2018年 02月 14日
伝統の塩引き鮭 -新潟県村上市-
村上市の鮭の歴史は平安時代まで遡ることができるそうです。
江戸時代には、三面川の鮭は村上藩の重要な収入源となって、村上の人々にとって欠くべからずの食材となっていったとのことです。
しかも、鮭の全てを余さず利用されてきたそうです。

今回の旅は、この伝統の塩引き鮭をこの目で見たいという目的のためだけにはるばるやってきたと言っても過言ではありません。

そして、今回お邪魔させて頂いたのが老舗「村上の千年鮭 きっかわ」さんです。
まずは、こちらをご覧ください。
鮭って、やはり精悍な姿です。
f0149209_21385212.jpg




お店の暖簾、雪に映えますね。
f0149209_21404874.jpg

暖簾をくぐってお店に入るとタイムスリップしたような感覚に陥ります。
町屋の重厚な家構えに圧倒されます。
しかも、凄い数の塩引き鮭が・・・・。
f0149209_21441522.jpg

いや~、これはもう圧巻としか言いようがありません。
この雰囲気に圧倒される中、お店の方が本当に丁寧に案内して下さいました。
本当に有り難うございました。
お陰で村上での鮭の歴史の一端が分かりました。
f0149209_21472176.jpg

f0149209_21473728.jpg

f0149209_2148229.jpg

f0149209_21475513.jpg

村上では鮭を頭から吊るしたり、お腹を全部割いたりしないと聞きました。
それは、城下町村上藩の大切な鮭に切腹をさせないと言う配慮から、全部開いてしまうのは切腹を意味しますので、それを嫌ってお腹の一部を付けたまま開くのだそうです。
これを村上では「止め腹」と言うそうです。
また、頭から吊るすと「首吊り」になり、それを嫌って尻尾から吊るすようになったとも言われているそうです。
お話を聞いているうちに、村上の鮭に引き込まれて行ってしまいました。
f0149209_21584645.jpg

外には雪が積もっているのですが、仕事場から眺める中庭も素敵でした。
f0149209_220893.jpg

f0149209_2202045.jpg

しかも、こんなレトロなものも!
f0149209_2245153.jpg

本当に楽しい時間でした。
今まで村上の鮭について何も知らなかったのですが、それには長い歴史と職人さんの技が息づいているのだと感じました。
f0149209_2223964.jpg

本当に圧巻の風景を楽しむことができました。
f0149209_2231580.jpg

f0149209_2232884.jpg

f0149209_2235640.jpg

因みに、村上では「鮭」は「シャケ」ではなく「サケ」だそうです。
次回は、この塩引き鮭を味わいたいと思います。

by jazz-photo | 2018-02-14 22:10 | 旅行記 | Comments(2)
Commented by みちのく温泉マン at 2018-02-17 22:59 x
今年になって還暦のお祝いに新潟魚沼が田舎の長男温泉嫁様からいただきました。脂がのって味が濃く酒呑みにぴったりの逸品です。少し飲み過ぎてますけど・・・。。。_| ̄|○;
Commented by nikojisan at 2018-03-29 09:51
村上市のシャケの寒干しの風景はテレビでも度々目にします!

ワタシは日本のシャケはシロジャケなのであまり好みません。

どうしてもロシヤ産とか、アラスカ産の紅ジャケの方に
目を奪われます・・・・。


<< 転勤しました -大阪府大阪市-      水戸から村上へ -新潟県村上市- >>