2007年 12月 17日
ちょっと体調を・・・・
先週の土曜日の深夜、急に体調を崩してしまいました。
めったに体調を崩さない私としては、異例な事でした。
翌日、少し良くなりましたので、そのことを友人にメールしたのですが、その方から思いがけないご厚意を頂きました。

自分で食事を作るのもだるかったので、食事など食べなくても良かったのですが、ご親切に『お粥』を作って下さったのです。
しばらくぶりで『お粥』を食べましたけど、美味しいですね(^^)v。
優しい味です。お粥って、こんなに優しい食べ物だったんですね~!
f0149209_2103340.jpg

今日になって、職場の方から『手造りいくら』を頂きましたので、夕食は『いくら粥』にしました。
かなり豪華なお粥になりました。
美味しいのは当たり前ですね。
f0149209_214032.jpg

他に、『手造りイカ塩辛』も頂いたんですが、こちらは体調が戻ってからのお楽しみです。
f0149209_2164483.jpg
ご厚意を頂きました友人のAさん、職場のYさんに、
あらためまして、ここにお礼申し上げます。
どうもありがとうございましたm(_ _)m。
おかげさまで、明日は元気に東京に出張いたします。


# by jazz-photo | 2007-12-17 21:12 | 食の風景 | Comments(20)
2007年 12月 16日
Christmas Jazz Live in Marient
八戸市鮫町にあります、『八戸市水産科学館(マリエント)』で行われました、『Christmas Jazz Live』に行ってきました。
私は、夏に行われたLiveも行きましたので、2回目と言うことになります(^^)。
外は寒~いですが、中は熱気に包まれていましたよ!
今回、素敵な演奏を聴かせてくださったのは、
『Hachinohe Jazz Quartett + 2 & Reiko』の皆さんでした。
f0149209_19453620.jpg

存在感のある、TenorSax。
f0149209_19471860.jpg

素敵な色合いの、Wood Bass。
f0149209_19514366.jpg

メンバー紹介も兼ねて各メンバーの演奏をご紹介します。
(ただ、PianoのShizuko Maedaさんだけは場所の関係で写真が撮れませんでした。すいません。)
DrumsのSuguru Okudairaさん。
ちょっと見難い位置ですいません。
f0149209_1956274.jpg

BassのSeigo Kubosawaさん。
Saxも一緒に演奏してるみたい(^^;)。
f0149209_1957080.jpg

TromboneのNaoya Fujitaさん。
熱演です。
f0149209_20381666.jpg

AltoSaxのMasaaki Tanakaさん。
味があります。
f0149209_2040261.jpg

VocalのShizueさん。
声量のある歌声が素敵。
f0149209_2041148.jpg

トークも面白いVocalのReikoさん。
f0149209_20423320.jpg

TenorSaxのHiroto Matsuhashiさん。
素晴らしいテクニックです。
f0149209_20505643.jpg

相談、相談・・・・・。
f0149209_20512761.jpg

ああ、それそれ・・・・・。
f0149209_2052728.jpg

Live全体像です。
今回の演奏は、クリスマス曲を中心にした親しみやすい選曲となっていましたが、素晴らしかったですね(^^)v。
f0149209_20535174.jpg

そして、最後はマリエントの館長さんです。
この方の尽力でLiveが続いてるんですよ~。
一番楽しんでらしたのも、この館長さんでしたね。
ご苦労様でした!
ネクタイ格好良いすよ(^^)v。
f0149209_20554874.jpg

実は、夏のLiveで私はSさんと言う方と、偶然一緒のホールで演奏を楽しんだことを、後のコメントで知りました。
今回、私も再会を心待ちにしていたのですが、Sさんはお仕事の都合でいらっしゃることが出来ませんでした。
それで、今回の記事は写真の数を多くして全体を見ていただけるように致しました。

「Sさん!雰囲気は伝わりましたでしょうか?」

# by jazz-photo | 2007-12-16 21:05 | 音の風景 | Comments(10)
2007年 12月 14日
ブルーライトヨコハマ
『街の灯りが とてもきれいね
 ヨコハマ ブルーライト・ヨコハマ・・・・・・・・』

とは、1969年(昭和44年)に大ヒットした、いしだあゆみさんの曲です。

ここ青森県にも『ブルーライトヨコハマ』がありました。
横浜町の国道279号線です。
f0149209_22394287.jpg

ちょっと寂しくはありますが、確かに『ブルーライトヨコハマ』には間違いありません。
こちらは横浜中学校前です。
f0149209_22534469.jpg

ちょっと、ピントをずらしてみるとこんな素敵な模様になります。
幻想的でしょう?
f0149209_22545492.jpg

自分の車にもライトがあったので、一緒に載せちゃいます。
もうすぐ70000キロです!
青森に来てよく走ったものです。
f0149209_22561487.jpg

さあ、皆さんご一緒に歌いましょうね。
 街の灯りが とてもきれいね
 ヨコハマ ブルーライト・ヨコハマ
 あなたとふたり 幸せよ
 いつものように 愛の言葉を
 ヨコハマ ブルーライト・ヨコハマ
 私にください あなたから

 歩いても歩いても 小舟のように
 私はゆれて ゆれてあなたの胸の中
 足音だけが ついて来るのよ
 ヨコハマ ブルーライト・ヨコハマ
 やさしいくちづけ もう一度


# by jazz-photo | 2007-12-14 23:00 | 街角の風景 | Comments(22)
2007年 12月 12日
昔ながらの味は優しい -丸五食堂-
私は、『カツ丼』が好きなんですよねぇ(^^;)。
カツの上に載った優しい玉子が甘じょっぱくて!

もう、『カツ丼』の事を考え出したら、食べに行かないわけには行きませんよね。
ってな調子で、野辺地町『丸五食堂』に突撃~!してきました(^^;)。
食べる物は『カツ丼』と決めていても「お品書き」は気になります。
それにしても年季入ってるよな~!
f0149209_200549.jpg

早速、『カツ丼』を注文して、やっと落ち着いてお茶を飲もうとしたら・・・・。
「良い感じじゃない!」。
使い込まれた、アルミ急須が凄いわ~!
f0149209_2022296.jpg

まっ、お目当てのモノが来るまでおさらいです。
さて、ここ『丸五食堂』さんとくれば、おじさんの人気商品は何でしょうか?
もう、判りますよね。
正解は『カレー(カツカレー)』です。
おじさん方を虜にするこの『カレー』は、間違いなく昭和へタイムスリップします。
と言うのも、昔ながらの作り方で、あの懐かしい「メリケン粉」で作られているんです~!
f0149209_20111088.jpg

などと言ってる間に、お目当ての『カツ丼』が登場です。
思わず涙が出そう(^^;)。
f0149209_20123615.jpg

ジャーン!
これがまた懐かしい味なんだわ!
うま~!!
「これなんだよ、これ」
f0149209_2013406.jpg

丸五食堂さんは、野辺地中心街を通る国道279号線沿いの「みちのく銀行」の前の交差点を青森方面に向かって本屋さんを過ぎた左側にあります。
少し奥まっていて判りにくいですが、暖簾を目印にしてください。
でも、日曜日はお休みです!


# by jazz-photo | 2007-12-12 20:26 | 食の風景 | Comments(14)
2007年 12月 10日
『黒石つゆ焼そば』がカップ麺デビュー!
今日は珍しく、カップ麺の話題をご紹介いたします。
以前、『今話題の黒石界隈』でもご紹介いたしました、『黒石つゆ焼そば』が全国区のカップ麺となって、今日から発売となりました。

早速、GETしてきましたよ(^^;)v。
なかなか高級感のあるパッケージです。
何となく、色使いが『ねぷた』に似てませんか?
f0149209_21482474.jpg

開発には色々な逸話があるようですが、そちらはネットで見て頂くとして、私の方は食い気優先です。
カップの側面も良い感じでしょ?
期待感が膨らみます!
f0149209_21511370.jpg

中を開けると、何と袋が4つも入ってるではないですか!
慌てて撮ったので、逆さまになってしまいましたね(^^;)。
f0149209_21541071.jpg

お湯を入れて麺と「かやく」をほぐした後、お湯を捨てるのは通常の焼そば麺と一緒!
ソースを混ぜるのも一緒!
でもそこからが、一手間なんですよ。
「後入かやく」とスープを入れて、再びお湯を入れるんです。
そして出来たのがこれ、『つゆ焼そば』カップ麺です!
つゆの色は、まさに本物(^^)v。
f0149209_220318.jpg

麺も、太麺です。
そして、味もなかなかのもの!
正直なところ、私はカップ麺をあまり食べないのですが、これならまた食べてみたいですね!
f0149209_223415.jpg

ともかく、青森の食べ物が全国区になるのは嬉しいですね(^^)v。
これからの売れ行きが気になります!


# by jazz-photo | 2007-12-10 22:08 | 食の風景 | Comments(25)