<   2017年 02月 ( 10 )   > この月の画像一覧

2017年 02月 19日
フォト・エッセイ 第十章 「魅惑の緑」
ミノルタ。
今はコニカと合併してカメラの製造から撤退してしまいましたが、それでも日本のカメラの発展に大きく寄与した関西の名門であることに変わりはありません。
レンズ名にあの六甲山の名を冠したことでもマニアの心を捉えてやまないのである。

JAZZ少年が中学校に進学して出会った社会科のS先生。
「フォト・エッセイ 第四章 「生あるもの」」にそのいきさつを書いているが、その先生が使っていたカメラがminolta SR-1だった。
そのカメラの持つ優しいフォルムはS先生にとても似合っていたのである。
そして、度々S先生のカメラをお借りして楽しませて頂いたこともあり、JAZZ少年はニコンへの憧れとは別な親しみやすく使い易いブランドとして興味が湧いていたのである。
とはいえ、やはり中学生の分際で買えるカメラではなかった。
そんな折、突然にJAZZ幼年にとって世界が震撼するほどの大事件に思える出来事が起きたのである。
あのミノルタから、minolta SRT101が発売されたのである。
1966年の事である。
f0149209_21375678.jpg


続きはこちらをご覧くださいませ!

by jazz-photo | 2017-02-19 22:17 | アウトドアの風景 | Comments(0)
2017年 02月 16日
津輕・南部きまま旅(9) ー青森県弘前市ー
街歩きに疲れたJAZZオヤジは、藤田記念庭園内にある大好きな「大正浪漫喫茶室」に向かいました。
正面には雪をかぶった岩木山が見えてました!
ラッキー。
f0149209_191559.jpg


続きはこちらをご覧くださいませ!

by jazz-photo | 2017-02-16 19:22 | 旅行記 | Comments(2)
2017年 02月 14日
津輕・南部きまま旅(8) ー青森県弘前市ー
和と洋の歴史が薫る街「弘前」。
大好きな街です。
そんな街に残る素晴らしい建築を眺めながら散策をしてきました。
雪があることでまた風情が増している感じがしますね。
先ずは、1906年に建設された旧弘前図書館です。
良いですよね~!
うっとりします。
f0149209_2049460.jpg


続きはこちらをご覧くださいませ!

by jazz-photo | 2017-02-14 21:12 | 旅行記 | Comments(0)
2017年 02月 13日
津輕・南部きまま旅(7) ー青森県弘前市ー
翌日、私は迷わず弘前に向かいました。
歩いたせいか、喉が渇いてしかも体がポカポカしてきましたので、街歩きの前にちょっとドリンクタイムにすることに!
弘前城公園のそばを歩いていると見慣れたロゴと見慣れない店舗があるじゃないですか。
もしかして「Starbucks」
何と、全くスタバらしくないじゃないですか。
それもそのはず、1917年に建てられた陸軍師団長官舎の木造建築なんだそうです。
凄い!
早速中に入って、注文したのがこれ!
f0149209_20551452.jpg


続きはこちらをご覧くださいませ!

by jazz-photo | 2017-02-13 21:00 | 旅行記 | Comments(0)
2017年 02月 12日
津輕・南部きまま旅(6) ー青森県野辺地町ー
私は三沢から野辺地に向かいました。
そう「第11回のへじ停車場ランタンまつり」を見に行きました。
野辺地駅の雪は思ったほどではなく、むしろかなり少ないですね。
f0149209_2142095.jpg


続きはこちらをご覧くださいませ!

by jazz-photo | 2017-02-12 22:04 | 旅行記 | Comments(0)
2017年 02月 10日
津輕・南部きまま旅(5) ー青森県三沢市ー
さて、七戸町名物「旧正まける日」を堪能した私が次に向かったのが三沢です。
三沢には以前に住んでいたこともあって、旅行と言うより「故郷探訪」と言った方がぴったりかもしれません。
そんな、温かな気持ちになれる街なのです。
その三沢でも、本当にお気に入りで通ったお店がこちら「宝寿司」さんでした。
今回、久々にお邪魔することができました。
そこには、時間の空白を感じさせない居心地の良さがあって、昨日もカウンターに座っていたような錯覚に陥る親しみやすさに溢れています。
大将や板さんの笑顔や何気ない会話が「来て良かったな~」と思う場所なんですよね。
そこには青森の皆さんの飾らないおもてなしの心と優しさに満ちた空間が広がっているようでした。
f0149209_2118213.jpg


続きはこちらをご覧くださいませ!

by jazz-photo | 2017-02-10 21:23 | 旅行記 | Comments(0)
2017年 02月 09日
津輕・南部きまま旅(4) ー青森県七戸町ー

七戸町名物旧正まける日」と言えば、そう!
袋町神楽保存会 大柏山大権現による門打ちなんです。
私は、これが大好きで、今年もついて歩いてしまいました。
f0149209_21401327.jpg


続きはこちらをご覧くださいませ!

by jazz-photo | 2017-02-09 21:50 | 旅行記 | Comments(1)
2017年 02月 08日
津輕・南部きまま旅(3) ー青森県七戸町ー
翌日、雪も降っていない上々の天気の中、私は七戸町を目指しました。
七戸町名物旧正まける日
300年余りの伝統がある旧正の一大イベントです。
青森に単身赴任していた時は毎年この日を楽しみにしていたものです!
歴史的建造物でもある旧山勇商店さんが公開されて、温かいお蕎麦や美しい吊るし雛が旧家を彩るのも大好きでした。
早速、旧山勇商店さんに向かいました。
f0149209_22295791.jpg


続きはこちらをご覧くださいませ!

by jazz-photo | 2017-02-08 22:58 | 旅行記 | Comments(0)
2017年 02月 07日
津輕・南部きまま旅(2) ー青森県青森市ー
青森の祭と言えば、何と言ってもやはり「青森ねぶた」ではないでしょうか。
ラーメンでお腹を満たした私が次に向かったのがこちら!
冬でも勇壮な青森ねぶたを間近で堪能できる施設、それが青森駅からほど近い「ねぶたの家 ワ・ラッセ」です。
夏に行われる「青森ねぶた」では、ねぶたを見上げるくらいに近くで見ることは困難ですが、ここねぶたの家 ワ・ラッセでは近くでその勇壮な姿を楽しむことができます。
まさにこんな感じ!
f0149209_22402350.jpg


続きはこちらをご覧くださいませ!

by jazz-photo | 2017-02-07 22:52 | 旅行記 | Comments(1)
2017年 02月 06日
津輕・南部きまま旅(1) ー青森県青森市ー
私の中で青森は第二の故郷とも言える大好きな場所です。
青森県と言う一つの県の中に、津輕南部と言う二つの異なる文化圏があり、それぞれに素晴らしい魅力に溢れているのです。
あくまで個人的な感覚でしかありませんが、津輕と言えば私の大好きな太宰治の小説の中の原風景であり、南部と言えば寺山修司の先進性の世界が思い浮かびます。
そんな大好きな青森を2泊3日で行き当たりばったりの旅をしてきました。
しかも当日まで、あるイベントを除いて「どこに行こうか」と言う計画を立てずに行ってきました。

新青森に降り立った私はまず、特急「つがる」で一駅先の青森駅へ。
丁度昼時でしたので、親しい友人と待ち合わせてお奨めのラーメン店にお邪魔することにしました。
雪は例年より少ない印象でしたけど、雪を見るとやはり北國なんだなと実感してきます。
f0149209_2153470.jpg


続きはこちらをご覧くださいませ!

by jazz-photo | 2017-02-06 21:25 | 旅行記 | Comments(2)