<   2018年 01月 ( 1 )   > この月の画像一覧

2018年 01月 08日
フォト・エッセイ 第十一章 「PENTAXの意地」
明けましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。


JAZZ少年がカメラに夢中になっていた頃のPENTAXと言えば、何と言ってもPENTAX SPと言うスクリューマウント(ねじ込みマウント、M42マウント)の一眼レフが人気だったのですが、Nikonの様にレンズとボディの指標を合わせてくるっとひねると「カチッ!」とレンズがボディに嵌るバヨネットマウントがカッコよかった!
何よりプロっぽかった(^^;)

しかし、そんなPENTAXも1975年にそれまでのスクリューマウントからついにバヨネットマウントを採用したKマウントに大転換したのだった。
しかも、時代は一眼レフに小型軽量化の波が押し寄せ、その口火を切ったのがOLYMPUS OM-1(正確にはM-1)と言う一眼レフで、PENTAXもその熾烈な小型化競争に打って出たのだった。
そのPENTAXの意地と技術力を結集したのが今回取り上げたPENTAX ME,Super A(MEシリーズ)やMXなのです。
f0149209_1536019.jpg


続きはこちらをご覧くださいませ!

by jazz-photo | 2018-01-08 16:35 | フォトエッセイ | Comments(1)