森県五所川原市-」で、県内でも中々目にすることのない貴重なリンゴ4-23をご紹介致しましたが、今回のリンゴもそれに負けないくらい目にしないリンゴです。
その名は、「青り25号」です。

私はリンゴが好きなので、品種を見極めながら買っているためか、珍しいリンゴに目が行ってしまいます。
今回の青り25号も、「ふじ」や「ジョナゴールド」のような品種名がついていないリンゴの一つのようです。
f0149209_185649100.jpg


続きはこちらをご覧ください!

by jazz-photo | 2015-01-18 19:01 | 技の風景 | Comments(2)
2015年 01月 16日
田植え餅つき踊り(石持地区) -青森県東通村-
東通村の小正月には、各地区でこの「田植え餅つき踊り」の皆さんが各戸を門付して回ります。

前回は目名地区をご紹介いたしましたが、今回は石持地区をご紹介いたします。
しかし、本当に素晴らしい行事ですね。
f0149209_2058413.jpg


続きはこちらをご覧ください!

by jazz-photo | 2015-01-16 21:25 | 祭り・イベントの風景 | Comments(0)
2015年 01月 15日
田植え餅つき踊り(目名地区) -青森県東通村-
小正月です。
この時期に行われる東通村の伝統行事が「田植え餅つき踊り」です。
私もいつかは見てみたいと思っていたのですが、仕事の関係もあって中々実現しませんでした。
f0149209_21292319.jpg



続きはこちらをご覧ください!

by jazz-photo | 2015-01-15 21:37 | 祭り・イベントの風景 | Comments(0)
2015年 01月 14日
新町界隈 -青森県青森市-
親しい友人と青森市中心街の新町で新年会に参加してきました。
駅前通りを散策です!

青森駅前近くの新町通りに面しているのが商業施設「AUGA」です。
この正面玄関前には、2012年11月2日に亡くなられたドイツ人陶芸家「ゲルト・クナッパー」さんの作品が展示されています。
ゲルト・クナッパーさんは茨城県大子町の工房で作陶活動を続け、その素晴らしい作品は国内外で高く評価されています。
今は、その作品も雪化粧をしていました!
私自身もゲルト・クナッパーさんの工房を何度か訪ねた経験があって、氏との楽しい時間を過ごしたことが思い出されます。
f0149209_19321481.jpg


続きはこちらをご覧ください!

by jazz-photo | 2015-01-14 19:43 | 街角の風景 | Comments(2)
2015年 01月 13日
あおもり灯りと紙のページェント -青森県青森市-
例年にない大雪となった青森市ですが、逆に雪の中での美しさを楽しむイベントもあるんですね。
青森ベイエリア遊歩道(A-Factory脇からねぶたの家ワ・ラッセ脇にかけて開催)で、可愛い光の和紙オブジェ「雪だるま~る」君達が優しく迎えてくれてます。
市民の皆さんが心を込めて作った作品です。
f0149209_19544178.jpg


続きはこちらをご覧ください!

by jazz-photo | 2015-01-13 20:04 | 祭り・イベントの風景 | Comments(0)
2015年 01月 10日
オオハクチョウと再会 -青森県六ヶ所村-
去年の1月にも『尾駮沼のオオハクチョウ』でご紹介したのですが、今年も沢山のオオハクチョウが渡ってきています。

私が公園に車を停めてから、車を降りて歩きだしたら直ぐに一羽のオオハクチョウが近づいてきました。
しかも、沼から駐車場まで急いで歩いてきてくれたのです!
f0149209_15173797.jpg


続きはこちらをご覧ください!

by jazz-photo | 2015-01-10 15:02 | 自然の風景 | Comments(6)
2015年 01月 08日
お正月でも -青森県六ヶ所村-
雪が降っていると出掛けなくなりますし、お祭りもなく・・・・。
ついにご紹介する写真もなくなってきました(>_<)。

単身赴任の正月となると、流石に「おせち料理」は無理ですから、せめて少しの贅沢でも。
f0149209_18303248.jpg

「イクラ丼」だけでは寂しいので、煮付けも添えて。
f0149209_18313057.jpg


by jazz-photo | 2015-01-08 18:36 | 日常と生活の風景 | Comments(4)
2015年 01月 04日
たぬきケーキ -青森県青森市-
今回ご紹介するのは青森市新町にある老舗洋菓子店『栄作堂本店』さんの「たぬきケーキ」です。
栄作堂本店さんは、昭和6年創業で青森市民に永く愛されてきたお店です。
青森県ではたぬきケーキを販売しているお店は結構あるのですが、そのどれもが可愛くて特徴がありますね。

実は中々縁がなくて買えなかったのですが、友人がお土産に買ってきて下さいましたので、やっとのご対面でした!
可愛いたぬきがこちらを見つめていますので、食べるのを躊躇ってしまいますよね(^^;)。
f0149209_2112182.jpg


続きはこちらをご覧ください!

by jazz-photo | 2015-01-04 21:18 | 食の風景 | Comments(6)
2015年 01月 02日
TOMIOKA(富岡光学) 21mm/f3.5
新年にちなんでレンズのNo.1にまつわる話題です。

ご興味のない方には申し訳ありませんが、カメラ好きな方には面白いかもしれません(^^;)。

一部のマニアの方には有名な「富岡光学」。
おもにOEMとしてレンズを製造して供給していたのですが、その優れた技術力と確かな製品作りで熱狂的なファンが今でもかなりいらっしゃいます。
OEMが多いのですが、その中のごく一部が、自社ブランド「TOMINON」として販売されました。
それ故に、自社ブランドのレンズは極めて希少価値が付いています。
今回ご紹介するのが、その中でも更に希少な超広角レンズ「TOMIOKA TOMINON 21mm/f3.5」です。
M42マウントなので、PENTAX SPに装着してみました。
f0149209_19325071.jpg

驚くべきは、その希少性だけではなく、製造番号なんです。
私の所有している「TOMIOKA TOMINON 21mm/f3.5」のシリアル番号は「301001」。
それがどうした!って思われるかもしれませんが、実はこれこそがNo.1だと思えるんです(私見ですが・・)。
この最初の「301」は製造所番号なんです。
今まで、このレンズの製造番号をネットで確認してきたのですが、すべて「301」から始まっています。
と言うことは、それ以降が製造順の通し番号と言うことになりますので、このレンズの「001」は、ラインアウト第一号のレンズと言うことになりますよね!
つまり、No.1であると思われるんです。
f0149209_19431164.jpg

素人の推測ですので、確証があるわけではありませんが、間違いないのではないでしょうか。
通常はラインアウトの最初の製品はなかなか出回らないと聞いていますので、もしかしたらJAZZ家の家宝になるかもしれませんよね(^^;)。
それが私の手元にあるってロマンを感じますね~!

by jazz-photo | 2015-01-02 19:56 | 写真機 | Comments(6)